ワークライフバランスを上手く管理するための5つのヒント

イメージ画像

最近よく話題になる「ワークライフバランス」。政府広報オンラインにも掲載されている「ワークライフバランスとはいったい何だろうか? ワークライフバランスが実現された社会とは、働くすべての方々が、「仕事」と育児や介護、趣味や学習、休養、地域活動といった「仕事以外の生活」との調和をとり、その両方を充実させる働き方・生き方のこと。この仕事以外の生活プライベートとの調和がとれず、悩む人が年々増加している。

仕事から家に戻っても、常に仕事のことばかり考えてしまっていないだろうか?自分でオンとオフの切り替えができなくて、限りなく働いてしまう、こんな症状なら、一度立ち止まって考えてみてみる。
あなたの生きがいは何か、何のために働くのか、そして人生を楽しんているだろうか。本当に一番やりたいことは何なのか、頭を整理してみるのも良い。そして、このバランスを保つことを心がけて生活する方が健康的、充実感、達成感があるハッピーライフの実現につながるらしい。
その中でも特に役立つ5つのヒントをまとめてみた。

 

1. 自分が必要としていることを相手に対してオープンにする

何のために話しているのかを常に考えながら話すこと。相手に期待せずに自分の気持ちを伝え、常に前向きな姿勢でいること。例えば、5時に帰りたい、家族と夕食を一緒に食べたい、12時のランチタイムにヨガのクラスに参加したいなど、ダメだと分かっていても自分のしたいことをまず、オープンにしてみる。
それぞれの仕事にはスタイルがあり、全ての事が実現しなくとも、自分がしたいことをオープンにすることによって周囲も「ワークバランス」について気付きが生まれるかもしれない。

 

2. 境界線を守ること

イメージ画像

仕事とプライベートのバランスを保つためには、判別することが大切。最初はつい目の前の仕事を片付けてしまう習慣から抜け出せず、難しいかもしれないが、継続することが大切、絶え間なく送られてくるメールに対して、自分で境界線を作り、時間の管理をする。そうしているうちに、自然と判別出来るようになり、自分なりのルールができてくるものだ。
このように管理できていないと自分も相手のワークバランスをリスペクトできない。

 

3. あなたにとって何が一番大切なのかを知ること

別に今でなくても良い仕事をダラダラといつまでもしてしまう人は、貴重な時間を大切に使うこと、何でも優先順位をつけて取り組んでみる、今、何をするべきなのか、長期の計画であっても常にゴールに到達するために、重要なことを考えてみることが大切。

 

4. プライベートの時間は「オフ」にすること

機械はオフできても、人はなかなか頭を「オフ」できないものだ。すぐに切り替えることは、誰にとっても難しいことだが、段階的にすればよい。例えば携帯は夕食のテーブルで触らないこと、休暇中は、タブレットをビーチに持ち込まない、これを2-3回してみると、案外簡単に境界線が頭に定着してくるもの。
一度、客観的に振り返るチャンスがあると、さらに物事がクリアになることもある。 もっとゆっくり冷静に考え、理性的な判断ができる。

 

5. 自分のペースを崩さないこと

人生を長く健康的に仕事とプライベートが充実したハッピーライフを送るためには自分のペースを知ること、大切にすることが肝心。ペースを速めたりスローダウンする時はあるかもしれないが、常に意識することが重要。

 

まとめ

上記の内容は分かっているようで、実際に実現てきている人は少ないのではないだろうか。自分の中で「ワークバランス」を意識するだけでも、違いが出てくる。自分のペースを保つことは悪いことではない、自分と周りの人はそれぞれ違う価値観で生活しているものだから、お互いを尊重することが一番大切だと思う。

 

 

参考サイト:5 Secrets to Achieving and Maintaining Work-Life Balance

関連する記事

越境EC 海外配送の各社取り組み 越境ECを始める際に重要なのが、海外配送手段の知識を得ておくことである。 海外配送には、大きくわけて、国際郵便と国際宅急便の2種類がある。 EMSは国際郵便の一種であり、国際郵便の運営は万国郵便連合加盟国の各国の郵政庁など公的配送会社となっている。日本では、日本郵便、アメリカではUSPS...
インフルエンサーとKOLの違いとは? 「インフルエンサー」によく似た「KOL」をご存知ですか? 「言葉は聞いたことあるけど、インフルエンサーとの違いがよくわからない。」という人も少なくないのではないでしょうか。 今回は、KOLとインフルエンサーの違いやそれぞれの特徴についてご紹介したいと思います。 インフルエン...
越境ECサイト構築費用 オンライン見積シミュレーター... 越境ECサイト構築を依頼する時に、いくらかかるのでしょうか? ECサイトの構築依頼は制作会社によって料金体系はバラバラです。 そこで当社では、越境ECサイト構築を依頼する場合の費用をデザインや翻訳等詳細な分類に分けてオンライン見積もりができるツールを作成しました。 ASPの月額費用の他...
東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...
アジア最大の企業となったテンセントとは?... 2017年11月、中国3大IT企業のテンセント(騰訊)が時価総額5,230億ドル(約58兆7700億円)とアメリカSNS大手フェイスブックを抜き、アジアの企業として初めて時価総額世界5大企業に入った。 この時価総額世界トップ5企業とは、トップがアップル、2位がアルファベット(グーグルの親会...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2020年2月)... 旧暦では2月は「如月(きさらぎ)」と呼ぶ。「如月」と言う言葉はあまり馴染みはないが、「如月(きさらぎ)」という言葉は、「きぬさらにき=衣更着(絹更着とも書く)」から由来し、この時期はまだ寒さが残り、「衣を更に着る月」という意味らしい。まだまだ、寒さが残る2月ではあるが、春は近い。 2月も最...

コメントをどうぞ