« ブログのトップページに戻る

Facebook上でのEコマースをサポートするアプリ4選

   投稿者 : 2013年11月19日 By

近頃、Facebook上で商品の売買ができるようになっていることをご存じでしょうか?国内でもカラーミーショップSocialGateWayなど、Facebookと連動した商品販売アプリが次々に登場し、参加企業も増えています。
そこで今回は、海外ECに利用できそうな4つのアプリをご紹介します。

1.Beetailer

すでにMagento、Amazon、Shopify、PrestaShopなどのショッピングサイトでオンラインストアを運営している場合、Beetailerを利用すれば、ストアサイトから商品情報を引き出し、Beetailerによって開設されたFacebookページに自動的にアップしてくれます。
商品表示ページはカスタマイズ可能で、一部の商品だけを見せたり、おすすめアイテムに「Featured」とタグを付けることもできます。

Beetailer

購入手続に入ると、オンラインストアの購入ページに移動するため、顧客情報を一元管理できます。また、顧客の行動をトラッキングして行動分析するサービスやキャンペーンの実施などの販売促進ツールも利用でき、ソーシャルメディアからの流入を分析することで、SNSに対してどういうコンテンツを投下すれば効果があるか、具体的な対策を講じることが可能になります。
価格は、30商品の掲載までなら無料、月額50ドルで500商品まで掲載でき、Eメールによるサポートと販売促進ツールが利用できます。

2.Bigcommerce

Bigcommerceでは、オンラインストアの開設からソーシャルメディアでのシェア、マーケティングツールの提供まで、多様なサービスを提供しています。Facebookへの出店は、その一部という位置づけなので、オンラインストアをこれから開設したいという方にはおすすめです。月額24.95ドルで100商品までのお店を開設でき、SocialShopというアプリを使って、Facebookページとつながります。

Bigcommerce

Beetailer同様、アプリがオンラインストアの商品情報を引き出し、Facebook上に掲載してくれます。ただし購入については、Facebook上で済ませることができ、商品検索から購入まで、Facebook内ですべての手続きを完了できます。
500までの商品数なら月額39.95ドル、500以上1000までの商品数に、ショッピングカートに入っている未購入商品をEメールで知らせるサービスが加わり、月額79.95ドル。月額149.95ドル出せば、商品数の制限なく利用できます。

3.Shoptab

Shoptabでは、既存のオンラインストアとリンクすることも、Facebook上でのみ販売することもできます。アプリの商品登録画面からオンラインストアやハードディスク内の商品データをアップロードして掲載します。支払い手続も、オンラインショップの会計システム、Shoptab独自の会計システム、Cash on Delivery(現金着払い)などが選べます。

Shoptab

Shoptabは50以上の通貨、ほぼすべての言語に対応しており、たくさんの国にビジネスを展開したい方には最適でしょう。Facebook上で顧客がお店の商品をシェアし、友人にアドバイスを求めることができるなど、ソーシャルメディアの特徴を生かしたサービスもあります。
月額10ドルで500商品まで掲載できるプラン、月額15ドルで1,000商品までのプラン、5000商品までの掲載に加えて、購入前にお店のお気に入り登録をしないと商品が買えないというFan Gateというサービスも含まれたプランが月額20ドルで利用できます。

4.Soldsie

Soldsieのしくみは、Facebookへの記事投稿を通じて商品を売るというものです。商品の写真、値段、説明等をSoldsieの商品登録画面にアップロードして、実際にFacebookに投稿する日時を指定すれば、指定日時に記事の形で現れます。
商品を購入する場合は、記事のコメント欄に「Sold」と記入したうえで、Soldsieの登録画面で購入希望者の登録をすれば、Paypalの請求書が届きます。支払手続が完了すれば商品発送となります。Facebookのコメント欄への記入が購入の意思表示となるため、ショッピングカートに入れて会計、という手順に慣れている顧客は違和感を覚えるかもしれません。
しかしながら、Soldsieは売上が700ドルに達するまでは無料で利用でき、700ドル以上の売上に対して3%の手数料を取るというビジネスモデルなので、月額料金や初期投資も不要、初めてFacebook上で販売する方や数点しか商品のない職人の方には利用しやすいアプリです。

Soldsie

Facebookでの販売もECの一手段に

Facebook上の商品販売と一口にいっても、アプリによって、商品アップロードのシステムや提供しているサービスの内容、価格設定などにそれぞれ違いがあります。
自社の海外ECへの取組状況や目標に適したアプリを選択し、Facebookでの商品販売を手掛けてみられてはいかがでしょうか。

参考:
Apps to Help You Start Selling on Facebook(http://www.entrepreneur.com/article/228146)
画像
photo credit: mkhmarketing via photopin cc

関連する記事

Webサービス・ECの海外展開における最適化戦略... インターネット上のサービスは、日本に居ながら簡単に海外の方へリーチできるという素晴らしい特徴を持っています。しかしながら、海外展開というのは難しく、自国で上手くいっているものをそのまま海外へ展開するだけでは成功しないことが多いのです。 日本ではトップクラスの存在力を誇る楽天ですら、インドネシア、中...
Facebook VS Twitter 優れている広告はどっち?... FacebookとTwitterが世界における2大ソーシャル・ネットワークであるというのは疑いのないところです。では企業にとって、どちらの方がより優れた広告ツールを提供しているのでしょうか?4つのカテゴリーごとに両者の広告を比較してみます。 1 リーチ リーチとは、ある広告が何人のユーザーに...
ソーシャルコマースを導入しましょう!... 先日リリースしたLive Commerce で構築したECサイトのソーシャルコマースサイトのオンラインデモをfacebookに公開いたしました。 Live Commerceをご利用の方は是非ご検討ください。物販サイトでなくてもソーシャルコマースは利用できます。 (例: 不動産、自動車、サービス業...
feedbuy・cospa・Locari 最新のネットショッピング購買支援サービスでみる、新しいEコ... 私たちがインターネット上で商品を買うタイミングは、買いたいものがはっきりしている時だけとは限りません。ソーシャルメディア上で友人がある商品について投稿(シェア)しているのを見かけて興味・関心を刺激され、購入したくなるということも少なくないでしょう。 今回は、最近リリースされたネットショッピングをよ...
これからのECマーケティング:レコメンデーションマーケティング... 情報に溢れたウェブ世界にすっかり疲弊されてしまった私たちは、無意識のうちに情報をフィルタリングするようになっています。その結果、旧来のECマーケティング戦略の多くが通用しなくなっています。では、私たちは一体どんな情報に耳を傾けているのでしょうか。現状を確認しながら、その対応策をご紹介します。 ...
ビジネスに抜群の効果を発揮するアプリの重要性... アメリカはカリフォルニア州サンディエゴから、在米16年目の鍵山 学がアメリカでの起業情報や、eBayに関するEコマースのトレンド等、最新情報をお届けします。 第三回目の本日はモバイル・アプリについてです。前回お話ししたoDeskでもiPhone やアンドロイド用のアプリの制作依頼、翻訳依頼はか...

タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。