万博開催のドバイ 活況するアラブ首長国連邦(UAE)のEC市場トレンド

タイトルイメージ画像

10月1日から2022年3月31日まで、アラブ首長国連邦(以下UAE)のドバイでは、中東初の国際博覧会「ドバイ国際博覧会(ドバイ万博、Expo 2020 Dubai)」が開催されている。
私のドバイのイメージは、とにかく世界一の高層ビル群といったものである。
世界で最も高いところに位置する屋外プール「アドレス・ビーチ・リゾート」や、「バージュ・カリファ」は、高さ828メートルの世界一高い建造物である。
そして、この10月21日には、 世界最大の観覧車「エイン・ドバイ」が完成する。
ドバイは近年、外国資本の流入により大きく成長し、UAEでは「経済のドバイ」と呼ばれている。
今回は、このアラブ首長国連邦(UAE)のEC事情について調べた。

アラブ首長国連邦(UAE)の基礎データ

UAEは、7つの首長国から成っている中東の連邦制国家である。
7首長国とは、アブダビ首長国、ドバイ首長国、シャールジャ首長国、アジュマーン首長国、ウンム・アル=カイワイン首長国、フジャイラ首長国、ラアス・アル=ハイマ首長国である。UAEの首都はアブダビ市である。
UAEの経済は、石油や天然ガスといった天然資源による歳入が中心であるが、最近はサービス産業に力点を置き、多角化しつつある。
2020年、UAEはコロナの影響で原油価格が落ち込み、経済的苦境となった。
UAEはこの石油依存からの脱却、脱石油政策に向け、大きく転換を図っている。
その一つが、投資家、医師、発明家、科学者など、UAEに必要とされているスキルを持つ外国人に対して、パスポートの発行を開始した。
このパスポートの取得は市民権を得ることであり、取得できれば、アラブ国民と同様の手厚い恩恵ををうけることが可能となる。
アラブ政府は、投資家や優れた才能を有する人々をUAEに集め、経済活性化を図っている。

以下に「Hootsuite UAE 2021」などによりUAEの基本データをまとめた。

  • 人口:994万人(2021年1月)
  • 男性:69.0% 女性:31.0%
  • 面積:83,600㎢(JETRO) (北海道と同じ面責)
    (アラブ首長国連邦の人口の87.2%は都会の中心部に住んでおり、12.8%は地方に住んでいる)
  • 首都:アブダビ
  • 通貨:UAEデイルハム(AED) 1AED=29.26円(2020年7月)
  • 言語:アラビア語(公用語)、英語、ヒンズー語、マラヤム語、ウルドゥー語、パシュトー語、タガログ語、ペルシア語(アメリカ中央情報局)
  • インターネット普及率:99.0%(2021年1月)
  • モバイル接続数:総人口の171.6%に相当
  • スマートフォン普及率:97.6%
  • PC普及率:68.6%
  • ソーシャルメディアユーザー:984万人(2021年1月)
    (Youtube:87.4% Facebook:81.4% WhatsApp:80.2%)
  • EC利用率:59.7%
  • クレジットカード保持率:45.4%

UEAのEC市場規模

ジェトロの資料によると、UAEの2017年時点のEC市場規模は27億8900万ドル(約314億円)、2020年には53億2100万米ドル(約600億円)となり、年率約24%で拡大するとされている。
さらに、2024年には97億100万米ドル(約1兆円)の規模に到達するとも予想されている。
現在、UAEではスマートフォンの普及から、モバイルコマースが大きく成長している。
2020年はモバイルによるEC利用が42%に増加した。今後はさらにモバイルコマースは拡大するだろう。

zu01

新型コロナの影響で変化したのが決済の方法だ。
これまで、UAEの主流だった決済は代金引換っだったが、衛生対策と非接触型決済であるクレジット決済が大きく増加した。

さらに、コロナ禍によりECで商品カテゴリにも変化があった。
「食品・パーソナルケアアイテム(美容・化粧品、)」が急増し、2020年の約6億8,000万ドル(約770億円)が、2024年には約14億4,000万ドル(約1,590億円)の約2.5倍の大幅増が見込まれている。
他にも多くのECカテゴリにおいて成長が見込まれており、家具セグメントが約2.2倍、ファッション(衣料・靴)が2倍、おもちゃ、趣味・DIY 用品セグメントが約1.8倍、電子メディアは約1.6倍など、アフターコロナにおいても、消費者の買い物はオンラインサービスを利用し、今後も拡大するだろうとしている。

zu02

UAEの主要ECサイト

UAEにおけるECサイトは大きく分けると、AmazonのようなECモールとして総合型、リアル店舗はないが、ECのみでファッションや生鮮青果になどECカテゴリに特化したもの、さらに、スーパー店舗とECサイトを同時に運用しているリアル店舗&ECというタイプがある。
ここでは、UAEで代表的な総合ECモールの「Amazon UAE」、アパレル専門の「NAMSHI」、総合スーパーとECを運用する「Carrefour」を取り上げる。

(1)Amazon初の、アラビア語サイト「Amazon.ae」

「UAE Amazon」は、Amazonがドバイに本拠を置くEC企業スーク・コム(Souq.com)を2017年に買収し「Amazon.ae」としてスタートさせたもの。
スーク・コムで販売されていた31カテゴリー約940万点の商品に加え、アメリカAmazonから500万点が拡大販売され、国内外の事業者による出品を合せると約3,000万点もの商品をUAE消費者が購入できる巨大ECモールである。

(2)国内外の企業が注目するファッション専門ECサイト「NAMSHI(ナムシ)」

服、靴、アクセサリー、コスメなどの約600ブランドの商品を扱う「NAMSHI(ナムシ)」はUAEを中心としたファッション専門のオンラインショップである。
「NAMSHI」は、国内はもとより海外からの商品も取り扱っており、日本からも出品が可能だ。地域別では、欧州、アメリカ、トルコなどのブランド商品が多いと言う。
強みとしては、国内店舗では扱っていない海外ブランドの多様な商品を提供している点にある。
毎月1,500万人がサイトを訪れ、そのうち120万人が実際に商品を購入しており、利用者は20歳以上のファッションが好きな女性が中心となっている。

(3)世界最大のスーパーマーケットチェーン「Carrefour(カルフール)」

UAEの「Carrefour」はアメリカのWallmarketのようなものだ。
「Carrefour」はフランスに本社があり、世界各地にスーパーマーケットチェーンを展開する小売企業である。
Carrefourは1995年、アラブ首長国連邦、デイラのシティセンターに最初の超大型スーパーマーケットをオープンした。
Carrefourには、食料品から家電製品,医薬品,生活用品,宝石,工具,おもちゃなど何でも揃っている。
2020年、新型コロナでオンライショップ「Carrefour」の売上急増を受け、今、DXによる事業の拡大を加速させている。

UAEの越境EC市場

UAEにおける越境EC市場は、EC市場の3割程度を占めるとジェトロでは公表している。
UAE消費者は越境ECで良く買い物を行っていると言える。
そして、越境ECでの販売方法としては、UAEの有名ECプラットフォームへの出品と言うものが主流とある。
出品が可能となっているのは、前段で説明した「Amazon.ae」、「Namshi」と「Bashracare(スキンケア商品など専門サイト)」などとなっている。
また、売れ筋商品は、衣料・靴(31.2%)、家電(27.6%)、電子メディア(16.4%)とあり、新型コロナでは、女性の「海外パーソナルケアアイテム(美容・化粧品)」が急増している。
ただし、化粧品、医薬品、食品に関しては、UAEで販売するには必要な手続き(UAE政府への登録)をメーカー負担で完了済みであることが条件となっている。

また、関税に関してUAEは、個人利用のための小口貨物は非関税となっている。ただし、小口貨物となるかどうか明確な基準がないともある。
UAE消費者の特徴としては、あまり長い文章は読まないのがアラビア人らしい。簡潔で明瞭な商品紹介で、詳細はYouTubeな動画で実演するのが効果的である。

まとめ

新型コロナの影響でけUAE経済は減速したが、EC市場は多くの分野で活況した。特に、美容などパーソナルケア、ペットケア、アパレル、家電が大きく成長した。
現在、UAEのコロナは収束に向かっており、この10月から開催されているドバイ国際博覧会は、来場者数2,500万人と予測されている。まさに、ドバイ万博はUAE経済活動再開のインセンティブとなり、様々なビジネスに大きな利益をもたらすことだろう。
UAEは可処分所得の高さ、インターネット・スマホの普及、都市人口率の高さ、輸送ロジスティクスネットワークの充実、テクノロジーに精通する若者の人口の増加など、オンライン・ショッピングに適した土壌があり、今後、UAEのEC市場はさらに勢いを増し拡大すると予想される。
日本企業は早期にUAEをターゲットとした海外販売事業を検討すべきである。

参考:

関連する記事

アメリカ TPP離脱の場合、越境ECはどうなる?... アメリカ大統領選挙で大逆転勝利したドナルド・トランプ氏。世界はトランプ氏がこれまでに発言したことを、大統領就任後、公約として実行するかが注目している。 これまで、トランプ氏の発言は様々なメディアで取り上げられ、読者も周知のことだと察する。 今回は、そのトランプ氏の様々な発言の中でも「アメリ...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.March)... 日本政府は、国の成長戦略の1つとして2020年までには、中堅・中小企業の輸出総額を2010年度比の2倍にするとの目標を掲げている。 そのため、今年はさらに、国、地方自治体は海外販売、海外進出を行おうとする企業に対してさまざまな支援、サポートを積極的に行おうとしている。その一例が補助金・助成...
中国の「インターネット安全法」は越境ECにどう影響する?... 越境EC事業者ならご承知のことと思うが、中国ではGoogle検索はもちろん、Facebook, YouTube,Twitter,LINEも使えない厳しい情報規制が敷かれている。そして、新たに2017年6月1日より、ネットに関する新しい法律「インターネット安全法」が施行された。 この法律は中...
フランスの越境EC、Eコマース事情 先週5月12日、フランスはパリでテロと思われる事件が、さらに、インドネシアでも「イスラム国」系の犯行と思われる事件があった。痛ましい限りだが、フランスでは今、結束してテロ撲滅とテロに屈することのなく、戦う姿勢を内外に示している。 フランスといえば、観光立国でもある。インバウンドでは年間観光...
中国向け越境EC市場の今とこれから(富士経済調査などより)... 中国のEC市場は、旺盛な購買意欲に支えられて著しく成長していることは、周知の事実だ。 数年前に日本を賑わせた爆買いから2016年は、越境ECに市場は移行し、まさに、越境EC元年とも言える年であった。その内容を裏付ける報告書が富士経済より発表された。報告書は「中国向け越境EC市場の実態と今後...
ebay.comで人気の日本の商品を調べてみた(2016−JUNE)... 前回2015年12月にも行ったが、今回も引き続き、世界的に有名なオークションサイトebay.comではどんな商品が売れているか? 6月8日にキーワードを"japan"として約300点ほど調べ、グラフ化した。ただし、調べる日時によっては内容に差異があることを了解いただきたい。 ...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ