« ブログのトップページに戻る

デザイン4原則でラクラクデザイン -その4:コントラスト(強弱)-

   投稿者 : 2015年5月12日 By

イメージ画像

デザインの良い、悪いを決める大きな要因であるコントラスト。
コントラストとは強弱、メリハリをつけることで、見る人に印象づけ、面白みをあたえるテクニックである。コントラストには2つの要素が必要である。2つの要素に違いをつけることで、生まれるデザインだ。
2つの要素に違いをつけるにはいろいろな方法がある。
フォントの大小、線の太さ、色、形、サイズ、余白の大きさなどで差をつける。この差、違いは少しではなく、大きくつけることがコントラストである。
今回はこのコントラスト(強弱)の方法について見ていこう。

コントラストは、読者をはっとさせてページ引き込むような視覚的な面白さを加えたり、異なる要素の間に組織的な構造を作りだすための効果的なデザイン手法である。
重要なのは、コントラスト効果を発揮させるには、コントラストは強く、大きく、大胆に行うということである。
コントラストは2つの要素が異なる場合に適応できる。コントラストの原則というのは、2つの項目が同じでないなら、はっきり違いを出すことで生まれる。
例えば、大きな活字と小さな活字で対比させる。太い線と細い線、寒色と暖色、滑らかな肌合いと粗い肌合い、小さな画像と大きな画像など、違いを大きくつけることで、情報をまとめ、ページデザインに面白みを与えることである。ページが面白そうに思えれば、そのページを読んでもらうことができる。
コントラストの原則は“コントラストをつけるのに臆病になってはならない” である。

 

1.コントラストをつける

(図1)の上部は「見出し」と「本文」にあまり差がない場合、下部ははっきりとした差を付けた場合。

図01

(図1)

コントラストとは文字の太さやサイズによって階層をつくることだ。
本文より小見出しを小見出しよりタイトルを目立つように、心がけて大きくする。
コントラストは重要な箇所とそうでない箇所に思い切って強弱をつけること。差が大きくなると、遠くから見ても一目で内容が分かり、それだけで、全体の構造や重要な箇所を把握でき、理解しやすくなる。

 

2.文字のジャンプ率

ジャンプ率とは本文の文字サイズに対するタイトルや見出しの文字サイズの比率である。
ジャンプ率が低いと落ち着いた印象になり、逆に高いと躍動感が生まれる。また、注目すべき点が明確になり、読みやすくなる。絶対的な大きさではなく、本文に対するタイトルや見出しの相対的な大きさで決まる。(図2)の左はジャンプ率が低いデザイン、右は高いデザイン。

図02

(図2)

ジャンプ率が低いものは、「じっくり読ませる」ようなコンテンツに向いている。
ソフトウェア開発に使われるアプリの「使い方マニュアル」などに多く見られる。
逆に高いものは、バナー広告やポスターやチラシデザインなどに応用するとよい。

 

 3.「コントラスト」まとめ

ページ上のコントラストは私たちの目を引く。私たちの目はコントラストが好きなのだ。
コントラストを行うとき、同一ページにある2つの異なる要素は似せてはならない。コントラストを効果的にするには、2つの要素をはっきり意思をもって、異にすることだ。コントラストはデザインの善し悪しを決める大きなファクターであると考えよう。
コントラストは重要なところ、注目させたいところ、焦点を当てたい情報を整理し、強弱をつけることで、視覚的なメリハリを与えるということである。
そして、大きい=目立たせる。ということではなく、重要なものはより大きくし、重要でないものはより小さくすることでデザインで差異化をつけることである。つまり、明確な意思をもって、情報を階層化すること。それが「コントラストをつける」ということである。
この「コントラストの原則」を使い情報を階層化しあるECサイト構築し、訪れたユーザーにとって分かりやすく、面白みのある情報を提供していただきたい。

関連する記事

スモールビジネスの最初のステップーブランドを構築するには?... インターネット技術の急激な発達とイノベーションは、スモールビジネスに大きな変革とチャンスをもたらしている。従来のマーケティング活動といえば、予算のある大企業だけのマーケティングだったが、現在は、起業家も自らホームページを作成することが容易な時代である。 自由に予算内で自分に合ったWebマー...
中国インバウンド接客を高め、越境ECへ... 2018年1月から6月までの訪日外国人数は過去最高の前年同期比15.6%増の1589万8900人と発表された。上半期として初めて、1500万人を越えた。 これは、格安航空会社の便数増加などの影響もあり、今後も、引き続きインバウンド客数は伸びると思われる。 1月から6月の国・地域別の訪日外...
海外展開に関する補助金・助成金情報(2016.November)... 補助金・助成金の11月の募集状況を紹介する。補助金・助成金は国や地方自治体から支援される「返済不要なお金」である。助成金は要件が合えば基本的には受給でき、補助金は予算があるため、要件が合っても受給出来ない可能性がある。 今回は11月の募集内容や補助金、助成金の違いやメリット・デメリットについ...
経済産業省が発表! 2015年のEC市場調査結果... 経済産業省は6月14日、 「平成27年度我が国情報経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。内容は日本の電子商取引市場の実態、日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果を元に国内のEC市場や越境EC市...
2017年、日本のEC市場はどこまで成長したのか?... 今回は、前回に引き続き、経済産業省「平成29年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場の状況を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、16兆5,054億円。前年より9.1%増加したと発表されている。 各分野では物販系分...
2015年に国内で伸びたEC商品は何ですか?... インターネットは2004年の時点では利用者数7,948万人、普及率で言えば66%であった。そして10年後の2014年の利用者数を見ると1億18万人、普及率は82.8%となっており、当然ながらインターネットは生活に欠かせない存在となった。利用端末を調べると、2014年のデータだが自宅のパソコンが5...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。