顧客満足度の高い、海外ECサイトのUIデザインとは?

スマートフォンの爆発的な普及でこれからのECサイトはPCのサイトデザインが基本ではなく、タッチスクリーンディバイスを基本にデザインするというのが時代の流れになってゆくのではないだろうか。
そこで海外ECサイトでは今、どのような動向が主流となっているのか、そしてユーザーに優しいECサイトとするには何が重要なのか、3つのポイントを整理した。

1.説明を少なく、ビジュアルで魅せる

“少ないほど豊か”“simple is best”そんな言葉で強調される非常にシンプルなデザインが多いのが海外のECサイトだ。商品イメージを最大限に強調した写真と、説明のためのコピーを極力少なくなくしているのが特徴である。そしてページは下へ下へとスクロールし、長くなっている。
メリットしては、レスポンシブWebにしやすいという点があるが、ユーザー視点に立つならば、大きな写真は見やすい、わかりやすい、迷わない、ということがある。ひとつの商品画像が大きくなれば、タッチスクリーンで選びやすく、迷わないサイトになることは言うまでもない。
画面サイズが大きく、かつ解像度が高くなることで、商品情報の詳細を知ることができる。このことはユーザーエクスペリエンスの向上を意味する。

参考写真01

参考写真02

参考写真03

2.実際の使用例を分かりやすく

ECサイトでは五感のうち「見る」ことしかできない。したがって、いろいろな商品情報を「見る」ことで得たいとと思うのは当然である。実際の店舗ショッピングでは商品を触ったり、いろんな角度から見たりすることができる。バーチャルなECサイトではいかにいろいろな商品情報、つまり商品を使ってりる様子だったり、商品の外側だけではなく内側だったり、商品情報を補足して見せることがポイントである。
また、関連商品をコーディネイトできることも重要である。コーディネート次第では他の商品を購入してもらえるチャンスが生まれる。

参考写真06

参考写真07

3.ユーザーレビュー

商品評価を5ツ星などで示すことにより、商品の信頼度が上がり、さらにユーザーレビューなどは商品を使ってみてのユーザーの意見なので、実際に商品を使用したときのポイントなどが分かったり、ユーザーにとっては親切で非常に参考になる。これは、商品購入の後押しにつながっていくだろう。

参考写真08

参考写真09

まとめ

日本のECサイトは限られたスペースのなかでいかに情報を詰め込むかという設計が主流である。海外の主流となっているサイト事例やデザイン動向を参考にし、ECサイトに加味し、ユーザーにとって優しく、見やすい情報を提示することで、ユーザーはECサイトを初めて訪問しても、サイトから信用を得、海外販売の不安を軽減することができると感じる。
新しく越境ECサイトを展開する場合やECサイトリニューアルなど行う際は、上記内容も考慮に入れデザインしていただきたい。
もちろん、ECサイトは奥が深く、これだけ行えばよいということではない。これ以外にもたくさんのUIが必要だ。ECサイトの目的はユーザーが気持ちよく、商品情報を得ながら、スムーズに買い物することでユーザーを満足させることだ。ECサイトのUI技術や知識は、これからさらに需要は増え、中身も進化して行くことだろう。

関連する記事

SNSで集客する際のポイントは? ーInstagram・LINE編ー... 先日、Facebookの全世界で月間アクティブユーザー数が20億人突破したとの報道があった。競合するアメリカの投稿サイトのTwitterは4月時点での月間アクティブユーザー数が3億2800万人としているので、その伸長率には目をみはるものがある。 SNSにはそれぞれ特長があり、その特長をいか...
7つのグラフィックコンテンツ作成サイトを紹介します... MGD Advertisingが行った研究によると、ビジュアルコンテンツによって閲覧者を94%、その閲覧者とのコミュニケーションを37%上昇させるそうです。 しかし、Eコマース企業を行っている皆さんが、必ずしもグラフィックデザインのプロであるというわけではありませんよね。1つ1つのページにデザイ...
サービス利用料金改定についてのご案内... Live Commerce 管理画面にはすでに通知のとおり、近年におきましてはWebアプリケーションのぜい弱性を悪用した攻撃やネットワーク障害などにより受注データが正しく登録されない場合のデータ保全など、ECサイトを運用するためのセキュリティーにかかる維持コストが現在提供している価格帯では吸収しきな...
デバイス毎のWebブラウザシェアは? 2017−2月... 前回2016年9月からブラウザシェアはどのような変化が見られたか、Google Chromeはどこまでシェアを伸ばしたか、Microsoft Edgeのシェアは普及し、どこまで伸びたのだろうか? 今回も各ブラウザ毎に日本と世界で見ていこう。 ※掲載に使用したデータは「Stat...
押さえておきたい! WEBデザイントレンド7選... 5月18日、JECCICA(ジャパンEコマースコンサルタント協会)主催の「ECデザイン大賞2018」が開催され、大賞他各受賞者、WEBサイトが発表された。 ダイヤモンド賞(大賞)を獲得した達磨正宗のWEBサイトはワンカラムで、商品ページに特徴があり、写真、動画、キャッチコピーなど、クォリテ...
これはやってはいけない! ECサイトデザイン... Web技術は日々進化してる。それを支えているのはブラウザである。 現在はブラウザシェアで最大ユーザーを誇っていた、Internet Explorerは過去のものとなり、国内、海外でのシェアナンバーワンはGoogle Chromeである。Chromeは6週間ごとに安定版がリリースされ、アップ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ