意外と高い 日本人の越境EC利用状況

タイトルイメージ

株式会社ジャストシステムは、2月25日、セルフ型ネットリサーチ「Fastask(ファスクアスク)」モニタのアンケート調査で『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年1月度)』を公表した。
その調査内容には、日本人消費者の海外ECサイト利用に関する調査内容も含まれていた。
今回は、このジャストシステムの調査から、日本人が海外のECサイトをどの程度利用し、海外のECサイトの情報をどこから得ているか、海外ECサイトの利用した際のトラブルなどのアンケート内容ついてまとめた。

日本人の越境ECの利用は意外と多かった

以前、ペイパル調査資料の中に世界の越境EC利用状況についてというのがあった。その資料では、日本人の海外ECサイトは26%と他国と比べ、最も低い数値だった。
だが、今回のジャストシステムが行った『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年1月度)』によると、日本人の越境EC利用は30.5%と世界的には標準的な割合となっている。
ジャストシステムの今回のこの調査は、2020年1月27日(月)~2月1日(土)に行われたものだ。
調査はネットでのアンケートによるもので、Fastaskのモニタ、17歳~68歳の男女1,100名の集計結果である。
その中に「日本人消費者の越境EC利用状況」があり、利用したことがあると答えた人は、全体の30.5%となっている。

日本人の越境EC利用

年代別で越境EC利用を見ると、10代が55.1%、20代で43.3%、30代で30.8%、40代で23.1%、50代で23.9%、60代で21.1%となっており、10代では半数以上が越境ECで買い物経験があるという内容になっている。

日本人の年代別越境EC利用状況

海外ECサイトを知ったきっかけは何ですか?

海外のECサイトを知ったきっかけは「インターネットのニュース記事」が30.1%と最も高い。次に友人・知人の22.4%、そしてSNSのInstagramの21.9%などとなっている。
男女別では、男性の37.4%はネットニュースからで、女性はInstagramから31.5%と最も高い数値となっている。

 

越境ECで購入前の情報収集はほとんどの人が行っている

日本のユーザーは海外のECサイトで商品を購入する前に、商品情報を収集している割合は、80.6%と、ほとんどの人が購入前に商品情報を収集しているようだ。
商品情報でよく利用するのが、ネットニュース記事情報の46.8%が最も多い。次に口コミサイト41.1%、Twitterの29.7%、Instagramの27.2%の順となっている。

越境ECで購入する前の商品情報

海外ECサイトを利用する理由は何ですか?

海外のECサイトを利用する理由で、最も多かった回答は「日本にはない商品がある」が63.3%で最も高い数値となっている。次に「価格が安い」が50.5%、「商品の種類が豊富にある」が34.4%となっている。
年代別においても、30代以外は「日本にはない商品がある」が圧倒的に高い数値となっている。つまり、価格も重要だが、「日本では手に入りにくい商品」であることが重要視されているようだ。

越境ECを利用する理由

海外ECサイトで遭遇したトラブルは何ですか?
(国内、海外との比較)

海外のECサイトを利用した際のトラブルで最も多かったものは、「予定より配送が遅かった」が、34.7%と最も高い数値となっている。次に「商品の中身が思っていたものと違った」が31.1%、さらに「パッケージが汚れていた、破損していた」が24.5%となっている。
また、「商品が配送されない」と言うケースも17.9%と高く、海外のECサイトは国内のECサイトに比べ、各種トラブルが多いことを示されている。

越境ECのトラブル

まとめ

今回の日本人の海外ECサイトの利用率についての調査結果を見ると、全体では3割の人が海外ECサイト利用しており、さらに10代の半数以上が利用し、海外ECサイトの情報源は、男性は「ネット記事」、女性は「Instagram」から得ていることがわかった。
昨今の10代消費者は、国内サイトに比べトラブルはあるが、海外のECサイトから日本にはない海外ブランド商品などを購入することに積極的であることを裏付けている。

出典:10代EC利用者の半数以上に、「海外EC」の経験より
図については、「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年1月度)」より作成

 

関連する記事

【越境EC】EMSが休止の今 FedexとDHLを比べてみた... 日本郵便は新型コロナの影響で4月24日、アメリカへの引き受けを停止すると発表した。4月24日時点では、EMSおよび航空扱いの引き受けをているのはアメリカを含め、146か国・地域において一時停止すると発表している。 あれから、2ヶ月程経つが、国、地域によっては多少は再開されつつあるが、アメリ...
越境ECで売り上げ好調なサイト -NO.2 –... 日本では国内向けEC市場は成長を続けるものの、少子高齢化問題など、一部市場では伸び率に翳りが見られる分野もある。そのような中、早い時期に国内から海外に視点を変えることで、成功している企業も多い。12月20日のジェトロの報告書にもあるように海外販売で日本の商材を販売するという市場は魅力的な分野...
2019年 Webデザインの潮流 Webデザインはその年、その年で新しいものが生まれ、トレンドとなったり、ならなかったりする。 2018年のトレンドと言えば、グラデーション、スプリット(分割)レイアウト、タイポグラフィデザインなど見た目のデザインが多かったように感じられる。 今年はどうだろうか? デザインを行うには「見た...
ECサイトに必須のEC接客機能とは ECサイトの機能で接客機能で代表的なものは何か、ご存知でしょうか? 「この商品を買った人は、こちらの◯◯も買っています」など、訪問ユーザーへお薦め商品情報を提案するレコメンド機能がそれにあたります。 「レコメンドエンジン」はウェブ上の接客と言われ、訪問者の購買や行動履歴に基づき、ユーザー...
EC化率の低いフードECに未来はあるのか... 経済産業省の「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書によると、2018年の日本国内のBtoC-EC市場規模は17兆9,845億円となっており、EC化率も、6.22%と右肩あがりの増加傾向となっている。その中で、食品におけるEC市場(フードEC市場)を見ると、その市...
【越境EC】アメリカ攻略の鍵となるWEBマーケティングのポイント... 日本企業は、少子高齢化、内需減少などにない伴い、収益を上げるには海外販路の拡大は大きな命題となっている。しかし、なかなか、販路拡大にあっては一筋縄ではいかない。 日本人の英語能力、自社商品のアピール不足など、海外販路拡大が停滞している企業も少なくない。 今は、インターネットの時代である。...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ