ECサイトへのアクセスは何から行われ、何がよく買われているか?

イメージ画像

我が国のインターネット環境は、ますますスマートフォン主流の時代になりつつあるようだ。
その内容を裏付けるのが、7月13日に公表された、「MakeShop」のECサイトへのアクセス数の統計データである。この内容を見ると、ECサイトへのアクセスディバイスはパソコンからスマートフォンへシフトしているのが見てとれる。
今回はこの「MakeShop」のデータとニールセンの「オンラインショッピングのレポート」をもとに、2017年の消費者動向をまとめてみた。

 

●ECサイトへのアクセスは確実にスマーフォン経由に

スマーフォン端末の普及とともに、ECサイトへのアクセスは確実にスマーフォン経由が増えているようだ。
7月13日公表の「MakeShop」のデータによると「アパレルカテゴリー」のスマーフォン経由のPV数は、前年比25%増となっている。
また、「家電カテゴリー」でのPV数は、パソコン経由がスマホ経由より多くなっているがその差は徐々に縮まっているのがわかる。

 

家電のアクセス

図の出典:http://www.makeshop.jp/main/company/press_detail.html?date=20170713150000&type=press

 

●SNSからの流入が増え、Instagremが急上昇という結果

また、「MakeShop」で構築されたECサイトのPV経路の統計結果についても公表されている。
2016年の主要SNS経由の合計PV数は前年比21%増の1,154万件なっており、Twitter経由は減少し、Facebookは増加傾向、特にInstagramはユーザー数の増加を背景にPV数は急増し、2016年は前年度比、約260倍の137万5725件とSNSではInstaramからECサイトへ流入するというケースが大幅に増えた結果となっている。
SNSからの流入は検索エンジンに次ぐ勢いで、伸長しており、ECサイトのSNS、特にInstagramを中心とした集客、売上の拡大は今後も施策してゆく必要があるだろう。

twitterからのアクセス

 

facebookからのアクセス

 

instagramからのアクセス

図の出典:http://www.makeshop.jp/main/company/press_detail.html?date=20170713150000&type=press

 

●ネットショッピングのメリットは「安く購入できる」ということ

2017年6月にはニールセン デジタル株式会社による「消費者のオンラインショッピングの利用動向レポート」を発売した。
その中でオンラインショッピングと実店舗で購入する頻度を比較したデータを見ると、消費財(例えばアパレル商品などの消耗品)の場合は実店舗で購入する頻度が高く、55%と半数を超えていた。
また、耐久財(例えば家電などの耐久商品)の場合はオンラインで購入する頻度が高く、46%とオンラインで購入する比率が高いという結果となっている。

消費財と耐久財

 

また。消費財と耐久財を購入する理由を見ると、消費財でも耐久財でも、「実店舗よりも安く購入できるから」という人が最も多くなっている。
2位以下では項目により違いがあるが、消費財では「重い物やかさばるものを持って帰らなくて良いから」、耐久財では「実店舗よりも品揃えが良いから」という理由が上位にランキングされている。

消費財と耐久財の購入理由

 

時代はスマートフォンの普及により、スマートフォン一つでいつでもどこでもシステムを利用したり、商品やサービスを検索し、購入できるようになった。
今回のこのデータを見ると、消費財と耐久財では耐久財の方がネットショップ利用率が高く、その理由としては、「実店舗より、安く買えるから」という理由で利用するケースが通常のようだ。
このようなデータを把握した上で、メーカーやショップ運営者はサービスを提供してゆく必要があるだろう。

図の出典:http://www.netratings.co.jp/news_release/2017/07/Newsrelease20170719.html

 

●まとめ

スマートフォンの普及は東京地区では77.5%(2017年)で、50代以下では全国では7割以上がスマートフォンを持つ時代となっている。
スマートフォンの普及は同時にアプリの普及となり、SNSの普及へと紐付けられるだろう。
ECサイト運営者がこの消費者ニーズ、市場トレンドをいち早くつかみ、ECサイトにうまく融合させ、サービスに反映してゆくことが求められる。

関連する記事

「O2O」の発展形、「OMO」とは何か?   「オンラインからオフラインへ」を意味する「O2O」というワードをよく耳にする。 そして今、小売業界では「O2O」から、新たに「OMO」というワードが注目されてはじめている。 「O2O」はもはや当たり前のマーケティング手法であり、これからは、「OMO」の時代というわけだ...
ユーザーは何を基準に選んでいる? アメリカと中国の違い... 越境ECサイトを構築されるお客様で、見落としがちな点は、海外ユーザーの「集客」である。 お客様の中には、越境ECサイト構築を行う際「集客」をどのように行うかを考えずに、サイト構築を進めるケースがある。 つまり、お客様としては、日本で売れた商品であれば海外でも売れる。良い商品と良い越境EC...
Instagramをビジネスで利用する 2010年に始まったInstagram(以下インスタグラム)は、スマフォカメラアプリで、撮影した写真を加工し、投稿するSNSアプリである。2015年9月時点でグローバルユーザーは4億人、国内では810万人のユーザーがこのアプリでSNSを楽しんでいる。昨年、2015年にはInstagram広告がリ...
10月1日から免税対象品目が全品目に拡大、訪日外国人向けのネットを活用した新ビジネスモデル... 政府発表の資料によれば、2013年は過去最高の外国人訪問者数を記録したそうです。 そしてこの訪問者数を2020年までに2,000万人まで増やす目標は既に発表されている通りです。 特に、アジア圏からのビザ規制緩和によって訪問者数を増やす戦略のようです。 この数字が順調に伸びていくと、外国人観...
経済産業省が発表! 2015年のEC市場調査結果... 経済産業省は6月14日、 「平成27年度我が国情報経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。内容は日本の電子商取引市場の実態、日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果を元に国内のEC市場や越境EC市...
拡大する越境EC 今後の課題は何? 先日、イーベイ・ジャパン株式会社より、越境ECのに関するアンケート結果が公表された。 これは日本の企業でイーベイ・ジャパンのサービスを活用し越境ECを3年以上行っている111社の担当者111名に対して行ったものである。 アンケートの概要としては、越境ECの手応えを感じたのは、「1年以内」...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ