知っておくべきミレニアル世代の8つの習慣

イメージ画像

2015年4月に500名のミレニアル世代の買い物習慣について調査、さらに10月にも携帯アプリやギフトカード利用に関するアンケートも実施した。
その結果、ミレニアル世代の消費者は携帯とソーシャルメディアを利用したシッピングを好む傾向がある事が明らかになった。 
"ミレニアル世代の消費者は、今後のオンライン消費者をリードする世代である。”とBlackhawk Engamement Solutionsのグローバルマーケティング部 副社長のRodneyは語った。
"今後、販売業者にとってこの世代の買い物傾向を理解すること、この世代は特に店や価格の比較に長けている”販売業者は、これらのミレニアル世代の傾向をもとにマーケティング戦略をする事が重要なカギとなってくるだろう。

 

1. スマートフォンが一番のツール

 

ミレニアル世代にとってスマートフォンは欠かせない、インターネットに関しては89%が接続し利用している、75%はノートブックを使い、45%は、タブレット、37%がデスクトップパソコンを利用していると回答した。
販売業者はまず、この世代に向けての商品は特に、最初に携帯をベースにしたマーケティング戦略を考えなければならない。

 

2. ソーシャルメディアが一番の買い物情報ソース

 

ミレニアル世代はソーシアルメディアを主に情報ツールとして活用している。特に、商品についてのフィードバック、キャンペーン情報をチェックしている。
従来の広告やTVやフライヤーなどはあまり効果がないようである。販売業者は、デジタルメディアと従来の広告戦略を上手く利用したマーケティングもしくは、デジタルメディアにフォーカスした戦略に切り替える必要がある。

 

3. ミレニアル世代は価格に敏感

 

価格に関して95%が昨年度と同じく購入のカギになっているということだ。ミレニアル世代にとって、品質、ブランド、店舗、在庫などの影響が大きいという。
経済成長(特にオンライン部門)の段階では価格に対して消費者はそれ程敏感でないのが通常だが、ミレニアル世代にとっては、価格比較が容易でほぼすべての買い物が最安値で手に入れることができる。

 

4. Google とAmazonがミレニアル世代のお気に入りサイト

 

それでは、ミレニアル世代世代はどのサイトで価格比較をしているのか? 調査では、アマゾン (46%) Google (43%) が独占している。ショップで買い物をしている最中でさえも、携帯で価格比較して、少しでも安い価格で同じものを手に入れようとする習慣があるのがこの世代だ。この状況で勝ち組になるために業者がすべきことは、アマゾンやGoogleや大型ショップにはない価格、価値を提供することである。

 

5. ミレニアル世代は、キャッシュバックなど特別セールの買い物が好き

 

電化製品、エンターテインメント、スポーツ用品、服飾品、ワイヤレス商品、食品、これらの商品のリベートオファー(キャッシュバック)を好んで利用する傾向がある。
業者はこのリベートには注意を払う必要があり、製品ブランドイメージを下げないようにする事が肝心だ。

 

6. ミレニアル世代は、オンラインで購入し、ストアでピックアップを高く評価している

 

88%のミレニアル世代は、オンラインで買い物をして、ストアでピックアップし、50ドルの商品に対して配送料10ドルをセーブするというような努力を惜しまない、また、業者にとっても配送や手数料、トラックなど負担を避けることができるので助かる。

 

 

7. オンライン購入はギフトカードが最も安全

 

ミレニアル世代は特にサイパーセキュリティーや詐欺に慎重、64%のミレニアル世代が、ギフトカードでの支払いが最も安全だと信じている。66%が個人情報漏えいを回避できると考えている。
ギフトカードや支払いの選択肢、ペイパルなどは、この世代の消費者のアマゾン以外での買い物を探しているグループにとって魅力的だと思われる。

 

 

8. ミレニアル世代はロイヤリティープログラムに参加

 

ミレニアル世代は、ブランドに対して69%はロイヤリティープログラムに参加している。何かのプログラムに参加すえば特典がもらえるというお得なシステムが魅力だ。

 

まとめ

 

これらの傾向は既に知っている人も多いと思われるが、小売業者にとってミレニアル世代を引き付けるデジタルマーケティングは、そんなに難しいことではなくコストも掛からないことが多い。今後もミレニアル世代の消費者は増え続けていくことから、いかに迅速に対応できるかかどうかである。常に新しい傾向、決済方法などの情報を分析していく必要がある。

 

参考サイト:https://www.entrepreneur.com/article/253582 
 

関連する記事

インバウンドECサイトから越境ECサイトへ... 4月27日、電通は2018年1~2月に実施した「ジャパンブランド調査2018」の結果を発表した。 この調査は世界20か国・地域を対象に、日本に対する好感度や訪日旅行意向などをアンケート調査したものだ。 それによると、「日本のことが好きな国・地域」のとトップは同率で台湾、タイ、フィリピン、...
ここが違うぞ! 大阪のインバウンドが活況 ...   5月17日、2018年1月から3月期の訪日外国人数、旅行消費額など公表された。 1月から3月の訪日外国人数は762万人は前年比11.6%の増加。 訪日外国人全体の旅行消費額は1兆1,343億円と推計され、前年比は17.2%増加の増加であった。 このままのペースでいけば、...
2016年、日本のEC市場はどうだった? 今回も前回に引き続き経済産業省から2016年の「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、15兆1,358億円。前年より9.9%増加したとしている。 各分野では物販系分野で8兆43...
Instagramをビジネスで利用する 2010年に始まったInstagram(以下インスタグラム)は、スマフォカメラアプリで、撮影した写真を加工し、投稿するSNSアプリである。2015年9月時点でグローバルユーザーは4億人、国内では810万人のユーザーがこのアプリでSNSを楽しんでいる。昨年、2015年にはInstagram広告がリ...
押さえておきたい! SNS広告の基本と特徴... WEBサイトへの集客にはSEO、コンテンツマーケティング、ディスプレィ広告、SNSの運用など多義にわたる。 そして、SNSに関してはその国内利用者は、7500万人以上にのぼり、インターネット利用者であれば、なんらかのSNSを利用していると言われている。 このSNS利用者に向けて広告を配信...
スマートフォン広告は効率よく集客できる?... インターネット広告の主流はパソコン型広告からスマートフォン広告にシフトした。 スマートフォンはパソコンや他のメディアに比べて占用率が高く、常に自分の半径1m以内にあり24時間365日、そばにあるデバイスで、デバイスへのプッシュ通知でユーザーへ情報を通知できる。 今回は今、広告媒体として注...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ