海外販売 – なぜわずかな人しか成功しないのか

海外販売は確かにブルーオーシャンであり、未開拓な市場である事は何となく分かっていはいるものの、実際にどのように市場を開拓し事業化していくプロセスはあまりはっきりしていません。

そのプロセス全体概要を把握する為に当社が8月31日よりダウンロード開始した、海外販売を検討している方向けに書いた小冊子ですが、9月は毎日ものすごい数のダウンロードがされています。

eBay, Amazon.com , 自社サイト , facebook 等々… 普段は使う側だと思いますが、海外市場へマーケティングする場合はこれらの各関係性を正しく理解する必要があります。

海外販売に興味をお持ちのかたは、是非この機会に小冊子をお読みになり事業の将来性を検討してみてはいかがでしょうか。


関連する記事

海外で売れている日本製品 その2 海外で売れる日本製品 その1はこちら 海外向けのネットショップをやることができる立場は2つしかありません。 1つ目は法人が自社製品を世界に向けて販売していくという一般的な理由。 2つ目は個人が日本に埋もれている商品を世界に向けて販売していくという副業的な理由。 1つ目を実行できるのは限られ...
ファッション系越境ECで成功するための黄金ルールとは?... 2020年は新型コロナの影響で、世界のファッション業界は大きな打撃を受けた。 アメリカの3~6月の小売売上高は前年同期比7%減であったが、アパレルは55%の減少である。 国内のファッションメーカーでは、レナウンが倒産し、オンワードは700店舗の閉鎖となった。 今後も続くコロナ禍の中、ア...
海外インターネットマーケティング2014年版 最新資料ダウンロード... 色々時間がかかりましたが、ついに海外向けインターネットマーケティグ大辞典というものを 作りました。ページ数にて200ページ超。 正直、有料にしようか迷いましたが、より多くの中小企業が国際化をして欲しいとの思いから、海外 向けのマーケティングに役立つ情報を期間限定で公開します。 ...
2024年のEコマース 今年の1月に提携を開始したペイジェントが提供する多通貨決済サービス、その最初の納品顧客先の1件目のUSドル決済が昨日何事もなかったかのように平時に処理されました。 私は顧客から「無事処理されたよ。」この一言に内心ほっとした反面、これから中小企業に多通貨決済革命が起こると創造するだけで、体が熱くなり...
アフィリエイト広告 アメリカと日本の大きな差... WEBマーケティングの手法の一つにアフィリエイトマーケティングがある。ブロガーやインフルエンサーはもちろん、主婦や会社員でも手軽に副業として行うことができる。 アフィリエイトマーケティングとはアフィリエイターによるPR広告であり、コンバージョンやクリック、会員登録など事前に設定した成果から...
日本ブランドメーカーの海外ネット販売入門 – B2BからB2Cへの商流転換せずに海外売上... 国内ネット通販と海外ネット通販のデファクト 国内ネット通販を今から新規で立ち上げるとなると、日本中のどのITコンサルに相談しても「楽天・ヤフーショッピング・Amazon・自社サイトの複数店舗で展開する」ことを薦めるのが一般的だ。規模の大小に関わらず自社サイトと併用してモールへの出店はコストが安い...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ