« ブログのトップページに戻る

越境ECのドメイン 7つの基本ルール

   投稿者 : 2018年4月26日 By

イメージ画像

越境ECをはじめるときに重要なポイントなるのが、どのようなドメインが良いか?ということだ。ドメインは希望したものが取得できないケースもあるので、早めに行うのが賢明だ。
越境ECの場合、ドメインは国、地域ごとに分けたほうがいいのか?また、言語ごとのURLをどう設定するか?など、取得する前に迷っている方が多い。
独自ドメインを取得すれば、お客様や取引先の信頼感を増すことができる。今回は、このドメインを決めるときの注意点、ポイントなどを説明したい。

 

●世界に一つだけの独自ドメインのルールとは?

ドメインとは「インターネット上の住所」のようなものであり、先着順で同じ名前で重複することはできない。
この世界に一つだけの住所を取得することで、越境ECでは、オンラインショップをオープンすることができる。 たくさんのお客様に来ていただくためには、シンプルでわかりやすい名前が良いだろう。
通常、ECショップの場合のドメインは、ショップ名をベースに”.com”などとする場合が多い。 ドメイン名に使える文字には下記のルールがある。

  • 3文字以上63文字以内
  • 半角英数字(A~Z、0~9、-[ハイフン])
  • -[ハイフン]は先頭と末尾には使用できない
  • 大文字小文字の区別はなく、同じ扱いになる

また、日本語のドメインも取得できるが、越境ECのドメインとしては相応しくないので、説明は割愛する。

 

●越境ECでドメインは何が良いのか?

ドメインで人気なのは、「.com(ドットコム)」である。
「.com」は商用業種が主で「.net」はネットワーク用「.biz」もビジネス向けには良いだろう。 また、「.jp」は信頼性が高くなるというメリットはあるが、維持費が高くなる。 独自ドメインの維持費は、「.com」なら毎年、950円、「.jp」なら2980円のコストがかかる。

越境ECの場合、基本は「.com」が良いだろう。
「.com」に慣れているユーザーが多いので、覚えてもらえるメリットがある。 越境ECの場合は、その他に属性型・地域型ドメインにすることもある。
例えば、タイなら「.co.th」、インドネシアなら、「.co.id」などは、現地を拠点に越境ECを展開している場合のみで、1つのドメインで、いくつかの国を対象に展開する場合はやめた方が良い。

 

●ドメインの決めるときの7つの注意点

越境ECの場合のドメインの悩みどころは、外国語表示のためのドメイン、URLをどうするかというところだろう。設定には3つの方法があり、それぞれにおいて、検索エンジンやユーザーに伝わることがある。

3種のドメイン

下記にドメイン、URLの設定についての7つの注意点をまとめた。

 

(1)各言語ページが’簡単に見つけられるようにする

各言語ページには別々のURLにして各言語ページ間で相互リンクし、言語選択を間違ってしまったユーザーもワンクリックで、適切な言語ページに移動できるようにするのがベスト。
また、翻訳を自動的に行われないようにすることも重要である。リダイレクトを行うとユーザーや検索エンジンがサイトの言語ページを見ることができなくなるからだ。

 

(2)URLからページコンテンツの言語が何であるかわかるようにする

Google ではページのコンテンツから言語を判断するが、ユーザーもURLからページコンテンツの言語の手がかりを得ることができるようにする。
例えば、サブディレクトリにfrをしようすれば、そのページがフランス語のページだと示すことができる。

 

(3)サブドメインとサブディレクトリはどちらが良いか?

多言語で表示が必要な越境ECサイトの場合、言語表示ページにサブディレクトリ(example.com/en)か、サブドメイン(en.example.com)のどちらが良いのだろう。また、どちらがSEOに効果的かなど、聞かれることが多いが、どちらが必ず良いという正解はない。
言えるのは、大規模なサイトになることを前提であれば、サブドメインで設定するのが良く、それ以外はサブディレクトリの方がSEO的にはオススメである。
なぜなら、Googleはユーザーの使いやすさを前提にサイト評価している。英語であれば、“en”、中国語であれば、“cn”のように対応する言語を使用すれば、ユーザーが言語を間違えた場合、この“en”、“cn”を直接変更するだけで良いからだ。

 

(4)wwwは統一する

https://www.example.com/ja
https://example.com/ja
の両方でアクセスするのは良くない。 ポイントはhttps://example.com/ja としたら、https://www.example.com/jaでアクセスしてきたユーザーも自動でhttps://example.com/ja へ転送されるようにすべきである。

 

(5)越境ECはSSL対応にする

これからのサイトは、SSL対応(サーバー間の通信暗号化)することは、SEO対策としても必須である。Chromeなどのブラウザでは、SSLに対応していないサイトの場合、なんらかの警告表示を行う予定がある。すでにサイトを作ってしまっていて、未だ、対応されていない場合は、早めに対応すべきである。

 

(6)ドメインにアルファベット以外は入れない

お店の名前が日本のお店だからといって、ドメインを日本語の文字列や、アルファベット以外の数字やハイフォンなどは使わない方が良い。

 

(7)検索エンジンに正しい評価を受ける

現在のページに、多言語に対応した別ページあるとき、そのページ存在を検索エンジンに伝えるためのタグがあるので、ページソースに記述することをオススメする。
<link rel=”alternate” hreflang=”国別コード” href=”他言語サイト対象ページURL” />
rel=”alternate” とは現在のページの代わりになるページが存在することを示す属性値である。
検索エンジン対策では、同じ内容のページを掲載した別ページが存在するとマイナス評価になる。同じ内容のページが存在するページ理由を検索エンジンに伝え、正しく評価を受けるようにすることが、順位をあげることに繋がるだろう。

 

●まとめ

ドメインはサイトの顔である。慎重に決める必要があるだろう。
ドメインは後から、変更しようとすると大きな工数が発生し、膨大な機会損失になる。ドメイン取得のポイントしては、サイトの規模、運用状況により、URLの構造を決めること。
さらに、サイト上でユーザーが簡単に言語選択ができるようにすることだろう。 また、Live Commerceでは独自ドメインを利用できるのは、シルバープラン以上になるので、ご注意いただきたい。起業家プランでは共有ドメインとなる。

関連する記事

【海外版】SEO対策 Google検索の仕組みについて... Google検索エンジンの利用者数は年々増加している。Googleは様々な機能を使い、日々検索機能は進化している。誰もが気になるSEO対策について、まず、Search Engine LandというGoogleが自ら発信している情報をもとに、基本的なGoogle検索の学習機能の技術について調べてみ...
ドイツ、スウェーデン、ルクセンブルクの2015年のEコマースをレポートする... ドイツでのオンラインやメールオーダーの注文による売り上げが昨年度より12%も増加している。この増加 は、店舗での販売を大幅に超えている結果となり、成長率は3.1%、2015年のドイツでのオンライン販売総売り 上げは598億ユーロという莫大な金額だ。 今回はドイツ、スウェーデン、ルクセンブルグ...
越境EC はじめの一歩 越境ECに関する経済産業省がまとめた平成29年度の資料では、昨年、2016年の日本の中国消費者向け電子商取引(BtoC-EC)は前年比30.3%増の1兆366 億円、アメリカ消費者向け電子商取引(BtoC-EC)は、前年比14.4%増の6,156 億円と中国向け越境EC市場が大きな伸びを見せ...
越境EC “言語”のハードルを超えるには... 越境ECの第一のハードルは言語である。国内ECサイトから仕様を海外販売のサイトにチェンジしサイトを構築するには、まずサイトを日本語で作成し、そのあとに、英語、中国語などにテキストを翻訳していく必要がある。 日常会話ならなんとか訳すことはできても、越境ECの場合、商品情報や専門用語などユーザー...
2016年のEC市場 越境EC市場、まるわかり!!... 経済産業省は4月24日、「平成28年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。 内容は2016年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果をベースに国内のEC市場や越...
越境ECで成功するためには 日本ではインバウンド需要の増加とともに越境ECムーブメントとも言える現象が起きている。 越境EC事業者向けのセミナーが多く開催されたり、越境ECサイト構築のための新しいサービスが登場したり、日々様々な独自サービスが開発され提供されている。 今や、これらサービスを使えば、誰でも簡単に越境E...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。