« ブログのトップページに戻る

これからのECマーケティング:レコメンデーションマーケティング

   投稿者 : 2013年9月12日 By

情報に溢れたウェブ世界にすっかり疲弊されてしまった私たちは、無意識のうちに情報をフィルタリングするようになっています。その結果、旧来のECマーケティング戦略の多くが通用しなくなっています。では、私たちは一体どんな情報に耳を傾けているのでしょうか。現状を確認しながら、その対応策をご紹介します。

 

「何を言うか」でなく「誰が言うか」がモノを言う時代

完全に情報が飽和した現代では、私たちはTVや携帯、ウェブの広告を信じなくなっています。その代わり、モノを買うときに誰からアドバイスをもらうかが重視されるようになりました。友人や家族など、自分のよく知る人に相談してから購入を決めるケースが増えているのは体感的にも分かると思います。
価格.comをはじめとする口コミサイトが人気な理由も、同じ文脈から説明できます。企業ページに書かれた詳細情報よりも、実際に買って使ったユーザーから発信されるコンテンツの方に重きが置かれるようになっています。「誰が言うかが今後のトレンドです。

これからのECマーケティング:レコメンデーションマーケティング

よく知る人や実際に使った人からのアドバイスや推薦をきっかけに、購買へと導く手法をレコメンデーションマーケティングと言います。これが今後のECマーケティングの基本になるでしょう。
もはやECマーケティングにおいては、FacebookやTwitterをはじめとするソーシャルメディアの存在を無視できなくなりました。スマートフォンの普及と相まって、今後もますますソーシャルメディアは普及し、あらゆる人気のウェブサービスと密接になっていくでしょう。そうなればなるほど、ソーシャルメディアからの推薦情報が増え、ECにおいてレコメンデーションマーケティングが支配的な影響を及ぼすようになります。

レコメンデーションマーケティングの導入

では、どうやってレコメンデーションマーケティングを実践していけばよいでしょうか?まずは導入段階として手を付けやすいところを3つ、簡単に触れたいと思います。

1.シェアを喚起する


お気に入りの製品について、ソーシャルメディア上でシェアしやすくするのが、レコメンデーションマーケティングを始める一番簡単な方法です。ソーシャルボタンの配置や表示の仕方などをユーザー目線で見直し、もっともシェアされやすいデザインやレイアウトを見つけましょう。

2.ソーシャルメディアでのレビューを奨励する

Facebookの企業ページのいいね!やTwitterの企業アカウントのお気に入りを集めましょう。いいね!やお気に入りが増えることで質の高いトラフィックが増え、結果売り上げに繋がります。また、真にレビューの威力を感じるにはシェアされる必要がありますので、前述の「シェアを喚起する」と合わせて対策を考えて行きましょう。

3.インフルエンサーをターゲットにする

「誰が言うか」がモノを言う時代だからこそ、影響力の強い人(インフルエンサー)からの情報発信が拡散されるようにするのが効果的です。だからといって、インフルエンサーを買収するのはNGです。インフルエンサーたちが発信、拡散したいと思う、質の高い情報をこちら側が用意してあげることが必要です。

レコメンデーションマーケティングでは、ファンを獲得していくほど、自ずとオンラインコミュニティが形成され、ブランド力が強くなり、売上も大きくなっていきます。今日から始められる簡単なことから、レコメンデーションマーケティングをぜひ取り入れてみてください。

関連する記事

あり得ない… Facebookで2000万の広告費でどうやって10億も売上げたのか...     あり得ない。 PetFlow.comは$20000ドル(約2000万)の広告で$1,000万ドル(約10億)の売上をたたき出した。 広告費は売上高に対してわずか2%だ。 アメリカの話である。 PetFlow.comは スタートアップ企業でFac...
Webサービス・ECの海外展開における最適化戦略... インターネット上のサービスは、日本に居ながら簡単に海外の方へリーチできるという素晴らしい特徴を持っています。しかしながら、海外展開というのは難しく、自国で上手くいっているものをそのまま海外へ展開するだけでは成功しないことが多いのです。 日本ではトップクラスの存在力を誇る楽天ですら、インドネシア、中...
Facebook VS Twitter 優れている広告はどっち?... FacebookとTwitterが世界における2大ソーシャル・ネットワークであるというのは疑いのないところです。では企業にとって、どちらの方がより優れた広告ツールを提供しているのでしょうか?4つのカテゴリーごとに両者の広告を比較してみます。 1 リーチ リーチとは、ある広告が何人のユーザーに...
Facebook上でのEコマースをサポートするアプリ4選... 近頃、Facebook上で商品の売買ができるようになっていることをご存じでしょうか?国内でもカラーミーショップやSocialGateWayなど、Facebookと連動した商品販売アプリが次々に登場し、参加企業も増えています。 そこで今回は、海外ECに利用できそうな4つのアプリをご紹介します。 ...
海外向けEコマースでまずは売上1億を実現する... Amazon, Facebook , Google , eBay のプラットフォームを利用するば世界中のターゲットとしたユーザーに情報を届ける事が出来る様になりました。これからは世界を相手にネットビジネスをする時代の幕開けです。 そこで、世界を相手に年間1億レベルのネットビジネスを短期間で立ち上げ...
「夢展望」にみる、SPA型ファッションECのビジネスモデルの可能性... 10代~20代前半の女性向けファッションECを手掛ける夢展望が2013年6月7日に、東証マザーズ市場に新規上場すると発表しました。(上場予定日は同年7月10日) ファッションEC企業では、スタイライフ、マガシーク、スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)、エニグモ(BUYMA)に次ぐ5社目の上場です...

タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。