【越境EC】ebayやるならShopeeもやるべき理由

「Shopee」は東南アジア・台湾で最大級のECプラットフォームであり、シンガポールを本拠地とし、マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ、フィリピン、台湾など現在では15カ国に展開している。
「ebay」は世界190カ国にわたって浸透している越境ECモールで海外販売でebayを中心に出品している事業者は多いだろう。 今回は、「ebay」と比較しながら、「Shopee」のメリットや越境ECで東南アジア・台湾を狙うなら、「Shopee」がお勧めな理由を整理した。

Shopeeとは簡単に

Shopeeは東南アジアのAmazonとも呼ばれるほど、ECプラットフォームとして認知度、利用度が高く、アプリダウンロード数は約3億以上、SNSフォロワー数1,500万以上と近年、大きな成長を見せている。

Shopeeはebayと違い、東南アジアに特化しているところがポイントで、日本からはシンガポール、台湾、インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピンの6カ国へ販売が可能だ。

また、日本には2018年「Shopee JAPAN」が設立され、 日本の越境EC事業者専用のカスタマーサポートを日本語で提供しており、アカウント登録など利用しやすくなっている。
2020年の注文数は28億回で2019年比232.8%(=132.8%増)と成長し、2020年の流通総額は354億USドル(約4兆7800億円)に達している。

Shopeeのメリット・デメリットを簡単に

(1)メリット

  • 手数料が激安:出店、店舗維持費は0円。販売手数料は売上総額の3%、決済手数料売上総額の2%。
  • 出品の言語は英語一つで5カ国に対応:シンガポール/タイ/マレーシア/フィリピン/インドネシア
  • キャッシュフローはPayonner:ebayやAmazonでPayonnerのアカウントを持っている人はそのまま使うことができる。
  • 売れ筋商品をリサーチできる:これから売れていく分野、商品、よく売れているセラーの商品にはどのような特徴があるのかなど詳しくリサーチが可能。

(2)デメリット

  • 低単価の商品売買がメイン:商品は1万円以内の商品が売れ筋商品。
  • 外国語でのお客様対応:トラブルやクレーム対応についてのカスタマーサービスは英語チャットで自社対応。
  • 売上げが上がるまで時間がかかる:東南アジアは日本より物価は安いので、格安商品、送料無料施策、割り引き率高くするなどしないと売れない。

ebayと比較 Shopeeお勧めする理由3つ

ebayでは日本の商品をアメリカを中心として世界のebayプラットフォームで販売できるが、Shopeeの場合は東南アジアが中心となり、日本からは6カ国に販売が限定されるという市場規模的デメリットはある。
だが、ebayをやるなら、ついでにShopeeも実施したほうが良いだろう。 ここでは、その理由を3つ解説する。

(1)アカウント登録が簡単

ebayのアカウント登録が難しいと言われるのは不正利用を防止すためである。 ebayの成熟した企業運営がなされているため、新規セラーに対してより審査を厳しくしている。その分、アカウント登録に関してはより丁寧に行う必要がある。
Shopeeはまだ、ebayに比べてアカウントルールは厳しくはなく、逆にebayのアカウント登録経験者であれば、簡単に感じるだろう。

(2)出品数制限(セリング・リミット)は1,000点

ebay初心者の場合、10品以内で総額500ドル(約68,000円)までの出品制限がある。それ以上出品したい場合は、イーベイジャパンの販売サポートを申し込み、承認されなければならない。
Shopeeの場合、商品数の上限はシンガポール・マレーシア・タイ ・インドネシアの場合で1,000点、台湾の場合で500点となっている。

(3)手数料が5%

Shopeeの場合の販売手数料は売上総額の3%、決済手数料売上総額の2%の合計5%である。さらに新規セラーはアカウント登録後、最初の3ヶ月間の販売手数料が0%となっている。

ebayの場合は、出品ジャンルにより手数料は変化するが、おおよそ、売上の15%〜20%が手数料となる。 (落札手数料の標準で10%程度、決済手数料4%程度、通貨換算手数料4%程度など)

Shopeeの売れ筋商品

Shopeeのターゲットは東南アジアの女性である。 つまり、日本の売れ筋商品は、コスメ・食品・ホビーが3大ジャンルと言える。
Shopee担当者記事よると、Shopee Japan共通で売れているのが、 美容・コスメと食品ジャンルで、最近ではアニメやゲームに代表される日本のホビー関連商品も伸長していると説明している。
また、台湾では国内の電圧が日本と近いこともあり、電化製品が売れ筋商品であり、シンガポールでは、化粧品、サプリメントやベビー用品が強いという。 シンガポールの富裕層は子供に優れた商品を使わせたいと日本製品が人気となっているようだ。

また、Shopeeマレーシアのデータによると、2021年6月1日から2022年6月30日の間に、ボーホー風ファッションが売れ筋商品で売上も前年比21%も増加しているという。
この機会に日本のファッションセラーの東南アジア進出を期待したいところである。

まとめ

ebayとShopeeはどちらもスモールスタートを切れるところが大きな魅力である。
さらに、Shopeeは出店料無料、販売手数料5%とebayと比べても低リスクで始められる。
東南アジアのEC市場はコロナ禍以降大きく成長しており、ebayを既に開始している事業者は、Shopeeでの東南アジア・台湾進出も実施してみるべきだろう。

参考:

関連する記事

eBay・amazon.com で販路拡大 Live Commerceで受注一元管理 出店トライアル... eBayとAmazonで販売した受注データをLive Commerceの管理画面で一元管理することができるようになりました。 現在、私が管理している大手2社のアカウントにて運用をしておりますが、受注後は各モールの管理画面に一切ログインする必要がなく、Lvie Commerce の慣れた管理画面から...
新興国向け決済ソリューション d local リリース ブラジルなど越境EC事業をさらに加速... 新興国で爆発的な売上を記録している決済ソリューション「d local」とは? Live Commerceでは本日、新興国向け決済 d local をリリースしました。 d local を利用する背景とは ... アフリカ、アジア、ラテンアメリカの一部の地域では国際的なクレジットカードではな...
eBayを個人事業レベルからビジネスにするには?... 7日から15日までの夏休みの間、タイのバンコクとフィリピンのマニラの2カ国に行ってきました。 夏休みの休暇を兼ねてeBay海外販売の本格的な現地での作業人員の確保や、オフィス相場の調査のためです。 タイは初めて行ったのですが、ネット回線速度が速く、ネットビジネス環境には最適に感じたね。 ...
越境EC ロシアのEコマース 先日15日・16日、ロシアのプーチン大統領と安倍首相が山口県長門市と東京都内の2カ所において日露首脳会談が行われた。期待した北方4島の話題はなく、平和条約への姿勢や経済協力についての話題が主な内容だったようだ。日本外交としては得るものがなく、2国間の間にはかなり隔たりがあることを痛感した内容だっ...
越境ECの落とし穴 人口減少社会に突入した今、新たな見込み消費者の開拓に企業・個人が「越境EC」という日本の商品を海外に販売するネットビジネスが今賑わっています。 よく目につくニュースといえば、海外向けの配送に関する利便性などのニュースリリースや、海外モールへの出店に関する業者のサービスリリースや企業間の提携など...
国別に見た越境ECでの売れ筋商品 いつもはeBayアメリカサイトで、どのような日本の商品が売れているのかを調べながら、その月の販売動向などを記事にしているが、今回は当社Live Commerceとご契約のお客様が越境ECで販売している商品で、よく売れている商品にはどんなものがあるのか、各国別に特徴などあるのか、などを調べてみ...

タグ: , , , , ,

コメントは受け付けていません。