« ブログのトップページに戻る

Google Shopping 広告は実はコスパがいい件

   投稿者 : 2017年2月1日 By

Google Shopping 広告について

Live Commerce では Google Shopping に商品広告を表示するためにGoogle Shopping 統合用のプラグインというものを提供しています。この機能は、世界中のGoogle 検索エンジンにユーザーが商品に関連したキーワードで検索した時だけ、Google Shoppingのページおよび、Google検索結果に貴社商品が表示されます。

商品名の一部や、抽象的なキーワード(例、Black Dress)で検索した時に、検索結果の右側に商品画像付きで表示されているのを見たことがあると思います。

Google Shopping 広告は、Google AdWordsの検索キーワード広告とは違い、ショッピング広告は商品の登録を行うだけで、ユーザーが検索したキーワードに応じてGoogleが自動的に”最適な商品広告”を表示してくれる点です。

そのため検索キーワード広告のように、キーワードの組み合わせやキーワード単価や除外キーワードなどを設定する必要がありません。 これは、商品カテゴリが多いネットショップの場合、商品カテゴリ別に広告の作成・適切なキーワードのメンテナンスが不要になるので、非常にありがたい広告ですね。

ショッピング広告のメリット

  • 商品数が多くなるほど、広告のメンテナンスにかかる工数が圧倒的に少ない点。
  • 費用対効果がキーワード広告よりも良い点。
  • 広告単価がキーワード広告比べて圧倒的に安い点。

例えば、商品数が500点のネットショップが、Google AdWordsキーワード広告を行なった場合は全ての商品に対して広告を行うとなると、費用対効果が全く合わない広告予算になってしまいますが、Google Shopping 広告であれば全商品を広告掲載の対象としても、採算が十分見込める点です。
これは、一定の検索量がないとGoogle Shopping 広告自体が機能しない仕組みになっているので、売れない商品はそもそも広告の露出がないからです。

キーワード広告だと、指定したキーワードで必ず広告が表示されてしまうので、購買見込みでない消費者にも、場合によっては広告が表示されてしまいます。それを回避するために除外キーワードの設定をする必要があるので費用対効果を出すには、専門家などの協力が必要になります。

上手な運用方法

上手な運用はこちらに記載があります。商品固有のJANやISBNまたはMPNを持っているかどうかがポイントです。仮にこうしたJANやMPNを自社でわからなくても、Amazonに掲載されている商品であれば、ASINが割り当てられているので、ASIN番号からJANやISBNを復元することも可能です。

Google AdWordsでキーワード広告をやって見たがあまり効果がなかった、、、という経験がある方は、Google Shopping 広告にてリベンジをされていはいかがでしょうか? 詳細はこちら

関連する記事

注意 : Google Adwordsを初期設定のまま運用すると あなたのビジネスは破滅します... Google Adwords でインターネット広告を利用している方へ インターネット広告への投資はギャンブルでも確率論でもない、ルールと計算に基づいて高い投資対効果をあげる事ができる。 400%、1000%、場合によっては5000%以上のROIを出している企業もあるかもしれない。しかし、こ...
初心者マーケターにありがちな… 今すぐやめるべきGoogle Adwordsの10の間違... インターネットマーケッターは、Google Adwordsの利用が自社サイトにトラフィックを呼び込む優れた方法であることを知っています。適切に管理しないと値が張る可能性もあるため、投資に対して最大のリターンを得られるようキャンペーンを管理することが重要です。 不適切に管理されたキャンペーンだと収入...
あなたはたぶん知らないGoogle Adwords 3つの重要事項... 海外向けネットショップの集客には切っても切れない関係なのがGoogle Adwordsです。 今日は、Google Adwordsについてよくある質問にお答えしたいと思います。 初心者向けに説明すると、Google AdwordsとはGoogle検索入力時にトップもしくはサイドに表示される...
ECサイト運営者は今すぐ活用しよう「Google AdWords動的リマーケティング広告」... Webサイトを見ていると、見覚えのある商品画像に”追いかけられている”と感じることがあります。これは、サイトに訪れたユーザーを後追いし、別のサイトでその時に見ていた商品を広告として表示し再来訪を促す広告で、動的リマーケティング広告、ダイナミックディスプレイ広告などと称されてい...
自社サイトで新規流入を増やす為にキーワード調査をどうやってやる? Google で利用できる無料ツー... Eコマースに欠かせないSEO(検索エンジン最適化)を、皆さんは意識しているはずです。実は、自社の商品が、どういった検索ワードを入力されて買い手の目に留まったか!? それを知らせてくれる便利なツールを、Googleは既に提供しています。今回は、その“Google Keyword Planner To...
schema.orgがSEO対策として無視できない存在...   本日の記事はWEBサイト管理者の上級者を想定しています。 SEO対策といえば、サイトのコンテンツの質を上げる、ユーザーに役立つコンテンツを作る、、、というのが一般的な認識ですが、この数年でこうしたコンテンツの質を上げるためにより具体的で、技術的な仕様が推奨されるようになって...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。