意外と高い 日本人の越境EC利用状況

タイトルイメージ

株式会社ジャストシステムは、2月25日、セルフ型ネットリサーチ「Fastask(ファスクアスク)」モニタのアンケート調査で『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年1月度)』を公表した。
その調査内容には、日本人消費者の海外ECサイト利用に関する調査内容も含まれていた。
今回は、このジャストシステムの調査から、日本人が海外のECサイトをどの程度利用し、海外のECサイトの情報をどこから得ているか、海外ECサイトの利用した際のトラブルなどのアンケート内容ついてまとめた。

日本人の越境ECの利用は意外と多かった

以前、ペイパル調査資料の中に世界の越境EC利用状況についてというのがあった。その資料では、日本人の海外ECサイトは26%と他国と比べ、最も低い数値だった。
だが、今回のジャストシステムが行った『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年1月度)』によると、日本人の越境EC利用は30.5%と世界的には標準的な割合となっている。
ジャストシステムの今回のこの調査は、2020年1月27日(月)~2月1日(土)に行われたものだ。
調査はネットでのアンケートによるもので、Fastaskのモニタ、17歳~68歳の男女1,100名の集計結果である。
その中に「日本人消費者の越境EC利用状況」があり、利用したことがあると答えた人は、全体の30.5%となっている。

日本人の越境EC利用

年代別で越境EC利用を見ると、10代が55.1%、20代で43.3%、30代で30.8%、40代で23.1%、50代で23.9%、60代で21.1%となっており、10代では半数以上が越境ECで買い物経験があるという内容になっている。

日本人の年代別越境EC利用状況

海外ECサイトを知ったきっかけは何ですか?

海外のECサイトを知ったきっかけは「インターネットのニュース記事」が30.1%と最も高い。次に友人・知人の22.4%、そしてSNSのInstagramの21.9%などとなっている。
男女別では、男性の37.4%はネットニュースからで、女性はInstagramから31.5%と最も高い数値となっている。

 

越境ECで購入前の情報収集はほとんどの人が行っている

日本のユーザーは海外のECサイトで商品を購入する前に、商品情報を収集している割合は、80.6%と、ほとんどの人が購入前に商品情報を収集しているようだ。
商品情報でよく利用するのが、ネットニュース記事情報の46.8%が最も多い。次に口コミサイト41.1%、Twitterの29.7%、Instagramの27.2%の順となっている。

越境ECで購入する前の商品情報

海外ECサイトを利用する理由は何ですか?

海外のECサイトを利用する理由で、最も多かった回答は「日本にはない商品がある」が63.3%で最も高い数値となっている。次に「価格が安い」が50.5%、「商品の種類が豊富にある」が34.4%となっている。
年代別においても、30代以外は「日本にはない商品がある」が圧倒的に高い数値となっている。つまり、価格も重要だが、「日本では手に入りにくい商品」であることが重要視されているようだ。

越境ECを利用する理由

海外ECサイトで遭遇したトラブルは何ですか?
(国内、海外との比較)

海外のECサイトを利用した際のトラブルで最も多かったものは、「予定より配送が遅かった」が、34.7%と最も高い数値となっている。次に「商品の中身が思っていたものと違った」が31.1%、さらに「パッケージが汚れていた、破損していた」が24.5%となっている。
また、「商品が配送されない」と言うケースも17.9%と高く、海外のECサイトは国内のECサイトに比べ、各種トラブルが多いことを示されている。

越境ECのトラブル

まとめ

今回の日本人の海外ECサイトの利用率についての調査結果を見ると、全体では3割の人が海外ECサイト利用しており、さらに10代の半数以上が利用し、海外ECサイトの情報源は、男性は「ネット記事」、女性は「Instagram」から得ていることがわかった。
昨今の10代消費者は、国内サイトに比べトラブルはあるが、海外のECサイトから日本にはない海外ブランド商品などを購入することに積極的であることを裏付けている。

出典:10代EC利用者の半数以上に、「海外EC」の経験より
図については、「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年1月度)」より作成

 

関連する記事

アメリカの経済再開 アメリカEC市場は、今どうなっている?...   アメリカ経済の回復ペースが加速している。1-3月期の実質GDP成長率では、前期比年率6.4%増と、前期の4.3%からさらに加速した。 今後、アメリカではワクチン接種の普及が進んでいることから、景気回復ペースは一段と加速すると予測されている。 ニューヨーク州のクオモ知事...
小売の巨人ウォルマート 快進撃の裏にある様々な挑戦... 日本経済新聞によると、アメリカ小売企業ウォルマートの2019年8月〜10月の決算は、純利益92%増の32億8800万ドル(約3600億円)と発表された。成長分野のネット販売の売り上げが、41%増と安定、拡大した結果とされている。 ウォルマートは世界最大の小売り企業である。ネット販売では米A...
中国新興EC「拼多多」にみる新時代のマーケティング戦略とは... 新型コロナ禍が沈静化しつつある中国では、既に経済活動が回復しつつある。中国は第二波の感染拡大を最小限に抑えるために鎖国状態による厳格な対策が取られている。 そのような中、今、コロナ禍によるオフライン消費からオンライン消費への一層の移転が進行している。特に生鮮食品のオンライン販売が大きく伸び...
2017年、日本のEC市場はどこまで成長したのか?... 今回は、前回に引き続き、経済産業省「平成29年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場の状況を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、16兆5,054億円。前年より9.1%増加したと発表されている。 各分野では物販系分...
日本の売れ筋商品がわかる イーベイが越境ECトレンドを公開... アメリカはコロナ禍から脱しつつあり、経済が大きく回復しつつある。2021年1月-3月期の実質GDP成長率(速報値)は、前期比年率+6.4%と大きく成長した。 成長の背景には12月と3月に実施された現金給付、一人当たり計2,000ドル(約218,000円)の景気対策とコロナワクチン接種の普及...
知らないと損をする、越境EC配送の新時代!... これは、今後越境ECを始めようと考えている、又は既にやっている方向けの記事です。 特に、「容積重量」という言葉を聞いた事がないという方には是非読んでいただきたいと思います。 そもそも、「容積重量」というのは運送会社で送料の計算をする時に使われる言葉です。 これまで、日本の越境E...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ