« ブログのトップページに戻る

‘海外市場’ カテゴリーのアーカイブ

インドネシア ネット通販 2021年までに利用者数4210万人へ

2017年6月6日 火曜日

本稿ではインドネシアのソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。

経済

インドネシアは人口2億5,800万人、GDPは8,620億ドルであり1人あたりのGDPは3,906ドルで2021年までに5,170ドルへ上昇が期待されている。インドネシアは2015年から2021年にかけて7.4%以上の高い年平均成長率を示すと予測されている。

ネット通販を利用するユーザーは2,800万人、2021年までには4,210万人へ増加、人口の21%に達すると予測されている。ネット通販の平均消費額は247ドルで2021年までに343ドルへ増加する見込みである。

インドネシアのネット通販利用者数の推移(単位: 百万人)

Eコマース市場規模・商品カテゴリ

(さらに…)

 

アルゼンチンのネット通販 2021年までに利用者数1990万人へ

2017年5月31日 水曜日
アルゼンチン

アルゼンチン

アルゼンチンのソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。

経済

アルゼンチンの人口は4,300万人、GDPは5,850億ドルであり1人あたりのGDPは10,167ドルであり2021年までに11,965ドルへ上昇が期待されている。世界銀行のGDPランクでは79位である。

ネット通販を利用するユーザーは1,680万人、2021年までには1,990万人へ増加、人口の58%に達すると予測されている。ネット通販の平均消費額は353ドルで2021年までに492ドルへ増加する見込みである。

アルゼンチンのネット通販利用者数の推移(単位: 百万人)

 

Eコマース市場規模・商品カテゴリ

(さらに…)

 

タイ ネット通販 2021年までに利用者数1390万人へ

2017年5月31日 水曜日
タイの仏像

タイの仏像

タイと言えば日本から旅行に行く人も多い国の人です。タイは東南アジアに位置し、日本と同じ仏教を宗教とする国です。本稿ではタイのソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。

経済

タイは人口6800万人、GDPは3950億ドルであり1人あたりのGDPは6,205ドルであり2021年までに7349ドルへ上昇が期待されている。世界銀行のGDPランクでは2017年の時点では119位である。

ネット通販を利用するユーザーは1210万人、2021年までには1390万人へ増加、人口の24.5%に達すると予測されている。ネット通販の平均消費額は243ドルで2021年までに382ドルへ増加する見込みである。

タイ ネット通販利用者数の推移(単位: 百万人)

タイ ネット通販利用者数の推移(単位: 百万人)

Eコマース市場規模・商品カテゴリ

(さらに…)

 

ドバイEコマース2017年 – 電子決済とオンライン取引が成長を続ける中、代引き決済が足を引っ張る

2017年5月25日 木曜日

ドバイ Eコマース最新情報

ドバイでは消費者の56%がオンラインで頻繁に買い物をしており、少なくとも週に1回はネット通販を使っている。月に1回未満の低頻度の購入者は消費者の20%から10%に減少している。平均購入価格も374ドルから403ドルに上昇しており、かなりの伸び率と言える。ちなみに、回答者の20%は1回の注文で平均545ドルと高額だ。

Souq.com はオンライン販売のみでアラブ首長国連邦で前年比50%の伸びを見せている。 (さらに…)

 

越境EC 台湾のポテンシャルは?

2017年5月23日 火曜日

イメージ画像

越境ECと言うと、まず、その市場としてイメージされるのはアメリカ、中国だが、中国の南、台湾もなかなか魅力的な市場であることはあまり、知られていない。
今年、5月9日にナビプラス株式会社が発表した越境ECで買い物をした、相手国で売上トップは台湾となって、2位はアメリカ、3位は中国であったと報告している。
調査期間は2016年4月から2017年3月で、ECサイトは同社対応のソリューションと限定されたものだが、中国本土とは違うインターネット環境にある台湾は、注目の市場と言える。
今回は、この親日国として有名な台湾の越境ECポテンシャルについて見ていこう。

(さらに…)