« ブログのトップページに戻る

‘知識’ カテゴリーのアーカイブ

越境ECを採用するソフト Magento vs Live Commerce

2017年11月26日 日曜日

Live Commerce の採用を検討する際に米国初のオープンソースECサイト構築ソフトウェアとしてMagentoを検討されている企業が多いことが商談でよく聞かれるので、私の考えをここで整理しておきたいと思います。まずは、デメリットから。

日本に限って言えば大企業は採用していない
私が把握している情報だけなので、もちろんこれが全てではないですが、米国では名だたる大企業がMagento を採用していますが、日本ではそももそも大企業がMagentoを採用しているかと言えば、Noではないかと思います。サポートをしている会社の実績などを拝見しても、そのほとんどは中小企業(特に予算の厳しい小規模企業)です。おそらく大企業が採用に踏み切れない理由としては、日本でMagentoをサポートしている会社規模感などもその要因なのではないかと思います。詳細については以下の通りです。 (さらに…)

 

ECサイトにMPNコード(Scheme構造タグ)が必要なわけ

2017年10月23日 月曜日

今回のLive Commerce Ver3.4 の新しい機能の1つに商品マスタの入力項目にMPNコードというものが追加されています。おそらく、ほとんどの方が知らないMPNコードですが、なぜこうして皆さんにしてもらう必要があるのか、なぜECサイトでは重要なのか、本日はそのMPNコードについてお話ししたいと思います。

MPNコードとは製造メーカーが製品毎に独自に定めた商品固有の製造番号です。
例えばキャノンのカメラには1160C029AAというMPNコードが付与されています。同じようなコードにJANコードというものがあります。JANコードとMPNコードは似ているようで全く違います。JANコードは国際的なルールに基づいて決められた 番号です。具体的には国際的な流通標準化機関であるGS1(ジーエスワン)が定める国際標準の識別コードを設定するために必要となるコードのことを意味します。JANコードは製品にバーコードが付与されている場合はJANコードが付与されています。一般的に45や49から開始される13桁の番号です。 (さらに…)

 

24ヶ国のEコマースのデータに驚愕

2017年6月3日 土曜日

24カ国でeコマースの状態にゲームを変えるデータ

国際ガバナンス・イノベーションセンター(CIGI)は、年次報告書「インターネットセキュリティと信頼に関する2017 CIGI-Ipsosの国際調査報告書」をリリースした。この研究は24,225のインターネットユーザーを対象に24カ国で実施した結果である。

この結果をまとめると、次のような内容である。 (さらに…)

 

越境ECでGoogle AdWords 広告を運用する時、プロのコンサルタントでも見落としがちな○○な点

2017年5月18日 木曜日

Google AdWords で高い運用パフォーマンスを出すには、ユーザーが興味・関心を引くための強いメッセージ(コンテンツ)に加え、行動に結び付けるための使い勝手のよいウェブサイト(ユーザビリティー)が必要です。そして、獲得したコンバージョンをどのように自社の製品購入まで結び付けるのか、ビジネス上の導線設計、、このようなことをプロのGoogle AdWordsコンサルタントは把握しており、クライアントに接するときは、こうした背景を把握した上でクライアントのAdWordsキャンペーンを設計していきます。

さて、今出てきましたコンテンツやユーザビリティーや導線設計という、ウェブサイトのコンバージョン率を高めるには非常に重要な要素ではありますが、越境ECに関して言えば、ユーザビリティーの観点でもう一つ重要な要素があります。それはローカライズ(Localize)という視点です。 (さらに…)

 

速習 ECサイト構築オンラインセミナー “ECサイトをプロ並みに でも価格は最低限に”

2016年12月9日 金曜日

先日、オンラインで越境ECサイトの制作が行えるオンラインカスタマイズサービスをリリースしました。従来のECサイト構築の業界標準価格と言われている100万円〜300万円という相場に対して、1/10で提供しながらも、高品質なECサイト構築サービスを提供する目的で作りました。

 

当社はECサイト構築業界で10年以上働いてきました。
その中で、ECサイトをゼロベースでオリジナルのデザインを制作する案件というのは全体の2割り程度です。トップブランド企業でしたらもちろんオリジナルデザインが重要になってきますが、大半のECサイトというのは、ベースとなるデザイン雛形があって、そのデザインをいわゆる着せ替え人形のように自社のブランドカラーに合うようにデザインを修正します。

今日は、この後者のケースについてお話したいと思います。 (さらに…)