意外と高い 日本人の越境EC利用状況

タイトルイメージ

株式会社ジャストシステムは、2月25日、セルフ型ネットリサーチ「Fastask(ファスクアスク)」モニタのアンケート調査で『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年1月度)』を公表した。
その調査内容には、日本人消費者の海外ECサイト利用に関する調査内容も含まれていた。
今回は、このジャストシステムの調査から、日本人が海外のECサイトをどの程度利用し、海外のECサイトの情報をどこから得ているか、海外ECサイトの利用した際のトラブルなどのアンケート内容ついてまとめた。

日本人の越境ECの利用は意外と多かった

以前、ペイパル調査資料の中に世界の越境EC利用状況についてというのがあった。その資料では、日本人の海外ECサイトは26%と他国と比べ、最も低い数値だった。
だが、今回のジャストシステムが行った『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年1月度)』によると、日本人の越境EC利用は30.5%と世界的には標準的な割合となっている。
ジャストシステムの今回のこの調査は、2020年1月27日(月)~2月1日(土)に行われたものだ。
調査はネットでのアンケートによるもので、Fastaskのモニタ、17歳~68歳の男女1,100名の集計結果である。
その中に「日本人消費者の越境EC利用状況」があり、利用したことがあると答えた人は、全体の30.5%となっている。

日本人の越境EC利用

年代別で越境EC利用を見ると、10代が55.1%、20代で43.3%、30代で30.8%、40代で23.1%、50代で23.9%、60代で21.1%となっており、10代では半数以上が越境ECで買い物経験があるという内容になっている。

日本人の年代別越境EC利用状況

海外ECサイトを知ったきっかけは何ですか?

海外のECサイトを知ったきっかけは「インターネットのニュース記事」が30.1%と最も高い。次に友人・知人の22.4%、そしてSNSのInstagramの21.9%などとなっている。
男女別では、男性の37.4%はネットニュースからで、女性はInstagramから31.5%と最も高い数値となっている。

 

越境ECで購入前の情報収集はほとんどの人が行っている

日本のユーザーは海外のECサイトで商品を購入する前に、商品情報を収集している割合は、80.6%と、ほとんどの人が購入前に商品情報を収集しているようだ。
商品情報でよく利用するのが、ネットニュース記事情報の46.8%が最も多い。次に口コミサイト41.1%、Twitterの29.7%、Instagramの27.2%の順となっている。

越境ECで購入する前の商品情報

海外ECサイトを利用する理由は何ですか?

海外のECサイトを利用する理由で、最も多かった回答は「日本にはない商品がある」が63.3%で最も高い数値となっている。次に「価格が安い」が50.5%、「商品の種類が豊富にある」が34.4%となっている。
年代別においても、30代以外は「日本にはない商品がある」が圧倒的に高い数値となっている。つまり、価格も重要だが、「日本では手に入りにくい商品」であることが重要視されているようだ。

越境ECを利用する理由

海外ECサイトで遭遇したトラブルは何ですか?
(国内、海外との比較)

海外のECサイトを利用した際のトラブルで最も多かったものは、「予定より配送が遅かった」が、34.7%と最も高い数値となっている。次に「商品の中身が思っていたものと違った」が31.1%、さらに「パッケージが汚れていた、破損していた」が24.5%となっている。
また、「商品が配送されない」と言うケースも17.9%と高く、海外のECサイトは国内のECサイトに比べ、各種トラブルが多いことを示されている。

越境ECのトラブル

まとめ

今回の日本人の海外ECサイトの利用率についての調査結果を見ると、全体では3割の人が海外ECサイト利用しており、さらに10代の半数以上が利用し、海外ECサイトの情報源は、男性は「ネット記事」、女性は「Instagram」から得ていることがわかった。
昨今の10代消費者は、国内サイトに比べトラブルはあるが、海外のECサイトから日本にはない海外ブランド商品などを購入することに積極的であることを裏付けている。

出典:10代EC利用者の半数以上に、「海外EC」の経験より
図については、「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年1月度)」より作成

 

関連する記事

越境EC 海外配送の各社取り組み 越境ECを始める際に重要なのが、海外配送手段の知識を得ておくことである。 海外配送には、大きくわけて、国際郵便と国際宅急便の2種類がある。 EMSは国際郵便の一種であり、国際郵便の運営は万国郵便連合加盟国の各国の郵政庁など公的配送会社となっている。日本では、日本郵便、アメリカではUSPS...
ECの巨人AmazonとZOZOTOWN 2018年も後半に入った。国内では、西日本を襲った記録的な豪雨による災害が相次いでいる。被害に遭われた方、避難を余儀なくされている方に心より、お見舞い申しあげる。 今回は昨年2017年のEコマースについてランキング資料をベースに振り返りつつ、昨年も他を大きく引き離し成長したECモール、「Am...
今、世界で最も成長著しいEC市場はどこですか?... 今年も続いている新型コロナ感染症のパンデミックは、地球上のほぼすべての人々、組織、国を新しい状況への適応へと駆り立てた。 現時点で世界の経済の回復にはばらつきはあるが、世界のどの国を見ても、オンラインショッピング、Eコマースの利用拡大は顕著な事実として認められる。 報告によると2020年...
Live Commerceで日本の釣り具を世界に販売する 「ASIAN PORTAL」大谷社長にイン... 今回は、今年6月より、スタートアップした「ASIAN PORTAL FISHING」の大谷社長にいろいろとお話を伺った。「ASIAN PORTAL FISHING」では日本の釣り具メーカー約300社を集約し、Fishingに特化した商品を海外に販売している。 オープン間もないが、事業内容や...
【越境EC】EMSが休止の今 FedexとDHLを比べてみた... 日本郵便は新型コロナの影響で4月24日、アメリカへの引き受けを停止すると発表した。4月24日時点では、EMSおよび航空扱いの引き受けをているのはアメリカを含め、146か国・地域において一時停止すると発表している。 あれから、2ヶ月程経つが、国、地域によっては多少は再開されつつあるが、アメリ...
【越境EC最前線】日本の食品を越境ECで売るためのポイント... 2021年、3月現在、依然として新型コロナ禍によるECの需要は高い。売れ筋商品やそのカテゴリーを見ても、ステイホームなどで楽しめる商品が好調を見せている。 Adobeの調査によると、2021年1月と2月のアメリカのEコマースの売上げは、すでに計1210億ドル(約13兆2130億円)となって...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ