« ブログのトップページに戻る

顧客との関係を変える新プラットフォーム、ペリスコープ

   投稿者 : 2015年6月16日 By

イメージ写真

ツイッターのペリスコープ買収により、変革が起きる可能性がある。というのは、まだ競争が始まる前のプラットフォームは、多くの可能性を秘めており、あらゆるビジネスチャンスを生み出すかもしれないからだ。この記事を読んだ人は今日はラッキーかもしれない。

ペリスコープとは?

ペリスコープとは、スマホやタブレット専用の動画配信アプリで、視聴者はコメントしたり、気に入ればハートをクリックすることで、視聴者とのコミュニティーを形成することができるアプリだ。ツイッターは文字がタイムラインに流れるのに対してペリスコープは動画をタイムライン二長することができるのが特徴である。ツイッターがペリスコープを買収するのは、必然だったのかもしれない。
今日は、ペリスコープをどうやってビジネスに活用していくべきか、紹介する。

 

ペリスコープをeコマース事業に役立てる3つの方法

 

1. Q and A セッションで、あなた自身とあなたのビジネスを紹介する

ペリスコープを活用することで、あなたの自身と商品の両方を紹介することだ。

ペリスコープイメージ01

2.   舞台裏を見せ、透明性を通じて顧客の忠誠心を深めることができる

ビジネスの舞台裏、例えば調理場や作業場など現場で働いている人たちを撮ってみよう。そしてそれを生の状態、つまり一切編集せずに顧客にさらすのだ。これこそが全く新しいブランド価値を生む厳選になるかもしれない。

ペリスコープイメージ02

3. 製品の展示/デモをライブ放送し、製品の品質を証明する

製品が展示できる状態であれば、プロトタイプや品質を証明できるものを動画でアピールすることはブランド価値を顧客に届けることになる。

ペリスコープイメージ03

 

ビジネスのためのヒント

まずは、スマホにペリスコープのアプリをインストールすることから始めて、話題作りが最初の一歩になるだろう。またハッシュタグの利用もおすすめする。ハッシュタグとはその動画を見つけやすくするために、動画とセットでキーワードを追記していくことだ。

視聴者にハンドルネームで話しかけ、どんな質問にも回答することは従来のソーシャルメディアと同様に大事なリアクションとなる。コメント表示枠とモバイルユーザー向けの閲覧環境を考慮し、改行をこまめに入れること。

 

参考サイト:http://www.shopify.com/blog/33559876-how-to-use-periscope-to-grow-your-ecommerce-business

関連する記事

2017年 日本の広告は何が牽引していた?... 先月、2月22日、電通は『2017年日本の広告費』を発表した。総広告費は前年比の101.6%の6兆3,907億円、その中でもインターネット広告費は前年比、115.2%の1兆5,094億円となっている。 世界経済の回復と企業利益の拡大、雇用の改善など日本の景気は上向き、総広告費は緩やかだが上...
越境EC 中国配送モデル「直送モデル」と「保税区モデル」とは?... 中国越境EC市場は急拡大を続けており、経済産業省の発表によると、2016年日本から中国消費者が越境ECを利用し購入した金額は1兆366億円に達したとしている。 中国へ進出する手段として、越境ECへの注目度は高く、昨年から天猫国際(Tmall)や京東全球購(JD Worldwide)など中国...
YouTube動画マーケティングで売り上げを伸ばす!... ネットを使って見込み客を集客(マーケティング)するには、インターネット動画を活用するのが効果的だ。もし、ECサイトなどで、集客が伸び悩んでいる場合、ECの商品の動画をインターネット動画の中でもYouTubeに動画をアップロードし、自社サイトにもYouTube動画を貼ることをお勧めする。今回はこの...
Live Comemrce で海外販売 Vol2. emikaを経営する岸社長へインタビュー... 「WITH EC」大好評の2弾目は有限会社emikaを経営されていらっしゃいます、岸社長にお話しをお伺いしてきました。徹底的な効率化、合理主義。世界で自分しか出来ないことをやる岸社長。その経営の考え方は大変勉強になりました。 それでは岸社長のインタビュー、お楽しみ下さい。 ―――本日...
ECの巨人AmazonとZOZOTOWN 2018年も後半に入った。国内では、西日本を襲った記録的な豪雨による災害が相次いでいる。被害に遭われた方、避難を余儀なくされている方に心より、お見舞い申しあげる。 今回は昨年2017年のEコマースについてランキング資料をベースに振り返りつつ、昨年も他を大きく引き離し成長したECモール、「Am...
インバウンド対策の鍵と言われる「MICE」とは?... 日本政府観光局によると、2019年6月の訪日外国人(インバウンド)の数は前年比の6.5%増の288万人で、6月では過去最高を更新した。今年はラクビーワールドカップの開催、来年は東京オリンピックを控え、インバウンドの訪日客数は好調に増加している。 2018年には3,000万人を突破したインバ...
このエントリーをはてなブックマークに追加