« ブログのトップページに戻る

イギリスの越境EC、Eコマース事情

   投稿者 : 2017年9月22日 By

イメージ画像

2016年に日本に訪れたイギリス人は29万2,457人となっており、ヨーロッパ諸国では、日本へ訪れた国民が一番多かったのがイギリス人である。
また、イギリス人は旅行支出額が大きいこと、ビジネス関連で訪日が多いのが特徴のようだ。イギリスの人口は約6,490万人、そのうち93%がインターネットユーザーで、ユーザーの81%がオンラインショップを利用している。
そして、イギリスのEC市場規模は中国、アメリカについで世界第3位の規模を誇っている。
今回はそのようなイギリスの越境EC、Eコマース事情について見て行こう。

●日本の3分の2の国土、イギリスの基本情報など

イギリスの基本情報

 

●世界でEC化率がもっとも高い国、イギリス

イギリスは世界でもっとも、オンラインショッピングが浸透している国のひとつである。 イギリスのB2C(Eコマース)の市場規模は2016年は1,740億ユーロ(約22兆円)に達し、前年比17.8%と拡大している。
これは、中国、アメリカに次ぐ世界第3位の規模である。 また、ネット通販のEC化率(物販系分野で13%)も増加を続け、日本の3倍の数値である。
2015年のデータではあるが、人口一人当たり年間販売額は1,532(17万円)ドル、この数字はアメリカ(1,068ドル)以上の数字でもある。
イギリスではAmazonに代表されるネット販売が進展し、さらに総合スーパーや百貨店、家電販売などの店舗がネット販売に積極的に取り組み、熾烈な競争による急成長があるようだ。
また、イギリスではM(モバイル)コマースも重要な動きの一つである。イギリスではスマートフォンやタブレットからの購入が多くを占め、モバイル経由での商品購入は2014年が約1.16兆円、2015年で約2.06兆円と大きく成長している。

 

●イギリス人は何を購入し、ECでは何が問題なのか?

wenga-solutionsの調べによると、イギリスでもっともオンラインショップで購入されている商品の1位はアパレル、2位が書籍、3位が家電となっている。また、2015年では38%のユーザーが越境ECで商品を購入している。
購入する国別の上位はアメリカ、次いで中国、ドイツとなっている。 決済もクレジットカード決済が49%、Paypalなどが40%、銀行決済は少なく5%となっている。
イギリスの場合、オンラインショップ最大の問題は物流にあり、日本の宅配サービスとは違い、ユーザーが満足できる水準まで高まっていない点にある。これまでの配送はRoyalMailグループが中心に担っていたが、あまりにも配達時間がルーズであるためか、近年ではAmazonなどネット事業者、店舗事業者は、自ら物流体制の整備を進め、さらに、店舗からの直接配送、クリックアンドコレクト、オムニチャネル等、多様な取り組みで物流の問題をカバーしようとしている。

 

●イギリスの代表的なECサイト

イギリスの人気サイトはAmazon、eBayが有名なところだが、他にもTesco、Argosなどが代表的なサイトとなっている。

amazon.co.uk

アマゾントップ画面

https://www.amazon.co.uk/

Amazonの欧州進出のきっかけとなったのが amazon.co.uk。 もともとはイギリス最大のオンライン書店「ブックページズ」の買収し、事業展開した。

 

TESCO

テスコトップ画面

http://www.tesco.com/

テスコはイギリスでもっとも多いスーパーマーケット。コンビニエンスストアや金融、電気通信、ガソリンスタンド事業など多種業態に事業を展開している。

 

Argos

アルゴストップ画面

http://www.argos.co.uk/

argosは40年以上イギリスで、事業を展開しており、玩具、家具、日用品、電子機器、デジタル製品などを扱っている。イギリス国内では750以上の店舗が存在する。

 

John Lewis

ジョンルイストップ画面

https://www.johnlewis.com/

ジョン・ルイスは顧客満足度(品揃え、価格、サービスの質など)で1位を獲得した大手デパートである。ネットで注文した商品を、店舗や受け取り専用の場所で商品を受け取ることができる「クリックアンドコレクト」サービスでも成功している。

 

●イギリスの越境EC市場規模は世界第5位

2016年のイギリスは越境EC市場規模は、中国、アメリカ、インド、フランスに次ぐ規模で67億ポンド(約1兆96億円)となっている。また、オンライン利用者のうち、36%(2014年)のユーザーが越境ECを利用して買い物を行っているとのデータもある。
イギリスでは日本の人気のブランドは多くあり、食品、雑貨、ファッショングッズ等に人気がある。

越境EC市場規模の比較

 

●Live Commerceご利用のお客様ではアパレル関連が売れ筋商品

当社Live Commerceを利用されているお客様の越境ECサイトから、イギリスの消費者がここ一ヶ月でどのような商品を購入されているかを調べてみると、やはり、越境ECでも国内ECショップ同様、多かったのはファッション関連商品であった。
次いで、美容関連が売れ筋商品となっていた。変わったところでは仏壇など伝統的製品も売れていた。

イギリスの売れ筋商品

 

●まとめ

イギリスのEC市場は世界第3位と市場規模も高く、ヨーロッパのEコマースの市場拡大を牽引している状況だ。さらにオンラインユーザーの約36%(2014年)は越境ECで買い物をしており、日本への訪日観光客もヨーロッパ諸国でもっとも多く、そのマーケットは大きいと言える。
昨年、イギリスはEU離脱を表明し、2019年以降、離脱完了後のイギリス経済がどのように変換するかは不透明ではあるが、ヨーロッパでも年収所得水準が高く、EC先進国イギリスマーケットへのアプローチは今がチャンスと言えるだろう。

関連する記事

越境ECサイトをスタートする前に考えるべき10のこと... 著者: Practiclogy社 シニアコンサルタント Bianca Mercer イギリス、オーストラリアのEコマースコンサルタント会社”Practiclogy”のシニアコンサルタントのBianca Mercerは、販売業者やブランド会社が海外販売に踏み切るときのチ...
押さえておきたい、海外マーケティングの基本... 海外に向けてECサイトを公開した後、次に行うべきは、集客し売り上げを伸ばしてゆくということになる。つまりマーケティングである。海外では自社商品の認知度が皆無に近いものを実際に越境ECサイトを立ち上げただけでは、集客できるものではない。たとえ集客できたとしてもコンバージョンまでにたどり着くには至難...
東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...
「製造業の海外展開」:海外販売を新規スタートする意義... 皆さん こんにちは。 数回にわたって、海外販売第一歩の経緯をお話しました。 皆さんは、このチャレンジをどう感じられたでしょうか? さて、日本人口の減少・新興国の台頭などの社会構造の変化を受け、製造業での海外市場への参入、海外販売が今後の発展には欠かせないとお考えの方も多いと思います。 ...
海外展開に関する補助金・助成金情報(2016.November)... 補助金・助成金の11月の募集状況を紹介する。補助金・助成金は国や地方自治体から支援される「返済不要なお金」である。助成金は要件が合えば基本的には受給でき、補助金は予算があるため、要件が合っても受給出来ない可能性がある。 今回は11月の募集内容や補助金、助成金の違いやメリット・デメリットについ...
インドの越境ECポテンシャルは? 今後、10年も経たないうちに、世界の全て産業は3つの市場に絞られていくだろうと言われている。 それはアメリカと中国そして、インドである。インドは若い世代が多い。そして消費意欲も高い。 インドの2015年~2018年のオンラインショッピングの平均成長率を見ても38%と急激な伸びを見せている...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。