You are using an outdated browser. For a faster, safer browsing experience, upgrade for free today.

JANコードを持った流通商品は
「キーワード広告」よりも「データフィード広告」

キーワード広告は検索されるキーワードをマーケッター自らが考え、検索単語の組み合わせを複雑に考える必要がありました。
またキーワードに合致した広告を 作成する運用が求められます。
つまり、これは専門家の仕事であり、商品の利幅によっては全く費用対効果が見合いません。

一方で、データフィード広告ならキーワードをそもそも考える必要も、広告を作成する必要もありません。
ユーザーが検索した時に、Googleが自動的に広告を作成してくれます。
下のような商品広告を見たことが有りますよね?
これは、データフィード広告と言って、広告主は商品情報だけを提供すれば、あとはGoogleが検索後に一致した商品を
自動的に表示してくれるのです。キーワード広告のような専門家のテクニックは関係有ありません。全てはGoogleの
人工知能やGoogleが持つアルゴリズムによって最大のパフォーマンスが出るように広告が最適化されるのです。
凄いことに、データフィード広告の費用対効果はキーワード広告に比べ、100倍、1000倍とも言われている点です。

商品点数が、100点 200点 500点 1000点、、、、と増えていってもまだキーワード広告を続けますか?
それとも、商品数に関係なく、常に市場の変化に自動で対応知れくれるデータフィード広告を導入しますか?


データフィード広告の全体像

データフィード広告とは

  • 1.データを集めてデータベースを構築します。
  • 2.ユーザーが商品を検索します。
  • 3.検索ワードに一致したデータフィード広告が表示されます。
  • 4.ユーザーが離脱した場合、データフィード広告がリマーケティングとして再表示されます。

当てはまることはありませんか?

ECサイトを立ち上げたものの全く集客ができていない

広告をしたものの、成果がつながっているのか分からない

ECサイト集客を誰に相談していいのか分からない

事業を任せられる担当者が育たない

このまま続けていいのか不安がある

代理店頼みだがパフォーマンスがあやあしい

もし、2つ以上当てはまるなら、最後までお読みいただくことをお勧めします。

独立型ECサイト苦しめる 「集客」
独立型ECサイトの逆襲 - データフィード広告で市場が変わる!



独立型ECサイト集客の秘策 - データフィード広告とは? 2018年、商品データベースなしで売上拡大なし

データフィード広告を運用するには、データフィード広告を配信するために必要なデータそものもが必要です。つまり広告を作るための商品データベースです。

当サービスでは、データスクレイピング技術によりECサイトのプラットフォームに縛られることなくウェブサイトから商品データベースを構築することができます。つまり、EC-CUBEやMakeshopやestoreなどあらゆるECサイトのプラットフォームを問いません。これらのECサイトからからGoogleやFacebookに必要な商品データベースをあっという間に構築し、広告を簡単に配信することができるのです。(ここに書いた数行の作業をITベンダに依頼するだけでも数百万かかる場合もあります。何も知らないと本当にボッタクられます)

web scraping

ウェブスプレイピング技術とは、お客様のウェブサイト上にいおいて同一のパターンをコンピューターが学習し、学習したパターンに沿って自動的に商品データを 取得しエクセルなどデータベースに変換することができる技術です。この技術により商品データベースを素早く構築することができます。

ウェブスクレイピング技術は複雑なAPIやデータ連携を一切必要とせず、データフィード広告を導入するためにECサイト側で新たにデータを用意して頂く必要もありません。

独立型ECサイトの集客成功までの ステップ

今ココ
1. ご相談
1日〜
2. お申込み
5日〜
3.スクレイピング
5日〜
4. キャンペーン作成
開始!
5. 広告配信

料金について

  Google Shopping
広告
Google
リ マーケティング
Facebook
ダイナミック
ebay Commerce Network Cretio※
広告分類 新規 リマーケティング リマーケティング 新規 リマーケティング
初期費用 30万円 5万円 5万円 5万円 60万円
毎月サービス費用 広告費100万円まで 一律: 200,000円(税別)/月額
広告費100万円以上: 広告費の20%(例、広告費200万円の場合は管理費40万円)

※criteo は 間UU(GAでのユーザー数)4/月以上であれば導入可能です。初回お申込費用は広告費最低50万円+初期設定10万円という縛りがございます。毎月必ず50万円消化という意味合いではなく、50万円消化までは継続利用頂くという内容になります。

広告配信先の国(一例)

一例として、ECサイトが英語の場合は26ヶ国、簡体字と繁体字を含めると28ヶ国の買い物顧客へ広告を配信できます。



よくある質問

Q. 何をしてくれるのですか?
A. 商品データフィード広告の配信に必要なデータフィードファイルの生成と各広告のキャンペーンの運営・管理をお客様に変わって行います。
Q. 今まで広告を行なったことがありません。初めて広告を行います。申し込みできますか?
A. 初めてのお客様でもご安心ください。お客様の理想とする顧客へ広告の配信までサポートいたします。
Q. 詳しくお話を聞けますか?
A. はい、お申し込み前に商談が可能です。
Q. 海外へも広告配信できますか?
A. はい、海外にも広告配信が行えます。
Q. 既にGoogleリスティング広告を運用しています。同一アカウントで申し込みできますか?
A. 申し込みできます。別のアカウトを作り商品フィード広告だけ分けて運用することもできます。
Q. 独自のショッピングカートを使っています。対応可能でしょうか?
A. 一度ウェブサイトを拝見させていただいた上で回答させていただきます。

お問い合わせ フォーム