« ブログのトップページに戻る

‘海外物流’ タグのついている投稿

海外向けネット通販(越境EC)でDHLを使ってはいけない理由

2020年2月5日 水曜日

普段、私はネガティブキャンペーンをやることはないのですが、DHLの法人対応にしろ、一般顧客対応にしろ、DHLが顧客に対する対応がこれほどまで悪いと思っていなかったので、私の怒りも込めてぶちまけます。不満がここまで溜まるとは思いもよりませんでした。

DHLさん、これをよく読んでください。そしてそれなりの対処をしてもらえれば、この記事は削除します。

なを、これは私がネガティブキャンペーンをやろうといくつかの顧客に尋ねたところ、同様の感情をお持ちの社長さんも多かったため、私を含め当社顧客の声だと思ってください。

 

 

DHLといえば、日本郵便に代るラストワンマイルまでの確実なお届けを約束してくれる、配送日数がEMSよりも早い、、、という期待をもってスタートしましたが、DHLさん、あなたたちのサービスはBtoCのレベルに至っていないことがよくわかりました。

これから海外向けネット通販(越境EC)でDHLを使うことを検討している方もいると思いますので、DHLを安易に使ってはいけない理由を私が経験したことを元に、詳細に解説したいと思います。

 

1、(一般消費者に対する) 顧客対応が悪い

私たちが運営する Discovery Japan Mall で高額の時計を買っていただいたお客様がいました。そのお客様はDHLを指定配送方法として選択し商品の受け取りを楽しみに待っていました。米国通関の際、お客様は商品の受領をする際に、DHLから商品の素材、素材の価格などの商品スペックに関する詳細資料を提出せよと命じられました。お客様はそんなものはわかるはずもないので、当然私たちに助けを求めてきました。 (さらに…)