« ブログのトップページに戻る

‘知識’ カテゴリーのアーカイブ

24ヶ国のEコマースのデータに驚愕

2017年6月3日 土曜日

24カ国でeコマースの状態にゲームを変えるデータ

国際ガバナンス・イノベーションセンター(CIGI)は、年次報告書「インターネットセキュリティと信頼に関する2017 CIGI-Ipsosの国際調査報告書」をリリースした。この研究は24,225のインターネットユーザーを対象に24カ国で実施した結果である。

この結果をまとめると、次のような内容である。 (さらに…)

 

越境ECでGoogle AdWords 広告を運用する時、プロのコンサルタントでも見落としがちな○○な点

2017年5月18日 木曜日

Google AdWords で高い運用パフォーマンスを出すには、ユーザーが興味・関心を引くための強いメッセージ(コンテンツ)に加え、行動に結び付けるための使い勝手のよいウェブサイト(ユーザビリティー)が必要です。そして、獲得したコンバージョンをどのように自社の製品購入まで結び付けるのか、ビジネス上の導線設計、、このようなことをプロのGoogle AdWordsコンサルタントは把握しており、クライアントに接するときは、こうした背景を把握した上でクライアントのAdWordsキャンペーンを設計していきます。

さて、今出てきましたコンテンツやユーザビリティーや導線設計という、ウェブサイトのコンバージョン率を高めるには非常に重要な要素ではありますが、越境ECに関して言えば、ユーザビリティーの観点でもう一つ重要な要素があります。それはローカライズ(Localize)という視点です。 (さらに…)

 

速習 ECサイト構築オンラインセミナー “ECサイトをプロ並みに でも価格は最低限に”

2016年12月9日 金曜日

先日、オンラインで越境ECサイトの制作が行えるオンラインカスタマイズサービスをリリースしました。従来のECサイト構築の業界標準価格と言われている100万円〜300万円という相場に対して、1/10で提供しながらも、高品質なECサイト構築サービスを提供する目的で作りました。

 

当社はECサイト構築業界で10年以上働いてきました。
その中で、ECサイトをゼロベースでオリジナルのデザインを制作する案件というのは全体の2割り程度です。トップブランド企業でしたらもちろんオリジナルデザインが重要になってきますが、大半のECサイトというのは、ベースとなるデザイン雛形があって、そのデザインをいわゆる着せ替え人形のように自社のブランドカラーに合うようにデザインを修正します。

今日は、この後者のケースについてお話したいと思います。 (さらに…)

 

EMS / ヤマト国際宅急便 料金・配送可能国の比較表

2016年5月20日 金曜日

海外向けネット通販の配送といえば郵便局でおなじみのEMSですが、6月1日にEMSの料金改定ということもあり、EMSヤマト国際宅急便の配送可能な国を比較してみました。以外にもEMSは主要な国はカバーしているものの、中南米やアフリカ大陸といった地域になるとヤマト国際宅急便の方が網羅していることが分かります。

Live CommerceではEMSとヤマト国際宅急便の両方に対応しています。

EMS/ヤマト国際宅急便 – 国際配送料金の比較

上段: ヤマト国際宅急便 下段:日本郵便EMS
※2016年6月1日に改定された新EMS料金に基づき作成 (さらに…)

 

EU諸国 – インターネットユーザーの65%はオンラインショッピングを利用

2016年1月18日 月曜日

2015年のEurostatの調査によるとEU加盟国のインターネットユーザーの65%がオンラインショッピングを利用しているという結果が出た。インターネットで買い物をするユーザーが急速に増加しており、今や3分の2のユーザーが利用しているという驚異的な数値である。また、年齢層に分けると16歳~24歳、25歳~54歳の両グループの68%がオンラインで買い物をしているという。これはヨーロッパ全体の平均値であるが、例えばルーマニアは18%、イギリスでは87%である。

eu_shopping_online_2015

このグラフは各国のインターネットユーザ―人口’12年と’15年の比較。 (さらに…)