« ブログのトップページに戻る

‘SNS’ カテゴリーのアーカイブ

Facebook ビジネスページで0から10,000人以上のファンを獲得する方法(ケーススタディー)

2020年2月14日 金曜日

Facebookって、ビジネスをする以上、そのビジネスにどれほどのファンがいるのかを図る簡単な指標になっていますよね。
ただ、Facebookのファン数は有名人でもないかぎり数万、数十万人に増やすことができないのでは?
私はそのように感じていました。

というのも、当社も Live CommerceDiscovery Japan という2つのFaceboookビジネスページを運営しておりますが、Facebookを開設した今から10年前はFacebookという真新しさがあったためファン数を比較的容易に増やすことができたのですが、2020年の今日ではFacebookのファンを増やそうと思っても難しさを感じるのです。

おそらく、Facebookの運営を代行しているような会社の担当者や、会社からFacebookの運用を任せられている人は、常にFacebookのファン数を増やす方法については日々模索しているのではないかと思うのですよ。特に、どうやって「LIKE」を獲得すればいいのか、、うんぬん。

海外では特にFacebookの影響力は日本以上に強いので、これからFacebookファンページを開設してファンの数を最低でも10,000人に増やす方法を考えている方向けに、海外でヒットしている How to Get Your First 10,000 Fans on Facebook (Case Study) というFacebookのファンを劇的に増やすヒット記事がありましたので、日本語向けにアレンジして翻訳させていただきました。

 

現時点での結論は 価値あるコンテンツを提供する > Facebookで共有する > 新たなファンを獲得する > 自社公式サイトに誘導する > 顧客に転換する 以上ということですね。つまり、結局のところはコンテンツが全てだということです。Facebookは顧客に転換するシステムに過ぎず、コンテンツを生み出す創造的な思考こそが重要だと自分なりに理解しました。

 

(さらに…)

 

ユーザーの高い利用率 「YouTube」の強み

2020年1月29日 水曜日

タイトルイメージ画像

昨年12月19日、ニールセン デジタル株式会社はスマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView) 」のデータをもとに、2019年の日本国内のトータルデジタルとスマートフォンのインターネットサービスの利用ランキング、「Tops of 2019: Digital in Japan」を発表した。
この内容を見ると、トータルデジタル(PC、スマートフォンなどのディバイス)で利用するWEBサービスでは、トップが「Google」、次に「Yahoo Japan」、「YouTube」の順となっている。
スマホアプリ利用では、1位は昨年に続き「LINE」、2位には「YouTube」等がランクインしている。さらに、スマートフォンアプリの利用時間では、トップが「LINE」、2位が「YouTube」、3位に「Google Map」となっている。そして、この上位3位内全てにランクインしているが「YouTube」であった。
近年、「YouTube」は利用者が増加しており、YouTube広告もサイト誘導率が高いという調査結果もある。
今回は、このニールセンの「Tops of 2019: Digital in Japan」の内容を紹介しつつ、「YouTube」利用のメリットなど見ていこう。

(さらに…)

 

若者の購買行動には、SNSが大きく影響している

2019年12月11日 水曜日

タイトルイメージビジュアル

SNSは情報インフラとしてスマートフォンには欠かせないものとなった。極端なことを言えば、スマートフォンの利用で最も利用されているのは、電話やメールではなく、SNSかもしれない。
個人間の日常的な連絡はもとより、最新情報のチェックや時間潰しにSNSが使われるのが当たり前になってきている。
そして、今月5日、マーケティングリサーチの(株)アスマークは、SNSを週1回以上利用する20~49歳の男女を対象に、「若者のSNSに関する調査」の結果を公開した。この調査による分析では、『20代の女性はSNSを「美」と「飲食」に関するリサーチに積極的に活用している』と指摘している。
今回は、主要なSNSサービスの各利用状況や「若者のSNSに関する調査」からSNS利用による購買行動など紹介する。

(さらに…)