« ブログのトップページに戻る

‘国内向けマーケティング’ カテゴリーのアーカイブ

schema.orgがSEO対策として無視できない存在

2017年2月20日 月曜日

 

本日の記事はWEBサイト管理者の上級者を想定しています。

SEO対策といえば、サイトのコンテンツの質を上げる、ユーザーに役立つコンテンツを作る、、、というのが一般的な認識ですが、この数年でこうしたコンテンツの質を上げるためにより具体的で、技術的な仕様が推奨されるようになってきています。

まず、SEO対策の基本中の基本であるHTMLタグですが、HTMLタグはW3C(World Wide Web Consortium ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアムという非営利団体がHTML言語における標準化を行っています。SEO対策をするにはまずHTMLタグが持つ意味と定義を理解することからはじめ、その上で良質なコンテンツを書く必要がありますよね。

ただ、WordPressに代表されるブログCMSでは、書き手はこうしたことを認識することはありません。大半のブログCMSではこうしたHTMLタグが適切にマークアップされているためです。

一方で、ブログではなく、商品などを取り扱うウェブサイト(ECサイト)では、HTMLタグの中でも、さらに一歩踏み込んだデータ標準化を推進している団体に Schema.ORG があります。当社でも昨年、ブログで解説をしています。ECサイトに必須のリッチスニペットでSEO対策 (さらに…)

 

Google Shopping 広告は実はコスパがいい件

2017年2月1日 水曜日

Google Shopping 広告について

Live Commerce では Google Shopping に商品広告を表示するためにGoogle Shopping 統合用のプラグインというものを提供しています。この機能は、世界中のGoogle 検索エンジンにユーザーが商品に関連したキーワードで検索した時だけ、Google Shoppingのページおよび、Google検索結果に貴社商品が表示されます。

商品名の一部や、抽象的なキーワード(例、Black Dress)で検索した時に、検索結果の右側に商品画像付きで表示されているのを見たことがあると思います。

Google Shopping 広告は、Google AdWordsの検索キーワード広告とは違い、ショッピング広告は商品の登録を行うだけで、ユーザーが検索したキーワードに応じてGoogleが自動的に”最適な商品広告”を表示してくれる点です。 (さらに…)

 

ドロップシッピング – 昭和の問屋から平成のオンライン問屋へ 問屋機能を潰さないための事業戦略とは?

2016年6月27日 月曜日

ドロップシッピングというと、在庫を持たないでネットビジネスをやっている、、実際に在庫を抱えている小売店舗からすればドロップシッピングなるものはビジネスではない!
と小売店の頑固おやじ社長から若者向けに罵声が飛んできそうな感じるがするが、一方でドロップシッピングという仕組みをオンラインで構築し、わずか10年足らずで50億、100億の年商を稼ぎ出すまでになっている問屋が存在することも事実だ。

本日は、従来の問屋としての機能から、ITを活用したオンライン問屋への遷移を紹介し、問屋としての事業創造を考えてみたい。 (さらに…)

 

日本ブランドメーカーの海外ネット販売入門 – B2BからB2Cへの商流転換せずに海外売上をスムーズに立ち上げる方法

2016年6月17日 金曜日

国内ネット通販と海外ネット通販のデファクト
国内ネット通販を今から新規で立ち上げるとなると、日本中のどのITコンサルに相談しても「楽天・ヤフーショッピング・Amazon・自社サイトの複数店舗で展開する」ことを薦めるのが一般的だ。規模の大小に関わらず自社サイトと併用してモールへの出店はコストが安いため、多店舗運営は現在一般化している。またこうしたモール間の在庫連携もソリューションがあるため小規模であっても同時展開は全く問題ない。一方、海外ネット通販のスタンダードはまだ「これ」というものはいまいちない。

しかし、Live Commerce利用者を中心に海外販売のデファクトスタンダードが確立しつつある。本日はこの部分を掘り下げて考察してみよう。

海外ネット通販はeBay・Amazon US・自社サイト・Discovery Japan
まず自社サイトをLive Commerceで立ち上げれば、ASPなので安価なコストで最低でも英語・中国語(簡体字)の自社サイトの開設が可能だ。次に、自社サイトをベースにeBayDiscovery Japanへの同時出店可能になる。自社ECサイト立ち上げ初期の集客はプロがやっても難しいが、eBayとDiscovery Japanを併用することで海外ネット通販の初期売上構築にかかる時間を一気に短縮することが可能になる。

eBayは既に世界に億単位のユーザーにリーチでき、Discovery Japanなら日本ブランドに興味の高いユーザーへ商品情報を訴求できるため自社サイト単独に比べればはるかにコスパはよい。

(さらに…)

 

BtoB ECサイトシステムの導入オンラインセミナー

2016年2月23日 火曜日

BtoB ECサイト構築 オンライン発注システム

 

メーカー様、卸問屋様
このような問題を抱えていませんか?

  • 業界全体の古い体質のせいか、業界の衰退を近年感じる。
  • 近年、元気のある小売店の新規開拓ができていない。
  • 自社で集めたデータをビジネスに活かせていない。
  • メーカー、卸問屋として新たなビジネスモデルの創造ができていない。
  • 少子高齢化、人口減少により小売店プレイヤーが減少傾向にある。
  • Amazonなどのオンライン小売の力が強く、自社の売上が減少傾向にある。

1つでも当てはまった場合は、BtoB向けのECシステム導入のオンラインセミナーの視聴をしてみてください。
既存のデータをオンライン化することで見えてくる新しいアイディア、新しいビジネスモデル、、、。
 


B