自社サイトで新規流入を増やす為にキーワード調査をどうやってやる? Google で利用できる無料ツールの紹介

Eコマースに欠かせないSEO(検索エンジン最適化)を、皆さんは意識しているはずです。実は、自社の商品が、どういった検索ワードを入力されて買い手の目に留まったか!?
それを知らせてくれる便利なツールを、Googleは既に提供しています。今回は、その“Google Keyword Planner Tool”をご紹介したいと思います。どのような商品需要を自社に求められているか知り、更なるネットビジネスの成功へと繋げましょう!


上の表をご覧になって下さい。この表は、Googleの検索結果を見た利用者が、どれだけ結果を参照しているか調査したものです。一番目の検索結果に関しては32.5%と、二番目の等倍と言っていいほど見られていることが分かります。これほど違うものなのですね。当然と言えば当然なのですが、Googleの検索結果に表示される順番は、多大な影響を及ぼします。自社の商品を上位に表示させるため、マーケティング用のコンテンツや商品説明を、最も検索されているキーワードに合わせていきましょう!

Google Keyword Planner Toolを利用する際、商品のキーワードをブレインストーミングすることから始まります。商品を買う人の立場となり、どのようなキーワードで検索するかを考えましょう。以下は、考えたキーワードを実際にGoogleで検索し、関連する検索キーワードのリストを参考にしていきます。買い手が日本製の商品を求めており、検索サイトで“Japanese Goods”というキーワードを検索していたとすれば、以下の関連するキーワードがでます。

たった一つの検索語によって検索結果が違ってくるので、ここに表示されている使えそうなキーワードもブレインストーミング候補に入れ、Google Keyword Planner Toolで分析しましょう。

こちらのサービスは、無料で利用可能です。アカウントも簡単に作れるので、気軽に試してみることが出来ます。
早速試してみましょう。Google Adwordsでアカウントを作り、ログイン出来たら、トップのToolsを選択し、Keyword Plannerのページに行きます。更にSEO率の高いキーワードを見つけてもらえるよう、その下のSearch for new keyword and ad group ideasをクリックします。

次のページで、先ほどのブレーンストーミングしたキーワードを入れ、ターゲット地域を選択します。


Get Ideasをクリックすると、Keyword Ideasを見ることができます。


ここでは、最も検索されているキーワードと、そのCompetitionの激しさが表示されています。例えば、あるキーワードの検索率が高くても、CompetitionがHighなら、自分のサイトが表示されないこともあるかもしれないので、この情報も参考した方がいいでしょう。

Competitionの高いキーワードを避けたいなら、キーワードフィルタを利用してできます。

まとめ

常にキーワードリサーチを参考にし、自社の成功へ繋がっていくことでしょう。Google Keyword Planner Toolは、そのための便利なツールの一つです。それでは、自社サイトが適切なキーワードで溢れるものにしましょう!

関連する記事

Google Analytics 、もしかして目標設定とeコマース設定をしていないのではないか?... 世の中にありふれているGoogle Analyticsのセミナーや書籍、、、 でも、あなたにとって大事なこと。それはこんなツールに惑わされることでない。 すべての数字をシンプルに把握することができる唯一の目安が、銀行の預金残高を増やす、これだけだ。 それを増やすために、Google A...
Googleのスーパークッキー(super-cookie)でEC市場に変化!?... Googleといえば、言わずと知れた世界を代表する検索エンジンです。全世界の広告市場の33%、モバイル広告においては全世界の50%以上のシェアを誇るとされています。GmailをはじめGoogleカレンダー、Google マップなど、Googleのサービスに日頃お世話になっている方も多いのではないでし...
Googleが「検索の仕組み(How Search Works)」をインフォグラフィックスで公開... サイト運営者は、自社商品名やサービスに関連した検索キーワードの表示結果を日々チェックするなど、検索エンジンからの集客に大きな関心があるのではないでしょうか。 先日、米Googleが、検索の仕組み(How Search Works)を描いたインフォグラフィックスを公開しました。Googleの検索エンジ...
ECサイトにMPNコード(Scheme構造タグ)が必要なわけ... 今回のLive Commerce Ver3.4 の新しい機能の1つに商品マスタの入力項目にMPNコードというものが追加されています。おそらく、ほとんどの方が知らないMPNコードですが、なぜこうして皆さんにしてもらう必要があるのか、なぜECサイトでは重要なのか、本日はそのMPNコードに...
スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由... スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。 昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました...
Google AdWords 動的検索広告のコスパが凄すぎる... 花見も終わり、春本番ですね。 気温の上昇と比例して私たちの活動も活発になる中、Live Commerceを使うユーザーには絶対に外せない広告技術がGoogleから発表されました。 動的検索広告、2016年10月頃に発表され2017年4月現在では日本語で全ての機能が利用できるようになっ...

タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ