« ブログのトップページに戻る

‘機能オプション’ カテゴリーのアーカイブ

越境ECにおいてどの国で何が売れるか、Live CommerceにAI搭載 販売予測機能

2017年11月28日 火曜日

人工知能によって販路先国が自動でわかる

現在提供中のLive Commerce 最新版 ver3.3 から “どの国で何が売れるのか” を過去のアクセス解析ログから人工知能により未来予測を行う機能を実装し、越境ECにおける海外市場でのマーケティングデータの提供を開始しています。(以下、やさしいウェブ解析ツール)

結論からいうと、日本の商品を売る先の需要国がわかります。このツールを使えば大規模に広告宣伝する前に需要国とその国で実際にどんなキーワードで検索されているのかも含めた具体的なキーワード候補が手に入るので、越境ECマーケティグには欠かせない濃度の高い情報源を取得できます。(Google AdWordsのキーワードプランナーでも探せない情報です。)

Live Commerce を提供し始めてから越境ECという言葉も生まれ、今日最も多い質問の一つが ”どの国で何が売れるのか” といったもので、越境ECの導入には海外市場でのマーケットデータが国内ECと比較して圧倒的に不足していました。 (さらに…)

 

海外からのホームページの表示速度を速くする方法 – CDN

2016年4月11日 月曜日

Live Commerce ではオプションとしてCDNによるホームページの高速化に対応しました。

AmazonやGoogle、Yahoo Japan のホームページの表示速度が遅いと感じた人は少ないと思います。
日本からアクセスしても、海外からアクセスしてもストレス無くスムーズに表示されますよね。一方で、自社サイトや特定の企業サイトなどでは海外からアクセスした時に、日本と比較してとても遅く感じたことはありませんか?

この違いがCDNというサービスを利用しているかしていないかの違いです。
海外向け自社サイトを運営する際に、出来る限り海外からアクセスした時も高速に表示されてほしいものです。CDNを使うことで世界中のどの国からアクセスしてもホームページを高速に表示することができます。

詳しくはウェブサイトをご覧ください。

 

ECサイトで回遊率を高めるのはなぜ!?

2015年10月9日 金曜日

Youtube のサイトでは1つの動画を閲覧すると、画面の右側に関連する動画が表示されます。
動画を見終わったと思うと、すぐにまた関連する動画が表示されます。

1つの動画を起点にしてこのように関連する動画を何度も表示させるのは、「回遊率」を高めるという目的があります。 (さらに…)

 

社長が苦手なもの:リピート注文がとれない だから利益がでない

2014年7月10日 木曜日

たいていの社長や起業家は、そしてきっとあなたもそうであるかもしれないが、既存顧客に購入日から起算して○日後にはこのメールを送り、○日後にはこの手紙を送る…. なんて既存顧客向けにちょっと地味な仕事にはあまりモチベーションを感じられない、、、 と感じたことはないだろうか?

なぜリピート注文がとれないと利益が出ないのか?そのメカニズムはこうだ。 (さらに…)

 

送料無料 VS 最速納品 消費者が好むのは?

2014年5月14日 水曜日

納期が早いのと送料無料、どっちが有利か?

米国フルフィルメントサービスを手がけるefulfillment社が公開したインフォグラフィックでは納期 Vs 送料無料 について面白いデータが公開されています。

Fast vs. Free Shipping

参照元 : http://www.efulfillmentservice.com/fast-free-shipping-infographic/