« ブログのトップページに戻る

‘china’ カテゴリーのアーカイブ

中国新興EC「拼多多」にみる新時代のマーケティング戦略とは

2020年6月1日 月曜日

イメージ画像

新型コロナ禍が沈静化しつつある中国では、既に経済活動が回復しつつある。中国は第二波の感染拡大を最小限に抑えるために鎖国状態による厳格な対策が取られている。
そのような中、今、コロナ禍によるオフライン消費からオンライン消費への一層の移転が進行している。特に生鮮食品のオンライン販売が大きく伸びている。さらにライブコマースの利用者の急増、越境ECでの売り上げの上昇など、消費行動は大きくデジタルへの移行がうかがわれる。
そして、中国ECの業界マップが、今、変わろうとしている。
以前は淘宝(タオバオ)と天猫(Tmall)を擁するアリババがトップ、次に京東(ジンドン)という不動のツートップの構図に、2015年創業の「拼多多(ピンドードー)」が猛烈な勢いでシェアを拡大しつつあり、既に京東(ジンドン)を追い抜き、中国EC番付け2位となった。
その急成長の鍵は「ソーシャルEC」と呼ばれる新しいモデルである。今回は、中国EC市場を席巻する「拼多多(ピンドードー)」の新時代のマーケット戦略について調べてみた。
(さらに…)

 

猛威をふるう新型コロナ 世界のECマーケットへの影響は?

2020年4月13日 月曜日

タイトルイメージ画像

世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症、未だに事態の収束が見えない状況である。
日本においては4月7日、政府より7都府県を対象に緊急事態宣言が発令、感染の爆発的拡大を防止するため、多くの業種や市民に対して自粛要請がなされた。
世界においては、さらに厳格な自粛、いわゆるロックダウンという都市封鎖による自粛、外出禁止命令などが発令されている。
そして、この新型コロナウイルス拡大により、世界では「巣ごもり消費」が拡大しているようだ。感染拡大により世界のECマーケットの売上の増加が顕著になっており、Amazonは市場拡大を受け、10万人の新規雇用拡大を発表。さらにイタリア、フランスでは配送が追いつかず、重要でない商品については注文を停止するなどの事態が起こっている。
今回は、日本、中国、アメリカ、ヨーロッパ、東南アジアなど世界では、今、新型コロナウイルスの影響により、ECマーケットにどのような影響が出ているのか、また、どのような商品の需要が伸びているのかなど調べた。

(さらに…)

 

盛り上がる中国のライブコマース  日本ではどこまで普及してる?

2019年10月28日 月曜日

イメージ画像

中国では、今、「ライブコマース」が盛況である。ライブコマースとは、LIVE配信型Eコマースである。
よく、弊社のASPカートLive Commerceと勘違いし、お問い合わせいただくこともあるが、弊社のLive Commerceは越境ECサイト構築を支援するシステムである。お間違いないようお願いしたい。
中国では、商品に対する信用度の低さから、KOLと呼ばれるインフルエンサーの推薦する商品が売れ、KOLがビジネスとして定着している。そして、最近ではこのKOLがライブで商品を紹介し、そのまま紹介された商品をECサイトで購入できる「ライブコマース」が、顧客のリピート率・成約率の高さにより、今、業界の目玉となっている。
日本でも、今週11月1日に柏木由紀(AKB48)さんのコンサートがそのまま、Eコマースと連携する「ライブコマース」が実験的公演として行われる予定だ。
日本ではまだまだ、普及しているとは言えない「ライブコマース」であるが、今回は「中国のライブコマース」の現況と「日本ライブコマース」の認知度、課題などを調べてみた。

(さらに…)

 

中国「618商戦」から見えるもの

2019年6月27日 木曜日

イメージ画像

中国では、先週6月18日まで「618商戦(618 Mid-year Shopping Festival)」というサマーディスカウントセールが開催されており、そのものすごい結果をアリババグループなどが公表した。
今回の「618商戦」では、アリババのECモール(淘宝網、天猫)上で20万店以上のブランドと店舗が「618商戦」に参画し、その中の110店ものブランドが1億元(約15.6億円)の取引高を突破したと伝えている。
また、越境ECモールでもある「天猫国際(Tmall Global)」の売り上げ金額は2018年より、197%増と公表されている。この海外ブランドで売り上げランキングで、日本ブランドが第一位を獲得した。
今回は今年の「618商戦」の特徴、「618商戦」の売り上げ高、アリババのロシア進出などから見えてくる中国市場の現況などについてついてまとめた。

(さらに…)

 

越境ECで中国消費者がジャパンブランドを求める理由

2019年6月6日 木曜日

イメージ画像

5月28日、電通が中国への越境EC事業に参入するというニュースが伝えられた。
電通は、中国のネット販売会社と提携し、中国進出を行いたい日本企業を対象に商品の出品、ブランド構築、在庫管理などの業務支援を行うというものだ。
今、中国では越境ECを活用し、ジャパンブランド商品の購入が盛んである。5月に発表された、経済産業省の「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」によると、2018年、中国消費者が越境ECを利用し日本から商品を購入した額は、1兆5,345億円、前年比18.2%の拡大となっている。この拡大傾向は引き続き続くものと予想されている。
今回は、この「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」のデータから中国越境ECの現況や中国と日本間の越境EC市場にスポットをあてまとめた。

(さらに…)