« ブログのトップページに戻る

海外配送に対応している米ECサイトの平均成長率 1,141%

   投稿者 : 2014年3月1日 By

3年間の成長率16,800%というクレイジーな数字を出した企業がやっている事は?

アメリカの小売業界における成長した企業の格付けランキングをまとめました。
海外で何が起きているのか、知りたい方は是非こちらをご覧下さい。

http://www.live-commerce.com/hosting/book_inc500.html

関連する記事

サブスクリプションコマースによる海外成功事例... インドでサブスクリプション型のECサイトを成功させたスタートアップがでました。 インドのスタートアップ企業である Vellvette は女性向けの美容製品をサブスクリプション(定期購読)で販売しています。インドの女性20代から40代をターゲットにしたネットビジネスです。 米国と中国を旅している...
海外で売れている日本製品 その2 海外で売れる日本製品 その1はこちら 海外向けのネットショップをやることができる立場は2つしかありません。 1つ目は法人が自社製品を世界に向けて販売していくという一般的な理由。 2つ目は個人が日本に埋もれている商品を世界に向けて販売していくという副業的な理由。 1つ目を実行できるのは限られ...
越境EC ロシアのEコマース 先日15日・16日、ロシアのプーチン大統領と安倍首相が山口県長門市と東京都内の2カ所において日露首脳会談が行われた。期待した北方4島の話題はなく、平和条約への姿勢や経済協力についての話題が主な内容だったようだ。日本外交としては得るものがなく、2国間の間にはかなり隔たりがあることを痛感した内容だっ...
中国最大のチャットアプリ WeChatのすごすぎる機能... 世界最大級の無料チャットアプリと聞いて思い浮かぶのは、日本だとLINEとなるが、アメリカだとMessengerやWhatsApp、韓国ではカカオトークなどとなるが、登録アカウント数が11億人、月間アクティブユーザー数5億4,900万人という中国のWeChatというアプリをご存知だろうか。 ...
日本の商品を海外に売るおもしろさ – 海外販売をビジネスにする方法とは... 国内で起業をするにしても、今の時代は国内で起業しながら顧客を海外に持つという今までとは全く違うやり方でビジネスを成長させる事が可能な時代だ。1990年代のインターネットがまだなかった時代に大企業しか海外企業と貿易をやっていたのとは今は全く違う。 それが今日紹介するインターネットを利用して海外に...
イギリスのトップEコマース500社 Internet Retailing社は最新のイギリスのトップEコマース500社を発表、イギリスでは、AO, Argos, Holland & Barrett, Topshop やNext などが最大手となる。 この毎年実施されるランキングは今年で3回目で、特にクロスボーダーや様々な...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。