デザイン4原則でラクラクデザイン -その4:コントラスト(強弱)-

イメージ画像

デザインの良い、悪いを決める大きな要因であるコントラスト。
コントラストとは強弱、メリハリをつけることで、見る人に印象づけ、面白みをあたえるテクニックである。コントラストには2つの要素が必要である。2つの要素に違いをつけることで、生まれるデザインだ。
2つの要素に違いをつけるにはいろいろな方法がある。
フォントの大小、線の太さ、色、形、サイズ、余白の大きさなどで差をつける。この差、違いは少しではなく、大きくつけることがコントラストである。
今回はこのコントラスト(強弱)の方法について見ていこう。

コントラストは、読者をはっとさせてページ引き込むような視覚的な面白さを加えたり、異なる要素の間に組織的な構造を作りだすための効果的なデザイン手法である。
重要なのは、コントラスト効果を発揮させるには、コントラストは強く、大きく、大胆に行うということである。
コントラストは2つの要素が異なる場合に適応できる。コントラストの原則というのは、2つの項目が同じでないなら、はっきり違いを出すことで生まれる。
例えば、大きな活字と小さな活字で対比させる。太い線と細い線、寒色と暖色、滑らかな肌合いと粗い肌合い、小さな画像と大きな画像など、違いを大きくつけることで、情報をまとめ、ページデザインに面白みを与えることである。ページが面白そうに思えれば、そのページを読んでもらうことができる。
コントラストの原則は“コントラストをつけるのに臆病になってはならない” である。

 

1.コントラストをつける

(図1)の上部は「見出し」と「本文」にあまり差がない場合、下部ははっきりとした差を付けた場合。

図01

(図1)

コントラストとは文字の太さやサイズによって階層をつくることだ。
本文より小見出しを小見出しよりタイトルを目立つように、心がけて大きくする。
コントラストは重要な箇所とそうでない箇所に思い切って強弱をつけること。差が大きくなると、遠くから見ても一目で内容が分かり、それだけで、全体の構造や重要な箇所を把握でき、理解しやすくなる。

 

2.文字のジャンプ率

ジャンプ率とは本文の文字サイズに対するタイトルや見出しの文字サイズの比率である。
ジャンプ率が低いと落ち着いた印象になり、逆に高いと躍動感が生まれる。また、注目すべき点が明確になり、読みやすくなる。絶対的な大きさではなく、本文に対するタイトルや見出しの相対的な大きさで決まる。(図2)の左はジャンプ率が低いデザイン、右は高いデザイン。

図02

(図2)

ジャンプ率が低いものは、「じっくり読ませる」ようなコンテンツに向いている。
ソフトウェア開発に使われるアプリの「使い方マニュアル」などに多く見られる。
逆に高いものは、バナー広告やポスターやチラシデザインなどに応用するとよい。

 

 3.「コントラスト」まとめ

ページ上のコントラストは私たちの目を引く。私たちの目はコントラストが好きなのだ。
コントラストを行うとき、同一ページにある2つの異なる要素は似せてはならない。コントラストを効果的にするには、2つの要素をはっきり意思をもって、異にすることだ。コントラストはデザインの善し悪しを決める大きなファクターであると考えよう。
コントラストは重要なところ、注目させたいところ、焦点を当てたい情報を整理し、強弱をつけることで、視覚的なメリハリを与えるということである。
そして、大きい=目立たせる。ということではなく、重要なものはより大きくし、重要でないものはより小さくすることでデザインで差異化をつけることである。つまり、明確な意思をもって、情報を階層化すること。それが「コントラストをつける」ということである。
この「コントラストの原則」を使い情報を階層化しあるECサイト構築し、訪れたユーザーにとって分かりやすく、面白みのある情報を提供していただきたい。

関連する記事

中国越境ECマーケティングの鍵 網紅(ワンホン)とは?... 中国の越境EC規模(中国・日本・アメリカ間)、2016年は2兆1,737億円、前年比32.6%の伸びと世界第1位の市場規模であった。中国消費者の日本からの購入額は1兆366億と前年比30.3%の伸びで、初の1兆円超えとなった。 訪日中国人も過去最高の約637万人となっており、訪日外国人数で...
2019年 越境EC最前線『海外3モール+Google Facebook攻略セミナー』開催... 越境EC市場は、世界規模で拡大している。 昨年の経済産業省「通商白書2018」によると、世界の越境EC市場規模は、2014年の2,360億ドルから、2020年には9,940億ドル(約10兆98,09億円)まで拡大するだろうと予測している。 今回は、この拡大する越境EC市場で、海外販売を最短...
トレンドのソーシャル活用術:クロスメディアのキャンペーンが強いわけ... 米マーケティング企業のThe Content Marketing InstituteおよびMarketingProfsによる最新の調査報告B2C Content Marketing 2015 Benchmarks, Budgets and Trendsがリリースされました。109ヶ国、5,000...
2015年、越境ECサイトの成長が見込めるトップ30ヶ国ランキング... 世界有数のグローバルな経営コンサルティング会社のA.T.カーニー社による グローバルリーテールEコマース指標では、世界トップ30か国の中でさらに現在の市況と今後の成長の見込みをベースにしたランキングを発表している。この内容を分析すれば、今後のグローバルな視点でのECサイト戦略、さらに新興国のビジ...
ディバイス毎のWebブラウザシェアは? 2016-6月... デスクトップのブラウザシェア争いは世界的にはGoogle Chromeがシェアを独占してるが、2位争いにも変化が見られた。ひと昔前までは首位独走だったInternet Exploerが徐々に下降し、前回まで3位だったFirefoxが追いつき、ついには追い越されるという事態になっている。 今回...
越境EC 知っておくべき無料マーケティングツール... ビジネスを遂行していく中、成功するためのステップとして効果的なマーケティングを行うことは非常に重要である。ネット上では数えきれない程の無料のマーケティングツールがある事を知っているのと、知らないとでは、結果にかなりの差が生じてくるものだ。もちろん、有料広告なども利用すればいいが、できるだけバラン...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ