« ブログのトップページに戻る

顧客との関係を変える新プラットフォーム、ペリスコープ

   投稿者 : 2015年6月16日 By

イメージ写真

ツイッターのペリスコープ買収により、変革が起きる可能性がある。というのは、まだ競争が始まる前のプラットフォームは、多くの可能性を秘めており、あらゆるビジネスチャンスを生み出すかもしれないからだ。この記事を読んだ人は今日はラッキーかもしれない。

ペリスコープとは?

ペリスコープとは、スマホやタブレット専用の動画配信アプリで、視聴者はコメントしたり、気に入ればハートをクリックすることで、視聴者とのコミュニティーを形成することができるアプリだ。ツイッターは文字がタイムラインに流れるのに対してペリスコープは動画をタイムライン二長することができるのが特徴である。ツイッターがペリスコープを買収するのは、必然だったのかもしれない。
今日は、ペリスコープをどうやってビジネスに活用していくべきか、紹介する。

 

ペリスコープをeコマース事業に役立てる3つの方法

 

1. Q and A セッションで、あなた自身とあなたのビジネスを紹介する

ペリスコープを活用することで、あなたの自身と商品の両方を紹介することだ。

ペリスコープイメージ01

2.   舞台裏を見せ、透明性を通じて顧客の忠誠心を深めることができる

ビジネスの舞台裏、例えば調理場や作業場など現場で働いている人たちを撮ってみよう。そしてそれを生の状態、つまり一切編集せずに顧客にさらすのだ。これこそが全く新しいブランド価値を生む厳選になるかもしれない。

ペリスコープイメージ02

3. 製品の展示/デモをライブ放送し、製品の品質を証明する

製品が展示できる状態であれば、プロトタイプや品質を証明できるものを動画でアピールすることはブランド価値を顧客に届けることになる。

ペリスコープイメージ03

 

ビジネスのためのヒント

まずは、スマホにペリスコープのアプリをインストールすることから始めて、話題作りが最初の一歩になるだろう。またハッシュタグの利用もおすすめする。ハッシュタグとはその動画を見つけやすくするために、動画とセットでキーワードを追記していくことだ。

視聴者にハンドルネームで話しかけ、どんな質問にも回答することは従来のソーシャルメディアと同様に大事なリアクションとなる。コメント表示枠とモバイルユーザー向けの閲覧環境を考慮し、改行をこまめに入れること。

 

参考サイト:http://www.shopify.com/blog/33559876-how-to-use-periscope-to-grow-your-ecommerce-business

関連する記事

東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...
越境ECサイトをスタートする前に考えるべき10のこと... 著者: Practiclogy社 シニアコンサルタント Bianca Mercer イギリス、オーストラリアのEコマースコンサルタント会社”Practiclogy”のシニアコンサルタントのBianca Mercerは、販売業者やブランド会社が海外販売に踏み切るときのチ...
製造業の「海外進出」「海外展開」について... 皆さん こんにちは。 これから、「日本の製造業」そして製造業の「海外進出」「海外展開」についてお話をしていきたいと思います。 本題に入る前に少し私のことをお話しさせてください。 私の前職は、生産設備や産業機械向けにマイクロコンピュータを利用した機器、コンポーネントを開発・製造・...
ebay.comで人気の日本の商品(2016−Sep)... 前回、6月にも行ったが今回も引き続き、世界的に有名なアメリカのオークションサイトebay.comでは今、どんな日本の商品が売れているか? 9月27日にキーワードを"japan"として約300点ほど調べ、グラフ化した。ただし、調べる日時によっては内容に差異があることを了解...
越境EC 中国配送モデル「直送モデル」と「保税区モデル」とは?... 中国越境EC市場は急拡大を続けており、経済産業省の発表によると、2016年日本から中国消費者が越境ECを利用し購入した金額は1兆366億円に達したとしている。 中国へ進出する手段として、越境ECへの注目度は高く、昨年から天猫国際(Tmall)や京東全球購(JD Worldwide)など中国...
「モノ」から「コト」へ変化しているインバウンド観光... 先週11月16日、ドイツ拠点の世界的な市場調査会社GfKは、「Anholt-GfK 国家ブランド指数(NBI)2017」の結果を発表した。これは、世界50カ国のブランド力を測定したものだが、それによると、1位はドイツ、2位はフランス、日本のブランド力は4位という結果が発表されている。 また...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。