« ブログのトップページに戻る

顧客満足度の高い、海外ECサイトのUIデザインとは?

   投稿者 : 2015年2月24日 By

スマートフォンの爆発的な普及でこれからのECサイトはPCのサイトデザインが基本ではなく、タッチスクリーンディバイスを基本にデザインするというのが時代の流れになってゆくのではないだろうか。
そこで海外ECサイトでは今、どのような動向が主流となっているのか、そしてユーザーに優しいECサイトとするには何が重要なのか、3つのポイントを整理した。

1.説明を少なく、ビジュアルで魅せる

“少ないほど豊か”“simple is best”そんな言葉で強調される非常にシンプルなデザインが多いのが海外のECサイトだ。商品イメージを最大限に強調した写真と、説明のためのコピーを極力少なくなくしているのが特徴である。そしてページは下へ下へとスクロールし、長くなっている。
メリットしては、レスポンシブWebにしやすいという点があるが、ユーザー視点に立つならば、大きな写真は見やすい、わかりやすい、迷わない、ということがある。ひとつの商品画像が大きくなれば、タッチスクリーンで選びやすく、迷わないサイトになることは言うまでもない。
画面サイズが大きく、かつ解像度が高くなることで、商品情報の詳細を知ることができる。このことはユーザーエクスペリエンスの向上を意味する。

参考写真01

参考写真02

参考写真03

2.実際の使用例を分かりやすく

ECサイトでは五感のうち「見る」ことしかできない。したがって、いろいろな商品情報を「見る」ことで得たいとと思うのは当然である。実際の店舗ショッピングでは商品を触ったり、いろんな角度から見たりすることができる。バーチャルなECサイトではいかにいろいろな商品情報、つまり商品を使ってりる様子だったり、商品の外側だけではなく内側だったり、商品情報を補足して見せることがポイントである。
また、関連商品をコーディネイトできることも重要である。コーディネート次第では他の商品を購入してもらえるチャンスが生まれる。

参考写真06

参考写真07

3.ユーザーレビュー

商品評価を5ツ星などで示すことにより、商品の信頼度が上がり、さらにユーザーレビューなどは商品を使ってみてのユーザーの意見なので、実際に商品を使用したときのポイントなどが分かったり、ユーザーにとっては親切で非常に参考になる。これは、商品購入の後押しにつながっていくだろう。

参考写真08

参考写真09

まとめ

日本のECサイトは限られたスペースのなかでいかに情報を詰め込むかという設計が主流である。海外の主流となっているサイト事例やデザイン動向を参考にし、ECサイトに加味し、ユーザーにとって優しく、見やすい情報を提示することで、ユーザーはECサイトを初めて訪問しても、サイトから信用を得、海外販売の不安を軽減することができると感じる。
新しく越境ECサイトを展開する場合やECサイトリニューアルなど行う際は、上記内容も考慮に入れデザインしていただきたい。
もちろん、ECサイトは奥が深く、これだけ行えばよいということではない。これ以外にもたくさんのUIが必要だ。ECサイトの目的はユーザーが気持ちよく、商品情報を得ながら、スムーズに買い物することでユーザーを満足させることだ。ECサイトのUI技術や知識は、これからさらに需要は増え、中身も進化して行くことだろう。

関連する記事

ショッピングモールサイトではなく、自社ECサイトで売上げをアップするには?... 独自ドメインで自社ECサイトを運営しているが一向に売上げが上がらない、しかし、ショッピングモールサイトでは売上げが上がり、ますます、Amazonや楽天などのモールサイトの依存度は高まり、どうしたら、自社ECサイトでしっかりした売上げ基盤をつくり、モールでの売上げではなく、自社ECサイトで売上げを...
越境EC 東南アジアでの売れ筋商品は?... 越境ECサイトを構築すると、日本にいながらにして、全世界の消費者を相手に商品販売を行うことができる。越境EC開設は、アメリカや中国だけではなく、全世界の消費者に向けてビジネスを加速させるチャンスである。 今回は、前回の『国別に見た越境ECでの売れ筋商品』に引き続き、東南アジアの各国別の消費...
ライブコマースはLive Commerceではない 昨年から日本のEC界隈で大きな盛り上がりを見せているライブコマース。 当社が運営するLive Commerceとはまったく別物なので、認識を深めていただきたく、その内容をお伝えしたい。 まず、当社のLive Commerceは海外販売のために、自社越境ECサイトを簡単に作成できるプラット...
タクシーもスマホで呼ぶ時代?タクシー配車アプリ事情... スマホでタクシーを簡単に呼べるアプリをご存知でしょうか? 地図上で乗りたい場所を指定すれば、近くを走っているタクシーを探して配車してくれるサービスで、日本でも導入が進んでいます。 例えば、47都道府県117グループのタクシー会社と提携している全国タクシー配車では、地図上で乗りたい場所を...
海外進出が進む日本企業 越境ECの可能性は?... 外務省のが昨年2017年9月28日に発表した、「海外在留邦人数調査統計」によると、海外在留邦人数では米国が約42万人と最も多く、次いで中国の約12万人、3位はオーストラリアの9万人と中国以外は前年比増という結果であった。 海外に住む日本人の数は、年々増加の一途であり、2016年は約133万...
ebayが日本再上陸 勝算はどこにあるのか?... 2月27日(現地時間)米ebayはアジア各国で展開するECサイト「Qoo10(キューテン)」を運営するジオシスから、日本事業を買収したと発表し、実質、ebayは日本EC市場に再度参入することとなった。 ebayは1999年にヤフーオークションと同様のネットオークションサイトとして、日本に進...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。