« ブログのトップページに戻る

比較! こんなに違う日本とアメリカのランディングページ

   投稿者 : 2015年6月16日 By

イメージ写真

日本のランディングページはスタンダードではないとよく言われる。
ランディングページはその国の人々のニーズ、文化、習慣に合わせて、独自に変化してきたものであるので、グローバルな意味で同じ必要はないと思うが、今回は日本とアメリカのランディングページの違いについて、どのように違っているのかを調べてみた。
そもそもランディングページとは何なのか?
定義によると、Webサイトにおいて、サイト訪問者が最初に訪れるページのことを、“訪問者が着地するページ”という意味でランディングページ(Landing Page=LP)といわれ、狭義の意味においてはネット広告にリンク元を設定し、1ページで問合せ・資料請求・購入を促す、独立したページを指す。
ランデイングページの役割は、一つである。それはコンバージョン(conversion)を得ることである。コンバージョンとは問合せ・資料請求・注文していただくこと。ページに訪れたお客様に氏名や連絡先を記入してもらい、特定できる状態に転換(conversion)いただくことである。

 

1.日本のランディングページの特徴

下に典型的な日本の良く見るランディングページをとりあげた。まず、ランデイングページが非常に長いのが特徴である。テキストはうんざりするほどあり、写真をたくさん使用している。ランディングページ基本設計の要素は以下の項目に分けることができる。

日本のランディングページ

出典サイト:http://www.linguage-school.jp/lp/201401.html

①ファーストビュー:

ファーストビューには、キャッチコピーと写真がある。キャッチコピーは左側に配置。今回の商品の特徴を印象づけるキャッチコピーとビジュアルで構成される。ここで、購入や申し込み、登録などアクションボタンも合わせて大きく目立つように配置。

②共感部分:

お客様の関心事や困っていること等を代弁する部分。「そうなのよ。そこが悩みなのよ」とお悩み内容を項目だてると分りやすい。

③商品提案:

共感部分の悩みを解決すべき商品の特徴を写真とコピーで示しながら、商品提案又は商品を提示し、お客様を購入へと誘導する。

④ベネフィット:

この商品を購入した後、あなたはこんなに変わります。Afterがイメージ出来るように商品購入によって得られる良いことを写真とコピーで説明する。

⑤品質保証:

商品の優位性や品質、サービスについて詳細に説明する。

⑥レビュー(利用者の声):

既に体験済みのお客様の生の声、第三者の「口コミ」。まだ、決めかねているお客さまを後押しするレビューには、商品の素晴らしさを伝えられるものであれば、実証データや著名人のコメントやマスコミ事例でも効果は高い。

⑦差別化:

商品の最大の強みをここで、もう一度繰り返す。商品の独自性、競合品との違い。

⑧アクションボタン

お客様に求める行動、コール・トゥ・アクションボタンを設置する。日本の場合はボタンサイズが大きい。ここはシンプルにフォームの場合も最低限必要な内容のみする。

 

2.アメリカのランディングページの特徴

日本のランディングページに比べて短く簡潔にまとまっている。構成要素は日本の内容とほぼ同じであるが、デザイン余白をしっかり使い、フラットデザインであるということ。また、テキストを極力短くし、ビジュアルとのバランスに重点をおいている。

アメリカのランディングページ

出典サイト:http://www.freshbooks.com/

①ファーストビュー:

ファーストビューのコピーはセンター振り分けし訴求力を高める。そして写真や動画などワイド幅いっぱいに大きく扱われている。アクションボタンもファーストビュー含まれる。

②ベネフィット:

商品効果として、この商品を導入するとどう変わるか。使用後の変化を簡潔に明示。構成としてベネフィットを上部に持ってきているところが、日本と違うところだ。

③商品の特徴:

商品の特徴をコピーのみで短く、シンプルにまとめている。

④レビュー/差別化:

競合他社と何処が違うのか?実績や利用者の声など最後の一押し。

⑤アクションボタン:

コール・トゥ・アクションボタンはコンバージョン率の高いグリーン、無料お試しを前面に出したボタン。

まとめ

日本とアメリカのランディングページをこうして比較してみると、サイトのデザインの違いと呼応する。
以前のブログで、ECサイトで日本とアメリカのサイト比較したものがあるのでそちらも参考にしていただくと、より違いがわかる。
まず、日本のランディングページは縦スクロールが長くテキストや写真画像が多い。デザインが派手、ボタンサイズが大きい。が特徴的である。テキストや写真が多いのは、日本人は一般的にサイト内の文字をよく読み、多くの情報を得た後に購入するか否かを決定すことが多いというマーケットであるからだろう。
一方、アメリカのユーザーはあまり文字を読もうとしないマーケットであるということである。アメリカのランディングページの特徴はできる限り情報を少なくし、訴求力を高め、洗練されたデザインで見せる。要らないものは極力削ぎ落とすという、ところであると言える。これら特徴をふまえ、越境ECでアメリカに向けてランディングページをデザインする際には、参考にしていただければ、ありがたい。

関連する記事

ヨーロッパ決済事情-54%がモバイル決済を利用... 先日、ヨーロッパで実施されたオンライン決済に関する実態調査(2016年度VISAクレジットカード会社の調査)では、約54%の消費者がモバイル決済を日常的に利用していることがわかった。これは、昨年度の利用率18%と比較して1年間で何と3倍に急上昇している。 この調査は、クレジットカード会社のV...
越境ECはどう変わる?【2017年JETRO報告書から】... 7月31日、日本貿易振興機構(ジェトロ)は2017年版『世界貿易投資報告』を発表した。 報告書の内容は、世界貿易全体では3.1%の減と2年連続の減少となったことや、日本の貿易収支は6年ぶりの黒字であったこと、さらに電子商取引(Eコマース)市場の将来などがまとめられている。 今回は、この報...
越境ECではどんなモノが売れるのか? 日本の国内EC市場は成熟期といわれるなか、越境ECつまり、海外向け商品販売はまだ、黎明期と言われている市場である。少子高齢化により縮小しつつある日本の消費市場から、販路を海外に向け、越境ECに取り組む企業が増えている。日本にいながら、リスクを最小にし、商品を海外にネット販売するのが越境ECである...
InstagramをEコマースに活用する新機能 スマートフォンで写真を撮影し、その場で加工し、SNSにアップできるアプリといえば、Instagramアプリだ。Instagramは国内ユーザー数1200万人、海外では6億人以上の月間アクティブユーザー数を誇っている。 なぜ、このInstagramが注目されているかというと、WEBサイトの流...
2017年、日本のEC市場はどこまで成長したのか?... 今回は、前回に引き続き、経済産業省「平成29年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場の状況を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、16兆5,054億円。前年より9.1%増加したと発表されている。 各分野では物販系分...
2017年の日本のEC市場、越境EC市場はどのくらい成長した?... 経済産業省は4月25日、「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)を発表した。この内容は2017年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査内容をまとめたものである。 今回はこの内容をベースに201...
このエントリーをはてなブックマークに追加