« ブログのトップページに戻る

ブランド構築に欠かせないものは何ですか?

   投稿者 : 2016年6月14日 By Comments (0)

イメージ画像

企業にとって競争力を高め、優位になるためには、技術力や営業力、さらに生産力など様々な要素が必要であるが、とりわけ重要なのがブランド力を高めることだといわれるようになった。”ブランド”とは一昔前はファッションやバッグなどの高級品のことを意味し、商材など扱うの企業には関係ないという認識があったが、”ブランド”という意味はユーザーや社会にとって価値あるもの全てを指し、商品だけではなく、サービス、空間、人や街までも、さまざまなものが”ブランド”になりうるという考えが広まっている。
今回はこの”ブランド”を取り上げ、ブランド構築に必要なものは何かを見てみよう。

そもそもブランド構築とは? ブランディングとは何ですか?

ブランド構築とは、企業が他社と比較したときの優位性や強み、差別化といった要素を明確にすることである。つまり、ブランドの構築とは企業の「社会にとっての有用価値、魅力ある個性=らしさ」作り出すことである。
企業の埋まっている「強みや差別化の要素」を掘り起こし、それを明確化、明文化することである。
そして、ブランディングとはブランド構築したものをingする、つまり継続することである。会社らしさや持ち味といったものを特定し、その価値を感じてもらう”活動”がブランディングである。
会社のもつ”共通イメージ”といったものをユーザーに持たせる活動をブランディングといい、”共通イメージ”とは会社名、ロゴ、コピーやポジショニング、製品デザインなどすべてである。

 

ブランド構築に欠かせない3つの要素

ブランド図

 

1.独自性

ブランド力は自社の強み、競合との差異、顧客ニーズを明確化し、他社製品との違いがはっきり差別化されているかが重要である。平均的なものや無難なものではブランドとして成立しにくく、顧客のロイヤリティは育ちにくい傾向にある。独自性つまり、オリジナリティを強く打ちだすことでブランドしての価値、存在意義を高めなければならない。

 

2.アイデンティティとしてスタイルを可視化

ブランドらしさを”形”にする。企業の独自性ある象徴物、スタイルとして重要なのは「CI(Corporate Identity)」である。ロゴやコーポレートカラー、コピーなどは、企業の独自性をうち立たせるための大切な要素である。さらにサービス、お店であれば空間デザインなどもブランドイメージを具体的にスタイル化、可視化する要素である。

 

3.共感性

企業ブランドが浸透するためには、ユーザーから”いいね”と共感されることが必要である。共感する人たちが顧客となり、ファンとなり、ブランド信者となる。共感が集まれば集まるほどブランド力は強くなり、製品を購入しまた、SNS、口コミで広まっていく。そして、新たな消費者が共感することによって、良いブランドサイクルが生まれるのである。

 

 

まとめ

フィリップ・コトラー教授は、”ブランド”とは、「個別の売り手または売り手集団の財やサービスを識別させ、競合する売り手の製品やサービスと区別するための名称、言葉、記号、シンボル、デザイン、あるいはこれらの組み合わせ」と定義している。
他社との差別化、企業個性の明確化といえるブランディング。これが継続できれば「高い利益率の確保」、「販売促進の効率化」、「成長戦略の可能性の拡大」など様々なメリットを得ることができる。

関連する記事

住所を知らない相手にギフトが贈れる「ソーシャルギフトサービス」が面白い!... FacebookやTwitterなどソーシャルメディアを利用して、住所を知らない友人でも、ギフトが贈れるソーシャルギフトサービスが増えています。ソーシャルメディアの利用者が増えるにつれて、誕生日や結婚、出産、引越といった情報が入手しやすくなり、従来よりもギフトを贈るきっかけが増えていることが背景にあ...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.June)... 2018年も6月。日本は西から梅雨期に入って行く。今年の6月(梅雨の時期)は暑さに注意で、沖縄など梅雨に入っているが、気温はかなり高くなる見込みだ。今月も最新の補助金、助成金情報をまとめた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金...
アメリカ TPP離脱の場合、越境ECはどうなる?... アメリカ大統領選挙で大逆転勝利したドナルド・トランプ氏。世界はトランプ氏がこれまでに発言したことを、大統領就任後、公約として実行するかが注目している。 これまで、トランプ氏の発言は様々なメディアで取り上げられ、読者も周知のことだと察する。 今回は、そのトランプ氏の様々な発言の中でも「アメリ...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2019年12月)... 今年も1年の最後の月、12月に入った。12月は旧暦では師走(しわす)とも呼ばれ、師走は「師が忙しく走り回る時期(僧侶も仏寺で忙しく走り回る)」からきており、一年で一番忙しい時期である。 今月も最新の補助金、助成金情報をまとめた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返...
こんなに違う! 世界と日本のブラウザシェア... 現在、2015年の時点で、Webブラウザのシェアはいったいどうなっているいるのだろうか? ブラウザは日本国内、世界では多数混在しているが、Webブラウザは大きく分けるとインターネットエクスプローラー(IE)とグーグルクロム(Chrome)、ファイアフォックス(firefox)、サファリ(sa...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2019.October)... 10月は別名、神無月(かんなづき、かみなしづき)とも呼ばれ、神無の「無」は「の」という意味があり、「神の月」という意味である。つまり、10月は「神様を祭る月」なのである。 また、今月より消費税が10%に上がった。この税率アップはどこまで家計に響くのだろう。キャッシュレス決済を賢く活用し、出...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 



コメントをどうぞ