« ブログのトップページに戻る

‘知識’ カテゴリーのアーカイブ

なぜAmazonと提携しない?「DtoC」というビジネスモデル

2020年4月3日 金曜日

タイトルイメージ写真

アメリカでは、新型コロナウイルス感染症数、21万6000人(4月1日現在)という急激な拡大により、入国制限、移動規制、外出禁止などあらゆる手段で、コロナ封じ込めが実施されている。
アメリカ消費者は外出禁止、自粛を余儀なくされ、アメリカのおいてもネットショッピングによる消費が高騰している。
また、ネット通販チャネルにおいては、ネットショップ販売の在庫切れ、納品の遅延などにより、小売からではなく、直接メーカーから購入する直販サービスを利用するという現象も起きている。
アメリカでは以前のブログ「アメリカのEコマース 「DtoC」事情」でも取り上げたように、「DtoC」という直販ビジネスモデルが、今、まさに需要を高め、注目を集めている。
今回は、このメーカーが直接自社製品を販売する「D2C」というビジネスモデルの特徴など整理した。

(さらに…)

 

新型コロナ感染拡大による、ヨーロッパEコマースへの影響

2020年3月31日 火曜日

タイトルイメージ画像

3月13日、WHO事務局長は新型コロナウイルスの感染症について「欧州が今パンデミックの震源地となった。」と宣言した。
3月28日時点でイタリアでの感染者数は9万人超、スペインで7万人超、ドイツ、フランスでも3万人を超え、歯止めがかかっていない。ヨーロッパは地続きで国境間の行き来は激しい、ヨーロッパでは、今、感染拡大が続いている。
外出禁止令が出る中、EUのECの現況などはどうなのだろうか?
今回はヨーロッパのEC市場、越境EC市場、また、新型コロナウイルスのEコマースへの影響など調べてみた。

(さらに…)

 

電通発表の2019年インターネット広告媒体費 4つのポイント+α

2020年3月24日 火曜日

 

タイトルイメージ画像

電通グループのデジタル広告を牽引する4社は、3月17日、インターネット広告媒体費の内訳を分析し、その詳細を発表した。
2019年の日本の広告費は、前回のブログでも説明したように、6兆9,381億円であり、前年度から、106.2%成長しており、その中でインターネット広告費は30.3%を占め、2兆1,048億円(前年比119.7%)となっている。
そのインターネット広告費のうち、「インターネット広告媒体費」の内訳、構成比、金額と成長率などが今回発表された。
インターネット広告媒体費は1兆6,630億円であり、前年比は114.8%の成長であった。
今回は、このインターネット広告媒体費の分析結果の4つのポイントと、2019年、大きく成長した動画広告について、その課題やGoogleの追加基準などをまとめた。

(さらに…)

 

テレビ広告費を超えたインターネット広告費 今後の課題は?

2020年3月17日 火曜日

タイトルイメージ画像

3月11日、株式会社電通は、2019年(1月〜2月)の日本に広告費を公表した。
今回は、新たに「物販系ECプラットフォーム広告費」と「イベント」領域を追加した内容だが、2019年の総広告費は通年で6兆9,381億円となり、前年比106.2%のプラス成長であった。
日本の広告費は8年連続のプラス成長であり、その概要を見ると、マスコミ4媒体広告費が減少(前年比96.6%)した分、インターネット広告費(前年比119.7%)と、プロモーションメディア広告費の増加(前年比107.5%)し、プラス成長となったようだ。
また、特質すべき点は、2019年のインターネット広告費が初めて2兆円の大台に乗ったことと、テレビ広告費を上回ったところだろう。
今回は広告費の中のインターネット広告に焦点をあて、2019年の日本の広告費の概況、さらに今後のネット広告の課題など見ていこう。

(さらに…)

 

アジアEコマースの「残念な体験」、「嬉しい体験」とは?

2020年3月11日 水曜日

タイトルイメージ画像

越境EC市場はアメリカ、欧米、中国と続き、次の市場は東南アジアへと期待が高まっている。中国向け越境ECに手応えを感じ、次と市場として東南アジア進出、販路拡大を施策する企業が多い。
そのような中、3月5日、トランス・コスモス株式会社はアジア10都市を対象に行った、ECの利用実態、越境ECへの関心度などの調査「アジア10都市オンラインショッピング利用者動向調査2020」を公表した。
3回目となるこの調査、今回のテーマは「カスタマーエクスペリエンス」となっている。
内容はアジア各都市のEC体験として「残念な体験」、「嬉しい体験」などのアンケート調査である。
今回はこの調査内容のいくつかと東南アジアの代表的なECモール、「Lazada」と「Shopee」について紹介する。

(さらに…)