« ブログのトップページに戻る

SNSで集客する際のポイントは? ーInstagram・LINE編ー

   投稿者 : 2017年7月3日 By

イメージ画像

先日、Facebookの全世界で月間アクティブユーザー数が20億人突破したとの報道があった。競合するアメリカの投稿サイトのTwitterは4月時点での月間アクティブユーザー数が3億2800万人としているので、その伸長率には目をみはるものがある。
SNSにはそれぞれ特長があり、その特長をいかした、投稿を行うことで集客可能なツールである。店舗経営や企業ではSNSを活用して集客成功事例がたくさん報告されている。
前回、SNSで集客する際のポイントとして、FacebookとTwitterを取り上げたが、今回は引き続き、InstagramとLINEについて取り上げ見て行こう。

 

●Instagramのメリットと集客する際のポイント

図表01

全世界の月間アクティブ利用者数が7億人(2017年4月)を突破したInstagram。国内月間アクティブユーザーは1,600万人(2016年12月)となっており、上の図を見ても分かるように、Instagramは今や10代20代を中心とした女性の日常生活の一部となっている。
Instagramは写真によるつぶやき(Twitter)を共有するソフトである。写真を閲覧できるのはあくまで自分がフォローしているユーザーのみで、好きな芸能人だったり、興味の対象だったり、プライベートな裏の世界を垣間見ることことができるのが利用者数の増加につながっているだろう。
以下にInstagramのメリットをまとめた。

  • 10代20代の女性に人気のSNS
  • ビジュアルコミュニケーションに特化
  • 実名でなくても利用できる
  • 写真フィルターでおしゃれな加工ができる
  • 写真なので手軽で気軽に投稿できる

今、Instagramが他のSNSと大きく違っている点は、若い女性が商品の購入を目的にInstagramを活用しているところだ。女性ユーザーの6割がハッシュタグ検索し、商品を閲覧し、その中の4割のユーザーが購入経験があるという統計もある。
Instagramは今や単なるコミュニケーションツールではなく、購入目的に利用されるツールとしても注目されている。
次にInstagramで集客するときにポイントについて見て行こう。

 

●Instagramで集客する際のポイント5つ

●店舗、企業など情報を掲載する

Instagramにはビジネスツール機能があり、ビジネスアカウントを取得し、ページの開設から始め、お店や企業の世界観を表現しブランディングすることで、ユーザーに好感をもってもらうことが第一だ。ブランド力表現できれば、商品購入の後押しをする。

●写真は商品画像ばかりではなく、世界観が大切

Instagramで投稿する写真は販売している商品写真ばかりではなく、店内の様子、スタッフの写真、お客様と販売員との語らい、コンセプチュアルフォト、動画なども良いだろう。自社や店舗にどんなイメージを持ってもらいたかを明確にしたうえで、投稿内容に統一感をもたせることが重要である。

●ハッシュタグは商品購入のツール

Instagramでは、最大30個までハッシュタグを付けることが可能。
ハッシュタグをつけることで、多くの人に見ていただくことができ、ハッシュタグ日記、ハッシュタグ作文などの活用もある。適切なハッシュタグは、アカウントへの流入や購買活動に大きな効果がある。

●Instagramでファンとのコミュニケーション

Instagramもフォロワーやアカウント閲覧者が増えてくるとコメントも多くなるだろう。 できる限り、反応していただいたユーザーとは密なコミュニケーションを心がけるようにする。
コメントやメッセージは店舗などの運営者の個性が出しやすくなるので、ユーザーのコメントを放置することなく、双方向コミュニケーションで顧客の心をつかもう。

●投稿時刻は夕方が良い

Instagram投稿に対して”いいね!”などの反応が高くなる時間は、夕方5時頃または夜中の2時頃という統計もある。
これは、閲覧者に対して投稿数が少ないための結果と考えられる。
また、広く様々なユーザの目に触れたいのなら、日中のアクティブな時間帯でも投稿すべきである。

 

●LINE@のメリットと集客するためのポイント

図表02

日本で最大のSNSプラットフォームであるLINEは、国内利用者数6,800万人、アクティブ率70%以上(LINE 2016年 4月-9月媒体資料より)と今や我々の生活の中ではなくてはならないコミュニケーションツールとなっている。
LINEは2015年2月より個人向け、法人向けのビジネス用途向けのLINE@を開放した。 今回はこのLINE@を集客、販促活動に活用するためのポイントをまとめてみた。
まず、LINE@とは、法人・個人が、自分のLINE@アカウントに登録してくれたお客さまのLINEアプリに向けて、一斉に情報発信するができるツールである。
また、設定を行なえば、お客様と個別に、LINEトークのように1:1の対応も可能である。 サービス的にはメールマガジンのようなサービスがLINE@を通じて行うことができる。
メリットとしては以下の内容となっている。

  • 利用者の年齢層が幅広い
  • 初期費用が安価である
  • スマートフォン、パソコンから簡単に始められる
  • 使い慣れたLINE感覚でトークができる
  • メッセージの開封率が高い
  • メールマガジンの代用に使える
  • 1:1トークができる

 

●LINE@で集客するためのポイント5つ

●まずは開設したら友達をたくさん集める

ネット購入してくれたお客様、ネットショップ上、SNSユーザーに対してLINE@を開設したことをメッセージし、友達の追加をお願いする。また、身近な友達にも友達の追加をお願いする。
ユーザーは友達の追加を「QRコード」と「ID検索」より行うことができるので、ウェブサイトや店頭には「QRコード」を表示して、「以下のコードへアクセス」と掲載する。
また、ID検索は「LINE@ID~で検索して友だち追加をお願いします」などと記して友達をたくさん集めるのが最初の一歩だ。

●友達が増えたらメッセージを配信する

メッセージ送信は集客に最適な方法である。ネットショップのお得な情報や、入荷情報、新商品、人気商品、トレンドコーディネート写真など配信するとよい。そして身近な友達の紹介を促しも忘れずに行う。

●メッセージともにクーポンも発行しよう

クーポン発行はLINE@の集客に効果的な機能の一つである。 クーポンはメッセージと一緒に送ることもでき、発行のタイミングは「友達を追加してくれた時」「アンケートに答えてくれた時」など条件も設定でき、利用回数やクーポン発行の日時も設定できる。
LINEで発行出来るクーポンをどんどん活用すると良いだろう。

●タイムラインに使える#ハッシュタグ

LINE@ではハッシュタグも利用できる。
ハッシュタグは投稿内容のキーワードのようなものだが、LINE@では20個まで設定できる。クーポンやメッセージにハッシュタグ付けで投稿することで、お友達以外のキーワード検索からのユーザーにも見てもらえる確率が高くなり、新規集客につなげることができる。

●「LINEショップカード」の活用も有効な手法

お店などのポイントカードをLINE上でもつことができるようにしたものが、「LINEショップカード」だ。単に「友達登録お願いします」など促しても、登録が伸び悩むこともある。
そんな時にLINEショップカードを活用し、友達新規登録でポイント取得などポイント付与することで確実に集客することもできる。
また、実店舗への来店などでポイント発行など、売上アップに繋がるショップカードは活用すると良いだろう。

LINE@は様々な機能を提供しており、これらツールを無料からスタートすることができる。
基本的には友達登録してくれたお客様に対して、情報発信を行う形なので、その反応率の高さが大きいツールである。
不特定多数を相手にするチラシなどとは比較すると、チラシの場合の商品購入率は0.01%だとすると、下図にあるようにLINE@での商品購入率は6.5%と、その購入率の高さが窺い知れる。
LINE@は顧客数(友達登録)を増やすことで売り上げを伸ばすことができる、非常に優れたコミュニケーション&ビジネスツールと言える。

図表03

 

●まとめ

SNSは個人がやるもので、企業では必要ないと考えている事業者も、これからの時代、20億もの人が日々使っているFacebookを代表とするSNSの活用は必要不可欠なコミュニケーションツールである。
今回取り上げた、Instagramは企業ブランドの確率ツールとして、 LINE@はメール販促ツールとして、前回のFacebookは信頼ある近況報告として、Twitterは拡散力ある集客ツールとしてなど、SNSをうまく使い分け、優先順位をつけてうまく、運用してゆくことが重要である。

関連する記事

オウンドメディアは必要ない?「分散型メディア」とは?... Webマーケティングの世界では、オウンドメディア(自社Webサイト)を使った集客という方法が一般的だ。つまり、コンテンツを自社サイトやブログなどに掲載し、トラフィックを集めるという方法だ。 一方、アメリカではそのコンテンツを自社サイトではなく、Facebook、Twitter、Instagr...
パソコンかスマホか?インターネットの利用状況はどう変化している?... 昨年の総務省が公表した情報通信機器の普及状況データによると、国内のパソコン世帯普及率は、78.0%なっており、パソコン以外ではスマホ普及率は64.2%、タブレットは18.4%とスマホ普及が、ここ5年で急速に進んでいる状況(下図参照)を明らかにした。そのような中で、今年4月8日にニールセン株式会社...
本当に消費者が求めていることとは?... アクセンチュア・ストラテジー社は、「デジタル世代」と言われる若い層も含め、顧客満足度の最も重要な要素について調べた。今回はストラテジー社の「Digital Disconnect in Customer Engagement report」 調査内容をもとに、消費者は”今、どんなサービ...
顧客満足度6年連続1位のヨドバシカメラ、その秘訣は?... ヨドバシカメラはインターネット、ヨドバシ・ドット・コムでは驚くべき変化、進化を遂げている。家電量販店とは思えないくらいの品揃えと、その配送の早さなどで顧客の心を掴んだのだ。今やECサイトの王者、Amazonさえも意識せざるを得ない存在となりつつある、ヨドバジ・ドット・コム。 今回は2015年...
経済産業省が発表! 2015年のEC市場調査結果... 経済産業省は6月14日、 「平成27年度我が国情報経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。内容は日本の電子商取引市場の実態、日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果を元に国内のEC市場や越境EC市...
ショッピングモールサイトではなく、自社ECサイトで売上げをアップするには?... 独自ドメインで自社ECサイトを運営しているが一向に売上げが上がらない、しかし、ショッピングモールサイトでは売上げが上がり、ますます、Amazonや楽天などのモールサイトの依存度は高まり、どうしたら、自社ECサイトでしっかりした売上げ基盤をつくり、モールでの売上げではなく、自社ECサイトで売上げを...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。