越境ECはIT補助金で始める

イメージ画像

この度、デジタルスタジオは「平成30年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業」において「IT導入支援事業者」に認定された。
「IT導入支援事業者」とは、中小企業・小規模事業者様に対して「ITツール」を販売し、経済産業省が公募するIT導入補助金の申請のサポートを行える事業者である。
当社が「IT導入支援事業者」に認定されたことにより、IT導入補助金を活用して、越境EC(Live−Commerceを利用)を構築したいとお考えの事業者様は、事務局を通じ当社に申し込みいただくと、Live−Commerceの導入サポートと補助金申請入力を中小企業診断士と共同でサポートする。
採択された場合、Live−Commerceの越境EC構築プランの半額分を補助金で補うことができる。
今回の「IT導入補助金」を活用し、越境ECサイトをLive-Commerceで構築し、貴社の海外販売事業に大胆に踏み出していただきたい。

今年のIT導入補助金は最大450万円規模

IT導入補助金」とは中小企業・小規模事業者へ「生産性の向上により、足腰の強い経済を構築」することを目的している。
「IT導入補助金2019」は、ITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助するもので、2019年度は補助上限額が450万円まで引き上げられた。
大きく変わったところは、補助金額が高くなったことで、ハードルが高くなり、採択率も低くなることが考えられる。
生産性を向上させるためのITツールを導入することにより、補助金額に上限はあるが、その費用の半分を補助するというもの。
さらに今年から、公募内容はA類型とB類型に分かれ、公募期間や補助金額が異なっている。
IT導入補助金の申請方法などのご相談はこちらから

今回のIT導入補助金にはA類型とB類型に内容が分かれており、以下のようになっている。

A類型

8個の業務プロセスから最低1個以上、全てのプロセスから合計2個以上のプロセスが含まれている場合、A類型となる。 補助額は40万円~150万円。

  • 2次募集期間:7月17日~8月23日(1次募集は既に終了)
  • 補助上限額・下限額:上限額:150万円未満 下限額:40万円
  • 補助率:1/2以内
  • 補助対象経費区分: ソフトウェア費、導入関連費

B類型

8個の業務プロセスから3個以上、全てのプロセスから合計2個以上のプロセスが含まれている場合、B類型となる。 補助額は150万円~450万円。

  • 2次募集期間:7月17日~8月23日(1次募集は既に終了)
  • 補助上限額・下限額:上限額:450万円 下限額:150万円以上
  • 補助率:1/2以内
  • 補助対象経費区分: ソフトウェア費、導入関連費

2次募集(7月17日〜)の補助金申請には、少なくとも14〜21営業日は必要となるので、申請をご検討のお客様は早めにご相談いただきたい。

IT導入補助金申請は「支援事業者」と行う

導入補助金を申請するには、IT導入支援事業者として認定されてた企業の「ITツール」を選択し、規定応募内容のサポートを受けることで補助金応募が可能となる。
助成金は規定要件を満たせば必ず支給されるが、補助金は規定要件を満たしたうえで審査があり、採択されるかどうかは審査次第である。
そして、IT導入補助金は2019年度から上限額が大幅にアップしたが、ITツールの捉え方、交付申請時の要件が大きく変更となった。
デジタルスタジオは、IT導入補助金事務局より2019年「IT導入支援事業者」として認可されており、越境ECを構築するための「ITツール」も同様に登録している。
また、申請に必要なツールの登録や経営業務登録に関しては、OOTAKE経営コンサルティングオフィス(中小企業診断士)とデジタルスタジオで共同で支援する体制である。
以下は「ITツール」に登録されているLive CommerceのITツールNOとITツール名である。

  • ITツールNo:TL30-0104687
  • ITツール名:Live Commerce (ライブコマース : 越境ECカート)

登録申請までの流れは以下のようになる。

IT補助金申請の流れ

越境ECで第2の売り上げの軸を構築する可能性は高い

現在、海外販売に踏み出したいという、お客様からの問い合わせは多い。
日本の商品は海外ではその優れた技術、デザイン性、価格など、評価が高く人気がある。
ブランドや商品の露出度を高めることで、充分、海外販売で成功する確率は高い。
Live-Commerceでは様々な越境EC構築のためのITツール各種プラン:シルバー、ゴールド、プレミアム、カスタマーサクセス(各プラン内容は下記図表を参照)が用意されている。
今回の「IT導入補助金」を活用することで、プラン内の越境EC構築費用と年間回線、各種サービスの利用料の2分の1を「IT導入補助金」から補助されるかたちとなる。
例えば、カスタマーサクセスプランを選んでいただければ、北米回線利用、開店代行サービス、越境EC運用のご提案、当社担当専任サポート、1年間のSSLやドメイン使用料などを含め、全予算の半分(125万円)で越境ECの構築を実現できる。
越境ECでECサイトを構築し、海外販売を3ヶ月以内に軌道に乗せたいお客様は、カスタマーサクセスプランで当社にご相談いただき、IT補助金申請を当社と共同で行うと良いだろう。
是非、海外販売を成功させ、海外進出の第一歩を踏み出していただきたい。

IT補助金のプラン

 

IT導入補助金の利用についてのご相談はこちらから

関連する記事

ドイツ、スウェーデン、ルクセンブルクの2015年のEコマースをレポートする... ドイツでのオンラインやメールオーダーの注文による売り上げが昨年度より12%も増加している。この増加 は、店舗での販売を大幅に超えている結果となり、成長率は3.1%、2015年のドイツでのオンライン販売総売り 上げは598億ユーロという莫大な金額だ。 今回はドイツ、スウェーデン、ルクセンブルグ...
【メーカー限定】 ビジネスモデルを根本から転換、海外販売代行モデル... ・外国語対応のホームページの初期費用が高く、新規事業の投資を抑えたい.... ・外国語対応のホームページを立ち上げたが、全く効果が出ない.... ・海外からの顧客開拓・売上をどうやって作ればいいのかわからない... 1つでもあてはまるメーカーの経営者様へ 国内のメーカーから、「国際的...
アメリカ向けSEO対策はどうするの? 越境ECを構築し、まず行わなければならいのが集客である。集客ができなければ、海外向けてECサイトを作ってもすぐに注文が入るわけではない。 欧米ではGoogleの利用が65.7%と圧倒的なシェアで、さらにビジネスマンの90%は1日に3回以上はパソコンまたはスマートフォンで”検索&r...
アメリカの代表的なECサイトから学ぶ 今週1月20日には、アメリカの新大統領にオバマ大統領が8年の任期を終え、トランプ新大統領が正式に就任する。 就任後は、日本とアメリカとの貿易、経済や軍事など、多方面において大きな変化が起こることは間違いないだろう。この変化の度合いによっては越境ECにも変化を強いられることだろう。 そこで...
海外発送代行サービス7社 その特徴・料金などを比較!... 越境ECを運営する際に問題となるのが、海外発送をどうするかである。自社で海外発送を行える人的リソースがあれば、自社で行うに越したことはないが、海外販売が軌道に乗り、注文量も次第に多くなり、発送まで手が回らなくなったという事業者も多いと聞く。そこでおすすめなのが、「海外発送代行サービス」である...
東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ