海外向けEコマースをやる時の業務上の事故について知っておくべき保険他

海外向けECサイトをこれから運営する方も、現在運営している方も、海外販売には納品上の事故がどうしてもリスクとしてあります。商品が届く前に壊れてしまったり、商品を利用した消費者から想定外のクレームが届いたりと、国内では考えられないクレームが発生する事もあります。

日本国内では、現在海外向けEコマース事業者に対して紹介する便利な保険的サービスを本日は紹介します。

PayPal セラープロテクション 無償

PayPalセラープロテクションとは、買い手がペイパルで商品を購入した際、買い手から未承認取引や商品未受領に基づくクレーム、チャージバック、支払いの取り消しがなされた場合、適用条件を満たせば保護されるプログラムです。詳しくはホームページをご覧下さい。
現在、Live Commerceに実装されているPayPal決済(エクスプレスチャックアウトでは2013年11月22日現在)ではセラープロテクションの要件を満たすようになっております。
 

EMS損害賠償保険 2万円までは無償

EMS損害賠償保険とは、万が一、EMSが壊れて到着した、内容品が不足しているなどの場合、最高200万円を限度とする実損額を賠償する保険です。
ただし、これは以外と知られていない事実としてユーザーが一切EMSで配送された状態に手を加えていない事(箱を開けていないこと)が条件なので、そもそも保険の適用については開けてみないと分からないので、本末転倒なサービスであると言われています。ホームページ

PL保険(東京海上日動)

海外PL保険は、貴社が製造または販売(輸出)した製品が原因となって日本国外で発生した、他人の身体の障害(Bodily Injury)、または、その製品以外の他人の財物の損壊(Property Damage)について、保険期間中に貴社に対して損害賠償請求がなされた場合に、弊社が貴社のために応訴・示談交渉を行う*1とともに、損害賠償金および弁護士報酬・訴訟費用等の費用をお支払いする保険です。
最も現実的な保険であると思われます。ホームページ

関連する記事

アジアEコマースの「残念な体験」、「嬉しい体験」とは?... 越境EC市場はアメリカ、欧米、中国と続き、次の市場は東南アジアへと期待が高まっている。中国向け越境ECに手応えを感じ、次と市場として東南アジア進出、販路拡大を施策する企業が多い。 そのような中、3月5日、トランス・コスモス株式会社はアジア10都市を対象に行った、ECの利用実態、越境ECへの...
EMS / ヤマト国際宅急便 料金・配送可能国の比較表... 海外向けネット通販の配送といえば郵便局でおなじみのEMSですが、6月1日にEMSの料金改定ということもあり、EMSとヤマト国際宅急便の配送可能な国を比較してみました。以外にもEMSは主要な国はカバーしているものの、中南米やアフリカ大陸といった地域になるとヤマト国際宅急便の方が網羅していることが分...
知らないと損をする、越境EC配送の新時代!... これは、今後越境ECを始めようと考えている、又は既にやっている方向けの記事です。 特に、「容積重量」という言葉を聞いた事がないという方には是非読んでいただきたいと思います。 そもそも、「容積重量」というのは運送会社で送料の計算をする時に使われる言葉です。 これまで、日本の越境E...
海外向けネットショップ開業にあたって知っておくべきこと... 海外向けネットショップを開業する際に、多くの方から質問をいただきますが、ほとんどの質問は以下に集約されます。 もし、知らないことがあったら、資料請求して解決しておきましょう。初めての海外販売、よくある質問集にすべて記載されている質問になります。 まず何から始めればいいですか? 海外で売...
海外向けEコマースでまずは売上1億を実現する... Amazon, Facebook , Google , eBay のプラットフォームを利用するば世界中のターゲットとしたユーザーに情報を届ける事が出来る様になりました。これからは世界を相手にネットビジネスをする時代の幕開けです。 そこで、世界を相手に年間1億レベルのネットビジネスを短期間で立ち上げ...
冷凍や冷蔵が必要な商品を海外に配送するには?... 日本郵便が提供しているEMSにはクールEMSという商品があります。 これは保冷が必要な日本の食料品を台湾・香港・シンガポール・マレーシア・ベトナムへお届けしたい場合に有効なEMSのオプション的な配送サービスです。冷蔵タイプなら0~10度、冷凍タイプならマイナス15度以下の温度帯で引き受けか...

タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ