« ブログのトップページに戻る

Twitterも導入間近!モバイル動画広告のトレンドとは?

   投稿者 : 2014年10月7日 By

イメージ写真

今や国民の2人に1人がスマホを保有する時代。機器のスペックも向上し、動画も容易に楽しめるようになりました。こうした流れのなか、モバイル端末向けの動画広告が続々と発信されており、閲覧者もこれまでにないスピードで増加しています。
そこで今回は、モバイル動画広告のプラットフォーム例や作成ポイントなど、そのトレンドにスポットを当ててご紹介します。

狙いはモバイルのプラットフォーム

まずは、モバイルを意識した動画広告のプラットフォームを2つご紹介します。

1 Twitterがテスト中のプログラム

1つめは、Twitterが現在テスト中の動画広告プログラム「Promoted Video」です。Promoted Videoは、非フォロワーのタイムラインにも表示される広告ツイート「プロモツイート」のかたちで、ワンタップで再生可能な動画広告を配信するサービスです。今年の初めに、ワンタップで再生できるタイムライン上の動画Twitter Video Cardをテスト導入したところ、従来よりも高いエンゲージメントと再生回数を記録したこともあり、Promoted Videoが一部の広告主に提供されることになりました。
Promoted VideoはCM付きの動画をツイートするTwitter Amplifyプログラムの延長として提供され、動画解析ツールを利用することもできます。課金は動画が再生された時にのみ発生するCPV(Cost Per View)方式です。Twitterは導入の理由を、より多くの動画コンテンツをタイムライン上に提供することで、Twitterをもっとリッチで魅力的なものにしたい、と述べています。

2 キュレーションマガジン「Antenna」のCMライブラリ

国内最大級のキュレーションマガジン「Antenna(アンテナ)」は、国内200以上ものメディアと提携し、毎日良質な記事を提供しています。パソコンやタブレットなどでも閲覧できますが、スマホからの利用者が7割を占めています。Antennaは、面白い読み物=記事体広告のかたちで自社のメッセージをユーザーに配信しており、広告を広告として意識させないスタイルで人気を集めています。

antennaantenna

この「Antenna」が動画広告プラットフォームとして提供している「CMライブラリ」では、クライアント企業が広告動画を無料で投稿することができます。テキストでCMの見どころを紹介したり、コンセプトを説明したりしながら、ユーザーを自然なかたちで動画視聴に導くことができます。

モバイルで動画広告を見てもらうための5つのポイント

このようにモバイル端末をターゲットにしたプラットフォームも増えるなか、動画広告を作成するにあたってどんなことに気をつければよいのでしょうか?
米国のモバイルマーケティング協会がまとめた、ヒットする動画広告の5要件をご紹介します。

1 ちら見せで関心を引く:商品などに関する情報を少しだけ見せることで、よりユーザーに関心をもってもらうことができる。

2 ユーザーを引き込む工夫:動画をビジュアルとして魅力的なものにするだけでなく、再生中に動画が途切れたり停止したりすることが無いように、テクノロジー面でもユーザーが離反しないように工夫する。

3 内容を詰め込みすぎない:CM全体に一貫したテーマやメッセージをちりばめることは大切ですが、あくまで自然なかたちで表現すること。メッセージ色が強すぎるなど、やりすぎは禁物。

4 「心」に訴えかける:自分のモバイルに愛着を持っているせいか、テレビCMやPCで動画を見るよりもモバイルで見る方が、ユーザーは興味・興奮を感じやすい。人物を中心にすえて感情移入しやすい場面を作る、といった心理的な効果を活用する。

5 広告媒体ごとの「機」をとらえる:他のさまざまな広告媒体に比べて、モバイルの動画広告ではそこで初めて商品やブランドと出会うユーザーが多いはずなので、イチ押しの商品だけをブランドイメージに乗せて登場させる、など、初見のユーザーに興味を持ってもらえる内容を心がける。

以上のような5つのポイントに気をつけながら、モバイル向けの動画広告を作成してみると、ユーザーの心を今よりさらにグッとつかめるかもしれません。

参考:
Mobile video ad trends: 5 steps to success
Twitter が動画広告Promoted Video をテスト開始。ワンタップ再生可能な動画をプロモツイート
Twitter Tests Promoted Video for Advertisers
2014年はスマホ動画がトレンド!?200万ユーザー超えの「Antenna」に動画広告が登場。

関連する記事

EC化率の低いフードECに未来はあるのか... 経済産業省の「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書によると、2018年の日本国内のBtoC-EC市場規模は17兆9,845億円となっており、EC化率も、6.22%と右肩あがりの増加傾向となっている。その中で、食品におけるEC市場(フードEC市場)を見ると、その市...
押さえておきたい! SNS広告の基本と特徴... WEBサイトへの集客にはSEO、コンテンツマーケティング、ディスプレィ広告、SNSの運用など多義にわたる。 そして、SNSに関してはその国内利用者は、7500万人以上にのぼり、インターネット利用者であれば、なんらかのSNSを利用していると言われている。 このSNS利用者に向けて広告を配信...
「製造業の海外展開」 アメリカという市場... 皆さん こんにちは。 さて今回から、反省と新たなチャレンジについてお話を進めて行きます。 海外販売第一歩が成就できなかった要因の一つは、「マーケティング」の不足、いや全くそのような考え無く始めたことに他なりません。 マーケティングの前に『自分の立ち位置』の不明瞭さを問題点として認識し...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.November)... 2018年も11月。11月は旧暦では霜月(しもつき)と呼ばれ、霜が本格的に降りる時期でもある。この時期は紅葉が深まり、下旬には落葉し冬の到来となり、一年で一番変化の大きい月である。 今月も補助金・助成金のの公募内容をまとめた。補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不...
中国の「インターネット安全法」は越境ECにどう影響する?... 越境EC事業者ならご承知のことと思うが、中国ではGoogle検索はもちろん、Facebook, YouTube,Twitter,LINEも使えない厳しい情報規制が敷かれている。そして、新たに2017年6月1日より、ネットに関する新しい法律「インターネット安全法」が施行された。 この法律は中...
ユーザーを呼び込む、インバウンドマーケティングとは?... 情報化社会、IT化の現代では、興味のあることや欲しいものは、インターネットで何でも調べることができ、自分の欲しいものは自分で調べたり、探す人たちが増えてきた。そのような中では従来型のユーザーを追いかけるマーケティング手法だけでは、ユーザーを掴むことが難しい時代となってきている。 2015年調...
このエントリーをはてなブックマークに追加