« ブログのトップページに戻る

ネットショップ開業のためのショッピングカート比較

   投稿者 : 2015年5月8日 By

ショッピングカート比較イメージ

最近は手軽にネットショップを始めたいと言う人が増えている。そんな人に向けてレンタルで利用できるショッピングカートがたくさん登場している。デザインのカスタマイズや商品管理システムなど、シンプルに構成されており初心者でも運用できるものだ。しかし、いろいろあり、どれを使えばよいか迷ってしまう方も多いことと思う。
そこで今回は、レンタルで設置できる各社、ショッピングカートをピックアップし、機能比較表とその主な特長などを紹介する。

ショッピングカートと一口に言っても、ネットショップ構築とパッケージになっているサービスが多い。ご自分がお持ちのショッピングサイトやショップの規模、内容に応じて選ぶと良い。
今回は前回のブログ「あなたのショッピングカートを最適化する方法」で取り上げたカラーミーショップ、MakeShop、Futureshop、Live Commerce、4社のショッピングカートの性能について一目でわかる比較表を作成し、各社の特長を説明する。ネットショップ開業の際の参考にしていただけるとありがたい。

比較表_01

比較表02

 

カラーミーショップ

http://shop-pro.jp/

カラーミーショップ

カラーミーショップの特長は、他社のサービスと比べて低コストでECサイトを構築可能であること。機能面ではメルマガ発行、アクセス解析、会員機能、商品管理、受注管理、顧客管理など対応している。
また、デザインも様々なテンプレートが用意され、更にカスタマイズも可能である。ECサイトを始めたい人にはお勧めである。

 

MakeShop

http://www.makeshop.jp/

メイクショップ

MakeShopの特長は何といっても、デザインテンプレートの多さだ。168種類も用意されており、ECサイトのコンセプトに合ったデザインを選ぶだけでよい。カスタマイズもHTMLやCSSの編集で行える。
 

FutureShop

http://www.future-shop.jp/

フューチャーショップ

ネットショップでは、お客様が商品を手に取って確認することができない。FutureShopはそんなお客様に有効だ。ひとつの商品につき画像を40枚も登録でき、お客様にひとつの商品について、いろんな写真をつかってアピールできる。
デザインもカスタマイズでき、商品の見せ方が豊富などの利点が多く、ショップのイメージが大切なアパレルショップ向けと言える。

 

Live Commerce

https://www.live-commerce.com/

ライブコマース

最後は、当ブログの運営会社であるLive Commerce
Live Commerceの特長は、多機能な点や、デフォルトで英語、簡体字、繁体字、日本語に対応しているところである。
機能が充実しで多言語対応、さらに各種プラグインや運用サービスなどのケアもあり、海外向けECサイトを展開、運営したいと考えている企業や個人の方にとっては、強い味方である。
Live Commerceでは5月よりさらなる販路拡大に向けて、海外向けショッピングモール “OOOBS” をオープンした。

 

まとめ

ショッピングカート付きネットショップ構築システムを導入する上で、
重視しなければいけないのが以下の4つである。

  • お客様の満足度を上げるための機能の実装(機能性)
  • 効率よいネットショップの運用可能(更新性・安全性)
  • お店や商品を宣伝する機能の充実(集客力)
  • システム導入後のサポート体制(サポート)

ネットショップの運用には雑務が多い。ショップを管理する側はできるだけ運用にかかる雑務を減らし、ショップに来店したお客様に飽きさせない演出を提供し、売り上げを上げる努力が必要である。
ショッピングカートは、できるかぎり内容の充実したものを選ぶことをお勧めする。

関連する記事

越境ECで失敗しないための5つのポイント... 日本では、人口減少から国内需要の縮小に伴い、国内ビジネスだけではますます、厳しい状況になるだろう。インバウンドが増加する中、解決策をインバウンドも視野に入れ、販路を海外に求める企業も増加している。 そして、企業は販路の拡大をアメリカ、ヨーロッパ、アジア諸外国とECサイトを展開するようになっ...
越境ECモールDiscovery Japanモール開設にあたってのセミナー...   Live Commerce では利用者様の商品を総合的に集めた新サービス「越境ECモール」を 5月初旬に開店いたします。 http://www.live-commerce.com/mall/ 越境ECモール(Discovery Japanモール)では、無料で出店できるプラン...
中国の越境EC Tmall GlobalのTP(TmallPartner)とは... 昨年、2016年の中国国内において、越境ECを利用して日本から商品購入した総額は1兆366億円と過去最高で、その額はアメリカの1兆1,371億円に次ぐ額である。2020年には 日本からの購入額は1兆9,000億円に達成すると見込みである。 その中国BtoCで圧倒的なシェアを占めるのが「Tm...
イギリスの越境EC、Eコマース事情 2016年に日本に訪れたイギリス人は29万2,457人となっており、ヨーロッパ諸国では、日本へ訪れた国民が一番多かったのがイギリス人である。 また、イギリス人は旅行支出額が大きいこと、ビジネス関連で訪日が多いのが特徴のようだ。イギリスの人口は約6,490万人、そのうち93%がインターネット...
3C分析で自社WEBサイトを強化するには 3C分析という言葉はマーケティングの世界では良く使われるキーワードではあるが、意外とその意味や実際に3C分析をどう行えば良いのかわからない方も多い。 今回は、3C分析を使って自社WEBサイトを改善またはリニューアルするときの留意点などをまとめてみた。   ●そもそも3C分析とは...
色弱者に優しいWebサイトをデザインしよう... Webデザインにおいては、色は重要なデザイン要素でありメッセージ要素である。しかし、この色を認識するのが苦手という人、一般の人と色の認識が異なる人がいることをご存じだろうか?いわゆる色弱者と呼ばれる人である。色弱者は日本人では男性では20人に1人、女性では50人に1人いると呼ばれ、日本全体では3...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。