« ブログのトップページに戻る

‘起業’ カテゴリーのアーカイブ

市場規模は拡大中なのに…ネット通販「倒産急増」- ネット通販倒産理由3

2017年1月11日 水曜日

東京商工リサーチによればネットショップの倒産は増加傾向

よくニュースでは、EC化率EC市場規模の拡大という、いかにも景気がいいような言葉を聞きますが、ネットショップの倒産件数は増えています。

2015年度(2015年4月-2016年3月)の通信販売・訪問販売小売業の倒産は74件(前年度比25.4%増、前年度59件)に達した。これは調査を開始した2009年度以降では2014年度(59件)を上回り、年度ベースでは過去最多になった。

商材別の倒産割合

  • アパレル関連などの「衣服・身の回り品小売」が最多の20件(前年同期比122.2%増、前年同期9件)
  • インテリア用品や美術工芸品など「その他」が17件(同30.7%増、同13件)
  • 家電などの「機械器具小売」が8件(同166.6%増、同3件)

形態別・原因別の倒産割合

  • 企業が解体・消滅する破産が61件(前年同期比45.2%増、同42件)
  • 再建型の民事再生法は発生はなし
  • 販売不振(業績不振)が前年同期同数の39件
  • 他社倒産の余波が8件(前年同期2件)
  • 事業上の失敗が8件(同2件)
  • 運転資金の欠乏が4件(同ゼロ)

従業員数別

  • 5人未満が52件(前年同期比33.3%増、前年同期39件)
    ※小規模事業者の倒産が全体の8割(構成比81.2%)
  • 2010年以降に設立された事業者は18件(構成比28.1%)
    ※設立から日が浅い5年以内の新規事業者が約3割

楽天市場を始めとするネットモールの黄金期が終わりを迎えている事を意味しています。全盛期に出店をしたお店がどんどん倒れていっている事もありますが、技術やサービスの進歩で参入障壁も下がり続けた事も起因していると思われます。

国内B2C EC市場規模予測
国内B2CのEC市場規模は年々拡大しているのは事実であるが倒産件数もこの1−2年で急増した。

ネットショップという仕事をこのまま続けていいのだろうか、、
と不安に感じたことがあるなら、きっと参考になると思うので、続きをチェックしてみてください。 (さらに…)

 

”やってみる事が大事!”メタモルフォーゼ、オーナー松岡さんにインタビュー

2014年9月8日 月曜日

今回、ライブコマースを利用して頂いているお客様の事例をご紹介するとともに、EC運営者の情報収集の場として、また、経営者の考え方に振れる場として『WITH EC』を立ち上げました。ぜひご活用頂ければと思います。

第一回目は、今では「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんを筆頭とし、日本を代表するファッションスタイルともなった「ゴスロリ」「ロリータ」ファッションのeコマースを運営している株式会社メタモルフォーゼのオーナーでいらっしゃいます、松岡様にお話しをお伺いしました。 (さらに…)

 

ジミー・キメル-エンターテイメント界で指折りのハードワーカー

2014年7月10日 木曜日

本日は、エンターテイメント界、特にアメリカで定番のナイトショー(毎晩、芸能人や有名人などのゲストを招いてトークをする番組)でも現在大人気の、ジミー・キメルのインタビューをお届けします。ジミーの仕事ぶりや、哲学、彼の上司、人をマネジメントする事についてのインタビューです。

数ある番組の中でも、かなり際どい発言や、番組内容で知られるジミーですが、ビジネス・パーソンとしての姿は一体どのようなものなのでしょうか? (さらに…)

 

日本の商品を海外に売るおもしろさ – 海外販売をビジネスにする方法とは

2014年5月29日 木曜日

日本の商品を海外に売るおもしろさ - 海外販売をビジネスにする方法とは

国内で起業をするにしても、今の時代は国内で起業しながら顧客を海外に持つという今までとは全く違うやり方でビジネスを成長させる事が可能な時代だ。1990年代のインターネットがまだなかった時代に大企業しか海外企業と貿易をやっていたのとは今は全く違う。

それが今日紹介するインターネットを利用して海外に日本の商品を売るというビジネスだ。今日は海外販売についてどうやってビジネスをスタートさせればいいのかを紹介しよう。 (さらに…)

 

あなたはブランド重視? データ重視?

2014年3月8日 土曜日

あなたはネットビジネスで成功したいと毎日考えています。
今のあなたにとってどちらの本を先に読みたいですか?

or

 

統計学が最強の学問である ー これはデータを取得して、データから一定の法則の様なものを解析してデータに基づいて行動を起こす様な内容が書かれた本です。著者は「どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。」と唱えます。普段の生活では統計等のデータを見る事はありまりありませんが、データから導きだされた裏付けのある数字に基づいて行動すれば、限りなく正解に近づけるかもしれません。

なぜあなたのECサイトは価格で勝負するのか? ー これはECサイトをブランディングし、「唯一化=ユニークになる」ことの重要性を海外ECサイトの成功事例を提示しながら説明した本です。著者は「価格で競争するのではなく、あなた自身の色を出してこう」と唱えるものです。オリジナル色をだすことは、多くの成功者が語っています。ジェイエイブラハムなど海外の有名コンサルタントの書籍を読めば出てくるUSPなどはその最もたる代名詞です。

【お願い】
匿名で投票できます。投票すれば結果が次のページで見れます。(投票はボタン1クリック1秒で完了!)
多くの人が投票してくれる事により、民主主義的にはどちらに優先順位をビジネスパーソンはおいているのか分かります。それによってあなた自身も自分のビジネスの参考になるかもしれません。

この質問についての私の回答はメールマガジンを購読していただくと回答を受け取れます。

ちなみに、今日私がこの質問をした背景として、世の中の人はどちらが大事なのか知りたかったからです。
個人的には次の様に考えています。

  • ブランド構築は短期間ではできない。
    しかしブランド構築すると、顧客の心の中にブランドが染み付きます。
    ロゴを見ただけで、商品の説明はもはや不要、、、。安心、信頼感。
     
  • データは短期間で結果を得られる。
    しかしデータは定期的に取得する必要があり、データは結果によってビジネスの基準を変えなければならない。
    データの裏付けがあるので論理的判断が行える。