« ブログのトップページに戻る

‘海外市場’ カテゴリーのアーカイブ

中国に商品を売りたいメーカー様求む

2017年12月26日 火曜日

2017年、当社は本日で営業終了となります。明日より1月4日まで年末年始休業となりますが、その前に来年早々から景気のいい話を1つお届けます!

中国越境ECマーケティングの鍵 網紅(ワンホン)をご存知でしょうか?

「ワンホン」とは「Internet Celebrity」の意味で、中国におけるインターネット・インフルエンサーのことを言います。このワンホンと呼ばれるインフルエンサーが一般消費者の購買意思決定へ与える影響が凄まじく増してきており、中国のECサイトではワンホンが消費トレンドの鍵を握っているといっても過言ではないのです。

網紅(ワンホン)の凄さ

そこで、今回網紅(ワンホン)に無料で商品を紹介してもらえるという特別な機会をエンパワーショップ株式会社様とのコラボレーションによりいただきました。詳しくはこちらのサイトでも確認いただけます。 (さらに…)

 

Braintree 決済サービスがLive Commerceで利用できるようになりました

2017年11月7日 火曜日

Braintree

Live Commerce にBraintreeという新しい決済サービスが本日から利用できるようになりました。
日本ではほとんど知られていませんが、1つの申し込みでクレジットカード決済、Apple Pay、G Pay with Google、アンドロイドPay、Venmo、PayPalを利用できるようになっています。

現在、日本法人での申し込みはできないので、香港かシンガポールに法人があれば利用できるので、かなりの限定的になると思いますが、シンガポール発で起業しアジアを商圏にグローバルに活動する方にはピッタリです。

 

越境EC カナダのポテンシャル

2017年8月9日 水曜日

イメージ画像

カナダ人の訪日者数は2016年では27万人と割合高く、毎年、訪日者数は伸長しており、英語圏では4番目の数値となっている。
比較的、日本に近いということから、国内では北海道などでウィンタースポーツを楽しむ観光客が増えているようだ。そして、カナダのEC市場規模も毎年増加しており、経済も安定しているが、問題はその広い国土であり、そのために物流面に課題があることでも知られている。
今回は、このカナダの越境ECのポテンシャルについて見て行こう。

(さらに…)

 

越境ECの超えるべき課題とは?

2017年7月10日 月曜日

イメージ画像

日本は少子高齢化がますます加速し、日本の人口は今後、減る一方と予想される。
つまり、内需を拡大するには限界があると言えるだろう。そこで、企業が目を向けるべきは外需である。内需ばかりではなく外需、輸出に転じ、成長するという将来像である。海外市場向け輸出は現在、多くの分野で成長しており、さらに越境ECもここ数年、拡大、成長を続けている。
6月27日、経済産業省は『通商白書2017』を公開し、その中で越境ECの課題などについてのアンケート結果の一部が掲載されている。アンケートによると越境ECの課題で注目すべきは「決済システム」と「配送リスク」が25%で上位を占めていた。
今回は、この『通商白書2017』の掲載データを元に越境ECの課題などについて見て行こう。

(さらに…)

 

中国のネット通販 2021年までに利用者数8億4,400万人へ増加

2017年6月7日 水曜日

 

最近の中国と言えばネット通販は急成長している。経済もよくなったため観光客も世界中で増えている。本稿では中国のソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。

経済

中国の人口は14億人、GDPは11兆ドルであり1人あたりのGDPは8,833ドル、2021年までに12,543ドルに達すると予想されている。

ネット通販を利用するユーザーは5億9,900万人、2021年までには8億4,400万人へ増加、人口の74%に達すると予測されている。ネット通販の年平均消費額は799ドルで2021年までに995ドルへ増加する見込みである。

中国のネット通販利用者数の推移(単位: 百万人)

Eコマース市場規模・商品カテゴリ

(さらに…)