ECコマースで「SDGs」に取り組む3つの方法

SDGsイメージ

世界にコマースプラットフォームを展開するShopifyの調査データによると、消費者にとって、サステナビリティ(持続可能性)が重大な関心事であり、日本の消費者2000人のうち32%が、「すでに持続可能な買い物を実践」しているという。
また、45%の消費者が「年末年始の商戦中、持続可能なブランドから製品を購入する可能性が高い」と回答している。
アフターコロナとなっている現在、消費者は「SDGs」に大きな関心を寄せていることは事実だろう。
今回は、Eコマース企業が商品販売以外で「SDGs」に取り組む方法について解説する。

Eコマース企業で「SDGs」を重要課題としているのは3割程度

株式会社エルテックスの公表した「通信販売調査レポート2022年」によると、「ESG/SDGsなど企業の社会的責任」は、32.7%となっており、Eコマースに取り組む事業者の3分の1は、「SDGs」がビジネス上の重要課題と認識していることがわかった。

下の図は、「あなたの会社、事業所の通信販売事業(EC)について、 ビジネス上重要と思われるものをいくつでもお選びください(複数回答)」という質問に対しての回答である。

SDGsの取り組み

 

Eコマースでは梱包材が最も取り組みやすい

また、9月25日、ネットショップ作成サービス「BASE」が公表した「SDGsに関する意識と実態調査」によると、対象者1,160名の内の83.1%のネットショップ担当者は、SDGsに興味や関心はあると回答している。 その他の回答として「いいえ」が11.0%、「SDGsを知らない」が5.9%であった。

また、「SDGsへの興味関心がある」と回答した968人を対象に、販売商品以外で、SDGsに関して工夫や、取り組みをしているか質問については、71.7%が「している」と回答しており、Eコマース事業者は、「SDGs」に積極的な姿勢であることがわかる。

さらに、下の図は「SDGsの具体的な取り組み」について示したものだ。 「梱包材」が38.4%、「商品を製作するうえで配慮している」が32.3%、「売上金を支援に充てている」が4.6%などとなっている。

Eコマース事業では配送に関わる梱包材、つまり、ダンボールや緩衝材を環境に配慮したものを使用することが、最も多いことがわかる。

SDGsの取り組み

ECでの商品販売以外で「SDGs」取り組める3つのこと

Eコマース事業で「SDGs」に対してどのように取り組むべきかついては、色々と考えられる。
最も多いのは、SDGs目標12の「つくる責任 つかう責任」を意識した、訳あり商品や消費期限が迫っている商品をECで販売し、フードロスに貢献すること。
または、環境に配慮した商材をEC販売するビジネスなどがあげられる。
ここでは、それらEC運用以外に取り組むことができる、Eコマースの「梱包材」、「配送」、「返品」でSDGsに取り組める3項目についてまとめた。

(1)梱包材

・ダンボールを再利用し、長く使えるものにする取り組み

「stible=still usable」という梱包材は、折り畳みができ、何度も使える再利用型梱包材である。
梱包材のクリーニングや修理を行うことで、商品納品時だけでなく、商品の配送や返却、レンタル商品の配送や回収にも使える。再利用は20回以上可能だ。

・緩衝材

梱包においては、ビニール袋やプチプチに含まれるプラスチック製の緩衝材が多く使われる。
「SDGs」の観点から、脱プラで環境に優しい緩衝材、例えば、木を削った鉋屑を緩衝材に利用する試みがある。
EC事業では、商品発送に関わる梱包材を如何に環境に配慮したものを使用するほか、リサイクル可能、再利用可能、堆肥化可能がキーワードだ。

(2)配送

国土交通省が2020年4月に公表した「運輸部門における二酸化炭素排出量」によると、運輸部門における二酸化炭素排出量は減少傾向にあるが、排出量のうち約9割を自動車輸送が占めており、「排出削減対策」が低炭素物流を実現する為のポイントとなるだろう。
配送においては、カーボンニュートラルにための二酸化炭素削減に貢献する配送業者を選ぶとも間接的な「SDGs」の取り組みなるだろう。

(3)返品

ネットショップの返品率は15~30%と高い水準にある。 Eコマース事業者はこの返品された商品はどうしているだろうか?
廃棄するのだろうか? 返品に関するSDGsの取り組みは、廃棄するのではなく、「返品された製品を低価格で再販売する」が最も良い取り組み例である。
サステナビリティを重要視するユニクロでは、返品された商品は、着用可能なものはアジア・アフリカなど海外での衣料支援に回され、そうでないものは固形燃料(RPF)として再利用(リサイクル)されている。

まとめ

ECビジネスにおいても「SDGs」の機運は高まっていると言える。
「SDGs」は人に、地域に、社会に、世界に対して広く貢献できるビジネスであり、その貢献度を高めることで他社と差別化できたり、ブランド構築にもなる。
「SDGs」が進んでいるヨーロッパでは、SDGsを意識した取り組みを行うEコマース企業が消費者から選ばれる時代になっている。

参考:

 

 

関連する記事

今、世界で最も成長著しいEC市場はどこですか?... 今年も続いている新型コロナ感染症のパンデミックは、地球上のほぼすべての人々、組織、国を新しい状況への適応へと駆り立てた。 現時点で世界の経済の回復にはばらつきはあるが、世界のどの国を見ても、オンラインショッピング、Eコマースの利用拡大は顕著な事実として認められる。 報告によると2020年...
新型コロナ前と以降、変わったのは消費者意識とネット利用... 2021年、年明け早々の1月7日「緊急事態宣言」が一都三県に発令、14日には栃木、岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡にも拡大された。 2021年、年頭の1月、2月は、この緊急事態宣言の外出自粛などの影響で、消費支出はますます低迷することだろう。 昨年2020年は新型コロナの感染拡大の影響...
猛威をふるう新型コロナ 世界のECマーケットへの影響は?... 世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症、未だに事態の収束が見えない状況である。 日本においては4月7日、政府より7都府県を対象に緊急事態宣言が発令、感染の爆発的拡大を防止するため、多くの業種や市民に対して自粛要請がなされた。 世界においては、さらに厳格な自粛、いわゆるロックダウンと...
意外と高い 日本人の越境EC利用状況 株式会社ジャストシステムは、2月25日、セルフ型ネットリサーチ「Fastask(ファスクアスク)」モニタのアンケート調査で『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年1月度)』を公表した。 その調査内容には、日本人消費者の海外ECサイト利用に関する調査内容も含まれていた。 今回は...
もう そこまで来ているVRコマース 2018年5月9日(水)~11日(金)東京ビックサイトで開催された「Japan IT Week 春 2018」は1,666社、来場者数、102,441名と大盛況だった。 弊社のLive Commerceブースにも多くのお客様が足を運ばれ、接客、商談などさせていただいた。 この「Japan...
知らないと損をする、越境EC配送の新時代!... これは、今後越境ECを始めようと考えている、又は既にやっている方向けの記事です。 特に、「容積重量」という言葉を聞いた事がないという方には是非読んでいただきたいと思います。 そもそも、「容積重量」というのは運送会社で送料の計算をする時に使われる言葉です。 これまで、日本の越境E...

タグ: , , ,

コメントは受け付けていません。