« ブログのトップページに戻る

‘amazon.com’ カテゴリーのアーカイブ

越境EC Amazon US活用のメリットとデメリット

2018年8月7日 火曜日

イメージ画像

2018年5月、経済産業省が発表した「電子商取引に関する市場調査」によると、2017年における日本からアメリカ向けの越境EC規模は前年比15.8%増の7128億円。
日本から中国への越境EC規模は、同25.2%の1兆2978億円。アメリカと中国の合計は前年比21.7%増の2兆106億円となっている。
アメリカ向けと中国向けの越境EC市場規模は、2020年には合計2兆9761億円となる見通しで、市場規模は2017年比で約1.5倍のとなる予想だ。
アメリカと中国はEC消費額の伸長とともに、日本からの越境ECの規模拡大を牽引している状況が、今後も続くとみられている。
今回は、このアメリカのEC市場を牽引しているAmazon、アメリカのユーザー向けに越境ECを行う際に活用できる、Amazon USのメリット、デメリットについてまとめてみた。

(さらに…)

 

物流ロボットはここまで来た!!

2018年1月25日 木曜日

イメージ画像

インターネット通販を利用すれば、いつでもどこでも欲しいものが手に入る、Eコマース全盛の時代。ここまでネットで買い物ができる時代になった背景には、小口多頻度配送を支える多くの物流の人的、機械的な下支えがあった。
しかし、ますます増え続ける配送量に物流業界の人的不足は進行し、これから先の時代は、物流のロボット化は急務と言われるようになった。 物流のロボット化とは、荷役作業、仕分け、在庫管理などを機械力を使って自動化することである。
日本の自動車、食品など、生産面の自動化・ロボット化は、世界トップクラスであるが、物流のロボット化においては、現在はまだまだ、普及段階である。
今回は、物流現場における問題点と未来を見据えたニトリ、アマゾン、中国JD.comのロボット化への取り組みなどを見ていこう。

(さらに…)

 

越境EC 日本郵便、日通の新たなサービス

2017年11月2日 木曜日

イメージ画像

重い荷物や海外、離島など離れた遠く地域にも荷物を届けてくれる運送・宅配便などは今や、生活に定着し企業や店舗、そして暮らしにはなくてはならない分野の1つである。
近年は、Amazon、楽天といった、ネットショッピングやネット通販が普及したことで、配送業のニーズは高まり、需要は大幅に伸びている。
しかし、課題が多いのも事実だ。ネットショッピングの需要が増えれば増えるほど、労働時間、人件費の問題などが露出し、10月1日、ヤマトホールディングスは、27年ぶりに配送料金の値上げに踏み切った。
今後は物流業界ではサービスの範囲を見直し、有効な改善策を求められている。越境ECの海外配送においても、今後、大きな需要の高まりが予想されるなか、新たなサービスが始まっている。
今回は日本郵便の「UGX」と日通の新たなサービスについて見ていこう。

(さらに…)

 

世界第2位、アメリカの越境ECの現況は?

2017年4月19日 水曜日

イメージ画像

2016年の世界EC市場規模は2.0兆ドル(約230兆円)に達すると言われ、2015年より25%増となるようだ。
さらに2017年のEC市場はさらに拡大し、2.5兆ドル(約290兆円)と予想されてる。2020年には4兆ドル(約460兆円)になると見込まれている。
変わって越境EC市場をみると、PaypalとグローバルマーケティングエージェンシーIpsosが実施した全世界の32の市場を対象にした越境ECの消費動向によると、越境EC32市場の中で、越境EC利用している国のトップは中国の4,460億元(7.1兆円)で、2位はアメリカの440億ドル(4.8兆円)となっている。
今回は、この世界第2位のアメリカの越境EC市場に関する動向などについて見ていこう。
(さらに…)

 

ネット・ショッピングの普及で米国のショッピングモールが存亡の危機に

2017年3月9日 木曜日

 

アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)に代表されるネット・ショッピングの普及で米国のショッピングモールが存亡の危機に晒されています。

不動産サービス会社、クシマン&ウエイクフィールドによると、去年のクリスマス商戦期間の小売売上高が前年比+4%だったのに対し、ネット・ショッピングは+20%で成長しました。米国の小売売上高に占めるネット・ショッピングの比率は2009年第1四半期の4.2%から2016年第3四半期は8.4%に増えました。同社は「アメリカの消費者は2010年に3500万回ショッピングモールを訪れた。2013年にはそれが僅か1700万回になった」と指摘しています。http://markethack.net/archives/52037943.html

ついに、こんな記事が出てしまいました…..。
対岸の火事ではなく、日本でも今リアルで起きている事象としてヤマト宅急便問題が指摘されていますが、消費者行動が完全にネット比較→最適な場所で購入、、という行動を象徴しているように思えます。

皆さん、毎日スマホを使っていることだと思います。
例えば、「スリッパ ら」と検索するだけで、Googleは 「スリッパ 来客用」のキーワードを表示してくれ、その次に
「スリッパ 来客用 安い」
「スリッパ 来客用 おしゃれ」
「スリッパ 来客用 会社」
「スリッパ 来客用 北欧」

と続きます。従来はショッピングモールなど物理的・地理的に限定された場所で購入していましたが、手の上にあるスマホのおかげで、「6語の入力」で人間の頭脳を上回る結果を瞬時に出す現実をやっとこんな時代になったのか、、と思う人か、この現実をすべて受け入れ、どうやって自社もこの波に乗るか、、1つの考え方の違いが冒頭のようなニュースの結果を生み出してしまったのかもしれません。 (さらに…)