« ブログのトップページに戻る

ネットショップ開業のためのショッピングカート比較

   投稿者 : 2015年5月8日 By

ショッピングカート比較イメージ

最近は手軽にネットショップを始めたいと言う人が増えている。そんな人に向けてレンタルで利用できるショッピングカートがたくさん登場している。デザインのカスタマイズや商品管理システムなど、シンプルに構成されており初心者でも運用できるものだ。しかし、いろいろあり、どれを使えばよいか迷ってしまう方も多いことと思う。
そこで今回は、レンタルで設置できる各社、ショッピングカートをピックアップし、機能比較表とその主な特長などを紹介する。

ショッピングカートと一口に言っても、ネットショップ構築とパッケージになっているサービスが多い。ご自分がお持ちのショッピングサイトやショップの規模、内容に応じて選ぶと良い。
今回は前回のブログ「あなたのショッピングカートを最適化する方法」で取り上げたカラーミーショップ、MakeShop、Futureshop、Live Commerce、4社のショッピングカートの性能について一目でわかる比較表を作成し、各社の特長を説明する。ネットショップ開業の際の参考にしていただけるとありがたい。

比較表_01

比較表02

 

カラーミーショップ

http://shop-pro.jp/

カラーミーショップ

カラーミーショップの特長は、他社のサービスと比べて低コストでECサイトを構築可能であること。機能面ではメルマガ発行、アクセス解析、会員機能、商品管理、受注管理、顧客管理など対応している。
また、デザインも様々なテンプレートが用意され、更にカスタマイズも可能である。ECサイトを始めたい人にはお勧めである。

 

MakeShop

http://www.makeshop.jp/

メイクショップ

MakeShopの特長は何といっても、デザインテンプレートの多さだ。168種類も用意されており、ECサイトのコンセプトに合ったデザインを選ぶだけでよい。カスタマイズもHTMLやCSSの編集で行える。
 

FutureShop

http://www.future-shop.jp/

フューチャーショップ

ネットショップでは、お客様が商品を手に取って確認することができない。FutureShopはそんなお客様に有効だ。ひとつの商品につき画像を40枚も登録でき、お客様にひとつの商品について、いろんな写真をつかってアピールできる。
デザインもカスタマイズでき、商品の見せ方が豊富などの利点が多く、ショップのイメージが大切なアパレルショップ向けと言える。

 

Live Commerce

https://www.live-commerce.com/

ライブコマース

最後は、当ブログの運営会社であるLive Commerce
Live Commerceの特長は、多機能な点や、デフォルトで英語、簡体字、繁体字、日本語に対応しているところである。
機能が充実しで多言語対応、さらに各種プラグインや運用サービスなどのケアもあり、海外向けECサイトを展開、運営したいと考えている企業や個人の方にとっては、強い味方である。
Live Commerceでは5月よりさらなる販路拡大に向けて、海外向けショッピングモール “OOOBS” をオープンした。

 

まとめ

ショッピングカート付きネットショップ構築システムを導入する上で、
重視しなければいけないのが以下の4つである。

  • お客様の満足度を上げるための機能の実装(機能性)
  • 効率よいネットショップの運用可能(更新性・安全性)
  • お店や商品を宣伝する機能の充実(集客力)
  • システム導入後のサポート体制(サポート)

ネットショップの運用には雑務が多い。ショップを管理する側はできるだけ運用にかかる雑務を減らし、ショップに来店したお客様に飽きさせない演出を提供し、売り上げを上げる努力が必要である。
ショッピングカートは、できるかぎり内容の充実したものを選ぶことをお勧めする。

関連する記事

Fulfillment by Amazon(FBA)サービスをご存知ですか?... オンライン企業を行っている方々は、このような調査結果をご存知でしょうか?Eコマース業界で成功した200人以上の営業家に調査を行ったところ、内84%の人は、現在、Amazon.comで商売を行っていると答えたそうです。Amazonのようなマーケットプレイスを使うことでの有益は山ほどありますが、...
中国を代表するSNS WeChatとWeiboとは? 中国は独特のインターネット環境になっており、GoogleやFacebook、Twitter、LINEなどに対するアクセス制限がかかっていて、 使用することができない。世界の多くの人が利用しているSNSサービスも中国政府の検閲によりアクセスができないという現実がある。例えば、中国のユーザーに向け、...
EUのことだからと放ってはおけない、EUの著作権法改正案とは?... EU(欧州連合)は2018年5月25日、「GDPR」という”個人情報に関する法律”を施行したばかりだが、9月12日には、著作権指令に関する修正指令案を可決、承認した。 この内容は最終的には2019年1月の投票により、成立される方向だが、「GDPR」につづき、「著作権」に関しても新たな内容が...
「製造業の海外展開」 アプリケーション開発 -その2-... 御覧頂きありがとうございます。 さて、アプリケーション専用機を作り上げアメリカへ飛んで行ったところまでが前回でした。少し今後のお話の理解を深めて頂くために、この専用機に関して少し補足説明させてください。 アプリケーションをプログラムで無く設定で完成できるものでしたが、システムの一部分の役割...
2019年 Webデザインの潮流 Webデザインはその年、その年で新しいものが生まれ、トレンドとなったり、ならなかったりする。 2018年のトレンドと言えば、グラデーション、スプリット(分割)レイアウト、タイポグラフィデザインなど見た目のデザインが多かったように感じられる。 今年はどうだろうか? デザインを行うには「見た...
越境EC 東南アジアでの売れ筋商品は?... 越境ECサイトを構築すると、日本にいながらにして、全世界の消費者を相手に商品販売を行うことができる。越境EC開設は、アメリカや中国だけではなく、全世界の消費者に向けてビジネスを加速させるチャンスである。 今回は、前回の『国別に見た越境ECでの売れ筋商品』に引き続き、東南アジアの各国別の消費...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。