« ブログのトップページに戻る

今年のブラックフライデーはどうだった?

   投稿者 : 2016年12月6日 By

イメージ画像

先月11月25日、アメリカ、ヨーロッパ、中国などで盛り上がりをみせたのが、「ブラックフライデー」という大々的なセールだ。日本でも様々なショップでブラックフライデーセールが実施されていた。実店舗やネットショップでは大いに売り上げを伸ばしたことだろう。まだまだ、日本には根づいてはいない、「ブラックフライデー」とはどんなものなのだろうか?
今回はこの「ブラックフライデー」について見ていこう。

  

●「ブラックフライデー」とは?

ブラックフライデーとはアメリカで実施される11月の第4金曜日のことを言う。アメリカは11月の第4木曜日が感謝祭で、その翌日の金曜日「ブラックフライデー」から、年末商戦が始まり、この日が “クリスマス商戦の始まりの日”とされている。
「ブラックフライデー」はもともとはセールに人が殺到し、警察の仕事が増え、「真っ暗な金曜日」と呼ばれたのがきっかけとされている。はじめは、あまり良い意味ではなかったが、その後、フィラデルフィアの新聞が、「小売業者が儲かり黒字になる」と発表してから良い意味で使われるようになった。
一般的には1975年から広まった、わりあい新しい言葉である。このブラックフライデーセールは11月25、26、27日と続き、11月28日はサイバーマンデーと呼ばれている。小売販売業者は、11月25日のブラックフライデーから一斉に安売りを開始し、消費者の購買意欲が大きく盛り上げる。
ブラックフライデーから年末までの売り上げ総額は約74兆円と予想され、この時期の売上げは年間売上の20〜40%を占めると言われ小売業にとっては、かきいれどきの始まりでもある。

感謝祭からサイバーマンデー

●「ブラックフライデー」今年アメリカで売れた商品は

11月26日に公開されたデータによると、実店舗の小売売上高と来客数は前年度を下回ったようだ。調査会社リテールネクストのデータによれば、25日の売上高は10.4%、24~25日は5%の減少したと報じている。来客数も24~25日で1%の減少となっている。
ここで大きく伸びたのがオンラインショップでの消費である。ネットショップでの支出は24~25日前年比の18%増の52億7000万ドルで予想を上回り、ブラックフライデー(25日)の売上は初めて30億ドルを突破したようだ。

米オンラインショップの大手、Walmart、Target、Amazonなどは1週間前から、ブラックフライデーセールを開始しており、Targetのオンライン店舗は、前年過去最高売り上げを記録したと報告している。
さらにその売上のうち、60%はモバイルからのものだったと伝えている。売上の多かった商品はiPad Air 2やApple WatchなどのApple製品、サムスンの4kテレビ、LGのテレビ、マイクロソフトのXboxなどである。

クリスマスプレゼントということで、玩具関連も売れ行きが良い。「レゴクリエイター」や電動スクーターの「レイザー」、トイガンの「ナーフ」、DIJのドローン「ファントム」、「バービードリームハウス」などである。
ゲーム関連は、任天堂のファミコン「NESクラシック」と3DSの「ソルガレオ・ルナアーラ ブラック・エディション」、プレイステーション(PS)4向けのVRヘッドマウントディスプレイ「PlayStation VRバンドル版」、PS 4「コールオブデューティ ブラックオプス バンドル」、Xbox One「マッデンNFL 17コントローラー セット」などはクリスマスに向けての売れ筋商品である。

アメリカで売れているもの

●日本でも増えている「ブラックフライデーセール」

アメリカのブラックフライデーは日本でも広がり始めている。今年は、イオンやノジマなどもセールを実施し注目を集めた。
どのような企業がどんなセールを行ったのか代表的なものを見てみよう。

 

●イオン

イオンセール

流通大手のイオンでは、11/25〜28日にかけてセールを行った。
1000円前後のTシャツが100円と、驚きの価格に多くのお客様が詰めかけたようだ。

 

●GAP

GAPセール

GAPは先着100人にセーターを100円で販売。元の価格が1万3000円近いものもあるなど、大幅値引きセールを行った。

 

●トイザらス

トイザラスセール

トイザらスは全国163店舗及びオンラインストアで2014年からに初めて開催し、3回目となる今年は、11/25〜27日にかけて実店舗及びネットショップにてセールを行った。
対象商品は過去最大の150点以上、それらを特別価格で提供した。

 

●貝印

貝印セール

貝印「KAIストア」では、11月25~28日の4日間限定で、キッチン用品を中心とした約100アイテムを最大80%割引で販売した。

 

●「ブラックフライデー」は越境ECのカンフル剤

越境ECでも、ブラックフライデーは海を越えてやって来ている。越境ECにとってもブラックフライデーは越境ECによる海外販売を成長させる、またとないチャンスでもある。アメリカのこのようなショッピングイベントは越境EC市場を活性化するカンフル剤でもあるのだ。
アメリカでは11月の感謝祭から、ブラックフライデー、サイバーマンデー、12月の第2月曜日のグリーンマンデー、12月の第3土曜日のスーパーサタデー、12月26日のボクシングデーと、11月のブラックフライデーから年末まではクリスマスを中心にイベントデーが目白押しとなる。
越境ECでも「免税・送料無料」などのキャンペーンなどで、価格ハードルを大幅に下げた商品を企画し、多くの日本の商品をアメリカに販売し、売上げを伸ばしていただきたい。

 

●まとめ

「ブラックフライデー」は、中国、韓国では主要なショッピングイベントとなっている。
日本では11月は、年末商戦前の売上が伸び悩む時期でもある。日本政府はブラックフライデーを消費者の消費喚起策の一つとして、促進されることを期待しており、石原伸晃経済財政・再生相は「ブラッグフライデー」は今、国内に徐々に広まりつつあり、「大型セールが経済の好循環を加速させる」と指摘している。
「ブラックフライデー」は、バレンタインデーやハロウィンのように、今後、日本のイベントの一つとして定着してゆくことを期待したい。

関連する記事

中国越境ECにかかる関税の新税制度はどうなったのか?... 中国の昨年(2015年)の越境ECの統計をみると、越境ECの利用人口は約2,400万人。前年が1800万だったので、伸び率は133%。越境ECによる消費総額は368億ドル、2014年は220億ドルであったので、伸び率は167%と、どちらも、中国の越境EC市場規模は拡大成長していることが見てとれる...
ドイツ、スウェーデン、ルクセンブルクの2015年のEコマースをレポートする... ドイツでのオンラインやメールオーダーの注文による売り上げが昨年度より12%も増加している。この増加 は、店舗での販売を大幅に超えている結果となり、成長率は3.1%、2015年のドイツでのオンライン販売総売り 上げは598億ユーロという莫大な金額だ。 今回はドイツ、スウェーデン、ルクセンブルグ...
海外展開に関する補助金・助成金情報をピックアップ... 少子高齢化の時代、日本のマーケットから世界に転じて販路を拡大しようという企業も多いと思う。補助金・助成金制度の中には、費用のリスクを少なくし、海外に向けて越境ECを構築したり、海外の展示会に出展したり、プロモーションなどで海外販路を拡大することが可能なものが用意されている。日本政府は2020年ま...
補助金・助成金の申請はどうすればいいの?... 補助金・助成金とは「新しい設備を導入したい」「新規に事業を進めたい」「人材育成に投資したい」など、会社が国や地方公共団体、民間団体などからお金をもらうことができる制度である。 大きな特徴は融資ではなく「返済不要」という点である。 お金は公的な資金から出されるものなので、誰でももらえるわけ...
越境ECではどんなモノが売れるのか? 日本の国内EC市場は成熟期といわれるなか、越境ECつまり、海外向け商品販売はまだ、黎明期と言われている市場である。少子高齢化により縮小しつつある日本の消費市場から、販路を海外に向け、越境ECに取り組む企業が増えている。日本にいながら、リスクを最小にし、商品を海外にネット販売するのが越境ECである...
アメリカ TPP離脱の場合、越境ECはどうなる?... アメリカ大統領選挙で大逆転勝利したドナルド・トランプ氏。世界はトランプ氏がこれまでに発言したことを、大統領就任後、公約として実行するかが注目している。 これまで、トランプ氏の発言は様々なメディアで取り上げられ、読者も周知のことだと察する。 今回は、そのトランプ氏の様々な発言の中でも「アメリ...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。