ネットショップ開業のためのショッピングカート比較

ショッピングカート比較イメージ

最近は手軽にネットショップを始めたいと言う人が増えている。そんな人に向けてレンタルで利用できるショッピングカートがたくさん登場している。デザインのカスタマイズや商品管理システムなど、シンプルに構成されており初心者でも運用できるものだ。しかし、いろいろあり、どれを使えばよいか迷ってしまう方も多いことと思う。
そこで今回は、レンタルで設置できる各社、ショッピングカートをピックアップし、機能比較表とその主な特長などを紹介する。

ショッピングカートと一口に言っても、ネットショップ構築とパッケージになっているサービスが多い。ご自分がお持ちのショッピングサイトやショップの規模、内容に応じて選ぶと良い。
今回は前回のブログ「あなたのショッピングカートを最適化する方法」で取り上げたカラーミーショップ、MakeShop、Futureshop、Live Commerce、4社のショッピングカートの性能について一目でわかる比較表を作成し、各社の特長を説明する。ネットショップ開業の際の参考にしていただけるとありがたい。

比較表_01

比較表02

 

カラーミーショップ

http://shop-pro.jp/

カラーミーショップ

カラーミーショップの特長は、他社のサービスと比べて低コストでECサイトを構築可能であること。機能面ではメルマガ発行、アクセス解析、会員機能、商品管理、受注管理、顧客管理など対応している。
また、デザインも様々なテンプレートが用意され、更にカスタマイズも可能である。ECサイトを始めたい人にはお勧めである。

 

MakeShop

http://www.makeshop.jp/

メイクショップ

MakeShopの特長は何といっても、デザインテンプレートの多さだ。168種類も用意されており、ECサイトのコンセプトに合ったデザインを選ぶだけでよい。カスタマイズもHTMLやCSSの編集で行える。
 

FutureShop

http://www.future-shop.jp/

フューチャーショップ

ネットショップでは、お客様が商品を手に取って確認することができない。FutureShopはそんなお客様に有効だ。ひとつの商品につき画像を40枚も登録でき、お客様にひとつの商品について、いろんな写真をつかってアピールできる。
デザインもカスタマイズでき、商品の見せ方が豊富などの利点が多く、ショップのイメージが大切なアパレルショップ向けと言える。

 

Live Commerce

https://www.live-commerce.com/

ライブコマース

最後は、当ブログの運営会社であるLive Commerce
Live Commerceの特長は、多機能な点や、デフォルトで英語、簡体字、繁体字、日本語に対応しているところである。
機能が充実しで多言語対応、さらに各種プラグインや運用サービスなどのケアもあり、海外向けECサイトを展開、運営したいと考えている企業や個人の方にとっては、強い味方である。
Live Commerceでは5月よりさらなる販路拡大に向けて、海外向けショッピングモール “OOOBS” をオープンした。

 

まとめ

ショッピングカート付きネットショップ構築システムを導入する上で、
重視しなければいけないのが以下の4つである。

  • お客様の満足度を上げるための機能の実装(機能性)
  • 効率よいネットショップの運用可能(更新性・安全性)
  • お店や商品を宣伝する機能の充実(集客力)
  • システム導入後のサポート体制(サポート)

ネットショップの運用には雑務が多い。ショップを管理する側はできるだけ運用にかかる雑務を減らし、ショップに来店したお客様に飽きさせない演出を提供し、売り上げを上げる努力が必要である。
ショッピングカートは、できるかぎり内容の充実したものを選ぶことをお勧めする。

関連する記事

ウェブ制作会社として食えない時代に?... Live Commerce の販売代理店を募集していると、さまざまなウェブ制作会社と会話する機会があります。 最近よく聞くのが、作るだけのウェブ制作会社だと、まともな案件がとれないということ。 ウェブサイトを作る背景も2000年代初頭とはだいぶ変わったと。そこで、今後ウェブ制作会社として食...
コンバージョン率をアップする商品写真の扱い方、3つのポイント!... ECサイトを構築する時、何に優先順位をおいて、構築しているのだろうか? サイト名? ターゲット? ユーザビリティ? デザイン? SEO? さまざまあることだろう。その中でも重要なのが商品写真の撮り方、選び方、種類や表示内容である。写真の撮り方、選定内容しだいではユーザーの購買意欲は大きく変わ...
EMSでリチウムイオン電池が海外発送の取引を開始... 平成25年8月1日からだそうですが、日本郵便がリチウムイオン電池の海外発送の取扱を開始しました。 これによって、今まで携帯電話を海外へ送ることが不可能でしたが、今後は日本の携帯をEMSで世界中へ発送することができるようになります。iPhoneなどの需要がまた多い地域では日本の携帯電話をネットで海外...
企業の取り組みは大丈夫? デジタルマーケティングの現状... スマートデバイスの普及により、企業のマーケティング戦略は大きな変革期を迎えている。 つまり、デジタル化の大きな波により、デジタルマーケティングを認識し、取組んでいかない企業経営は成り立たない時代になってきているということだ。 今年1月、「先進技術による新事業創造委員会」より『企業の成長シ...
2019年 インバウンド市場拡大に必要なこと... 2018年のインバウンド総数は前年比8.7%増の3,119万1,900人と発表された。 2012年の835万人と比較すると、約3.7倍の成長ということになる。この日本の成長率は世界でも、最速である。日本の主要都市はインバウンド観光客で溢れんばかりである。 この成長を牽引している要因は、主...
【メーカー限定】 ビジネスモデルを根本から転換、海外販売代行モデル... ・外国語対応のホームページの初期費用が高く、新規事業の投資を抑えたい.... ・外国語対応のホームページを立ち上げたが、全く効果が出ない.... ・海外からの顧客開拓・売上をどうやって作ればいいのかわからない... 1つでもあてはまるメーカーの経営者様へ 国内のメーカーから、「国際的...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ