ヨーロッパのクラウドベース物流サービス

イメージ画像

ヨーロッパのEコマースは日々発展している。ヨーロッパはEU圏内といっても他国になるため、距離とは関係なく物流や決済が複雑である。
商品の販売規定もそれぞれの国で異なるため、販売を開始する前に、ヨーロッパの法律を統括する機関European Commissionで内容を調査をしなければならない。
特に配送に関しては、ヨーロッパの物流サービス会社が需要の増加と共に、これまでにない便利なサービスをスタートさせ、消費者だけでなく、販売業者にとって便利なサービスが次々に導入されている。
例えば、オランダで注目されているクラウドベースのSendCloudという企業では、最近、国内だけでなくヨーロッパへのサービスも開始した。
オランダ国内の販売業者が、ウェブサイト上でソフトを利用して業者と契約する必要なく、ヨーロッパ各国に簡単に海外発送できるという新サービスである。
今回はこのSendCloudの物流サービスについて見ていこう。

 

●Sendcloudのサービス

sendcloudサイト画面

SendCloud:https://www.sendcloud.eu/

  • オンラインストアへのプラグインが可能
  • DHL, UPS, DPDなどの大手の会社から様々な提携会社のレートを比較できる
  • 物流会社と契約する必要なし
  • 注文、発送、追跡機能が自動的に消費者にメールされる
  • 返却も簡単 ラベル作成
  • 多言語対応

上記で述べた通り、European Union(欧州連合委員会)では、現在、ヨーロッパ各国のデジタルマーケット統一化しようと、Eコマースに対応したルール改定に取り組んでいる。
最も重要なポイントとしては「物流コストの削減」「消費者保護法の強化」「決済」である。消費者が安心して購入でき、販売業者は、国内だけでなく、潜在性の高いヨーロッパマーケット参入を容易にすることが目的である。

 

●アマゾンとZalandoの独占市場

Sendcloudの社長Rob van den Heuvelは「小規模の小売企業はアマゾンやZalandoなどの大企業は、自社で物流会社を経営するような規模なので、安価な海外発送料金が実現できる訳で、小規模の会社には対抗できない。
例えば、オランダとベルギーの国境近くの販売業者が60キロ離れたベルギーへ発送するとき、国内であれば5ユーロで100キロ以上離れた場所まで発送できるのが、国境を超えるだけで9ユーロになり、配達日数も1週間掛ってしまうのです。」

 

●物流会社と提携

これに注目したSendCloudは, APIを含む配達ツールを利用しシンプルで効率的に海外発送できるサービスを開始。物流会社を契約で固定するのではなく、自動的にオプションを表示して最も早く安く発送してくれる会社を選ぶことができる。
これにより最寄りの提携ショップでピックアップや返送ができる日本でも馴染みのあるコンビニのシステムがヨーロッパ国内で可能となる。

 

●SendCloud 会社概要

SendCloud は2012年にオランダで設立され、オンラインショップと物流会社を結ぶソフト開発、ラベル作成、追跡などを自動的に送信するシステムである。
SendCloudは、現在、25社を超えるEコマースソフトソリューションと統合し、急成長する新IT企業として表彰されている。
会社はオランダ本社、ベルギー、ドイツ、オーストリア、フランスに支店がある。

 

●まとめ

イギリスでは、既に、Transglobalなどのイギリス発の世界各国への海外発送の会社が存在し、ウェブサイト上で料金や日数が発送先により自動的に比較できるシステムがあるが、ヨーロッパ大陸間では消費者の保護法などにおいても慎重に話し合いが行われており、近い将来、ヨーロッパのデジタルマーケットの統一化に対応した発送システムが導入されていく段階だと思われる。
消費者、販売業者にとって有益なオンラインサービスが確立すれば、これがカギとなり、さらにヨーロッパのEコマースは急成長するだろう。

 

参考:https://ecommercenews.eu/dutch-shipping-service-sendcloud-starts-european-delivery-network/#more-8442

関連する記事

活用したい!越境EC代行サービス 越境EC市場は、2021年には2017年の2倍に拡大すると予測されている。 2017年の越境EC統計では、日本から対中国・アメリカへ越境ECで販売金額は2兆106億であった。これが、2021年には2倍の約4兆円規模に拡大するとの予測だ。 このように越境ECは今後、インバウンド需要の拡大と...
越境ECモールにはどんなものがあるの?... 越境ECを構築すれば、これまでのマーケットを世界に広げることができる。越境ECは、海外に販路を広げるためにはもっともリスクの少ない方法である。海外を視野に入れると、日本では注目されないものや、思いがけないものが高額で売れることもある。 そこで、今回は海外に販路を広げるための一つの方法として、...
越境EC Amazon US活用のメリットとデメリット... 2018年5月、経済産業省が発表した「電子商取引に関する市場調査」によると、2017年における日本からアメリカ向けの越境EC規模は前年比15.8%増の7128億円。 日本から中国への越境EC規模は、同25.2%の1兆2978億円。アメリカと中国の合計は前年比21.7%増の2兆106億円とな...
越境ECを始める前に知っておくべき基礎知識【アメリカ編】... アメリカは2013年までは、世界第1位のB2C Eコマース市場規模だった。2017年、現在では、急成長の中国に1位の座を奪われたが、市場規模は世界第2位で、前年比の成長率は12.1%の3,603億米ドル(約41兆円)(2016年数値)となっている。 越境EC市場規模でもアメリカは世界第2位...
経済産業省が発表! 2015年のEC市場調査結果... 経済産業省は6月14日、 「平成27年度我が国情報経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。内容は日本の電子商取引市場の実態、日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果を元に国内のEC市場や越境EC市...
今年も始まる「春節」、越境ECへの影響は?... ここ最近、インバウント(訪日外国人旅行)といった話題を聞かない日はない。 ここ数年、訪日外国人の数は右肩上がりで増加しており、特に中国人観光客の訪日が大きい。爆買いブームは終わり、買い物から観光する・日本を体験することに目的がシフトしてきたと言われるが、中国では今月、1月27日(金)から2...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ