« ブログのトップページに戻る

ECサイトへのアクセスは何から行われ、何がよく買われているか?

   投稿者 : 2017年7月24日 By

イメージ画像

我が国のインターネット環境は、ますますスマートフォン主流の時代になりつつあるようだ。
その内容を裏付けるのが、7月13日に公表された、「MakeShop」のECサイトへのアクセス数の統計データである。この内容を見ると、ECサイトへのアクセスディバイスはパソコンからスマートフォンへシフトしているのが見てとれる。
今回はこの「MakeShop」のデータとニールセンの「オンラインショッピングのレポート」をもとに、2017年の消費者動向をまとめてみた。

 

●ECサイトへのアクセスは確実にスマーフォン経由に

スマーフォン端末の普及とともに、ECサイトへのアクセスは確実にスマーフォン経由が増えているようだ。
7月13日公表の「MakeShop」のデータによると「アパレルカテゴリー」のスマーフォン経由のPV数は、前年比25%増となっている。
また、「家電カテゴリー」でのPV数は、パソコン経由がスマホ経由より多くなっているがその差は徐々に縮まっているのがわかる。

 

家電のアクセス

図の出典:http://www.makeshop.jp/main/company/press_detail.html?date=20170713150000&type=press

 

●SNSからの流入が増え、Instagremが急上昇という結果

また、「MakeShop」で構築されたECサイトのPV経路の統計結果についても公表されている。
2016年の主要SNS経由の合計PV数は前年比21%増の1,154万件なっており、Twitter経由は減少し、Facebookは増加傾向、特にInstagramはユーザー数の増加を背景にPV数は急増し、2016年は前年度比、約260倍の137万5725件とSNSではInstaramからECサイトへ流入するというケースが大幅に増えた結果となっている。
SNSからの流入は検索エンジンに次ぐ勢いで、伸長しており、ECサイトのSNS、特にInstagramを中心とした集客、売上の拡大は今後も施策してゆく必要があるだろう。

twitterからのアクセス

 

facebookからのアクセス

 

instagramからのアクセス

図の出典:http://www.makeshop.jp/main/company/press_detail.html?date=20170713150000&type=press

 

●ネットショッピングのメリットは「安く購入できる」ということ

2017年6月にはニールセン デジタル株式会社による「消費者のオンラインショッピングの利用動向レポート」を発売した。
その中でオンラインショッピングと実店舗で購入する頻度を比較したデータを見ると、消費財(例えばアパレル商品などの消耗品)の場合は実店舗で購入する頻度が高く、55%と半数を超えていた。
また、耐久財(例えば家電などの耐久商品)の場合はオンラインで購入する頻度が高く、46%とオンラインで購入する比率が高いという結果となっている。

消費財と耐久財

 

また。消費財と耐久財を購入する理由を見ると、消費財でも耐久財でも、「実店舗よりも安く購入できるから」という人が最も多くなっている。
2位以下では項目により違いがあるが、消費財では「重い物やかさばるものを持って帰らなくて良いから」、耐久財では「実店舗よりも品揃えが良いから」という理由が上位にランキングされている。

消費財と耐久財の購入理由

 

時代はスマートフォンの普及により、スマートフォン一つでいつでもどこでもシステムを利用したり、商品やサービスを検索し、購入できるようになった。
今回のこのデータを見ると、消費財と耐久財では耐久財の方がネットショップ利用率が高く、その理由としては、「実店舗より、安く買えるから」という理由で利用するケースが通常のようだ。
このようなデータを把握した上で、メーカーやショップ運営者はサービスを提供してゆく必要があるだろう。

図の出典:http://www.netratings.co.jp/news_release/2017/07/Newsrelease20170719.html

 

●まとめ

スマートフォンの普及は東京地区では77.5%(2017年)で、50代以下では全国では7割以上がスマートフォンを持つ時代となっている。
スマートフォンの普及は同時にアプリの普及となり、SNSの普及へと紐付けられるだろう。
ECサイト運営者がこの消費者ニーズ、市場トレンドをいち早くつかみ、ECサイトにうまく融合させ、サービスに反映してゆくことが求められる。

関連する記事

本当に消費者が求めていることとは?... アクセンチュア・ストラテジー社は、「デジタル世代」と言われる若い層も含め、顧客満足度の最も重要な要素について調べた。今回はストラテジー社の「Digital Disconnect in Customer Engagement report」 調査内容をもとに、消費者は”今、どんなサービ...
2016年、日本のEC市場はどうだった? 今回も前回に引き続き経済産業省から2016年の「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、15兆1,358億円。前年より9.9%増加したとしている。 各分野では物販系分野で8兆43...
ユーザーを呼び込む、インバウンドマーケティングとは?... 情報化社会、IT化の現代では、興味のあることや欲しいものは、インターネットで何でも調べることができ、自分の欲しいものは自分で調べたり、探す人たちが増えてきた。そのような中では従来型のユーザーを追いかけるマーケティング手法だけでは、ユーザーを掴むことが難しい時代となってきている。 2015年調...
EコマースとMコマースの違いとは? 最近のショッピング事情と言えば、従来の店舗に行って実際に商品を手に取ってレジで並んで購入するスタイルではなく、オンラインで好きなものを自由な時間に購入するスタイルにシフトしているようだ。 各個人ののショッピングスタイルの好みによるが、まず、オンラインで購入する場合、一般的に知られているEC...
フランスの靴下専門ECによる、虹色のウェブデザイン... 日本国内における、靴下専門のオンラインストアといえば、まず思い浮かべるのがTabioでしょうか。同社のECサイトを見てみると、1列4枚のサムネイル画像を掲載し、各画像に “コンテンツ”を持たせています。例えば、「浅野忠信コラボ」や「オシャレ読モの足もとコーデ」などです。しかし...
インドネシア ネット通販 2021年までに利用者数4210万人へ... 本稿ではインドネシアのソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。 経済 インドネシアは人口2億5,800万人、GDPは8,620億ドルであり1人あたりのGDPは3,906ドルで2021年までに5,170ドルへ上昇が期待されている。インドネシアは2015年から2021年に...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。