Twitterも導入間近!モバイル動画広告のトレンドとは?

イメージ写真

今や国民の2人に1人がスマホを保有する時代。機器のスペックも向上し、動画も容易に楽しめるようになりました。こうした流れのなか、モバイル端末向けの動画広告が続々と発信されており、閲覧者もこれまでにないスピードで増加しています。
そこで今回は、モバイル動画広告のプラットフォーム例や作成ポイントなど、そのトレンドにスポットを当ててご紹介します。

狙いはモバイルのプラットフォーム

まずは、モバイルを意識した動画広告のプラットフォームを2つご紹介します。

1 Twitterがテスト中のプログラム

1つめは、Twitterが現在テスト中の動画広告プログラム「Promoted Video」です。Promoted Videoは、非フォロワーのタイムラインにも表示される広告ツイート「プロモツイート」のかたちで、ワンタップで再生可能な動画広告を配信するサービスです。今年の初めに、ワンタップで再生できるタイムライン上の動画Twitter Video Cardをテスト導入したところ、従来よりも高いエンゲージメントと再生回数を記録したこともあり、Promoted Videoが一部の広告主に提供されることになりました。
Promoted VideoはCM付きの動画をツイートするTwitter Amplifyプログラムの延長として提供され、動画解析ツールを利用することもできます。課金は動画が再生された時にのみ発生するCPV(Cost Per View)方式です。Twitterは導入の理由を、より多くの動画コンテンツをタイムライン上に提供することで、Twitterをもっとリッチで魅力的なものにしたい、と述べています。

2 キュレーションマガジン「Antenna」のCMライブラリ

国内最大級のキュレーションマガジン「Antenna(アンテナ)」は、国内200以上ものメディアと提携し、毎日良質な記事を提供しています。パソコンやタブレットなどでも閲覧できますが、スマホからの利用者が7割を占めています。Antennaは、面白い読み物=記事体広告のかたちで自社のメッセージをユーザーに配信しており、広告を広告として意識させないスタイルで人気を集めています。

antennaantenna

この「Antenna」が動画広告プラットフォームとして提供している「CMライブラリ」では、クライアント企業が広告動画を無料で投稿することができます。テキストでCMの見どころを紹介したり、コンセプトを説明したりしながら、ユーザーを自然なかたちで動画視聴に導くことができます。

モバイルで動画広告を見てもらうための5つのポイント

このようにモバイル端末をターゲットにしたプラットフォームも増えるなか、動画広告を作成するにあたってどんなことに気をつければよいのでしょうか?
米国のモバイルマーケティング協会がまとめた、ヒットする動画広告の5要件をご紹介します。

1 ちら見せで関心を引く:商品などに関する情報を少しだけ見せることで、よりユーザーに関心をもってもらうことができる。

2 ユーザーを引き込む工夫:動画をビジュアルとして魅力的なものにするだけでなく、再生中に動画が途切れたり停止したりすることが無いように、テクノロジー面でもユーザーが離反しないように工夫する。

3 内容を詰め込みすぎない:CM全体に一貫したテーマやメッセージをちりばめることは大切ですが、あくまで自然なかたちで表現すること。メッセージ色が強すぎるなど、やりすぎは禁物。

4 「心」に訴えかける:自分のモバイルに愛着を持っているせいか、テレビCMやPCで動画を見るよりもモバイルで見る方が、ユーザーは興味・興奮を感じやすい。人物を中心にすえて感情移入しやすい場面を作る、といった心理的な効果を活用する。

5 広告媒体ごとの「機」をとらえる:他のさまざまな広告媒体に比べて、モバイルの動画広告ではそこで初めて商品やブランドと出会うユーザーが多いはずなので、イチ押しの商品だけをブランドイメージに乗せて登場させる、など、初見のユーザーに興味を持ってもらえる内容を心がける。

以上のような5つのポイントに気をつけながら、モバイル向けの動画広告を作成してみると、ユーザーの心を今よりさらにグッとつかめるかもしれません。

参考:
Mobile video ad trends: 5 steps to success
Twitter が動画広告Promoted Video をテスト開始。ワンタップ再生可能な動画をプロモツイート
Twitter Tests Promoted Video for Advertisers
2014年はスマホ動画がトレンド!?200万ユーザー超えの「Antenna」に動画広告が登場。

関連する記事

今さら聞けない、UGCマーケティングって何?... AmazonなどのECサイトでユーザー自身が、商品の評価や商品についてコメントなど、掲載されているのを見たことがあると思う。 こういったユーザー自身によって作成されたコンテンツを「User Generated Contents」といい、「UGC」と呼ばれている。 そして、UGCだけで作ら...
中国向け越境EC市場の今とこれから(富士経済調査などより)... 中国のEC市場は、旺盛な購買意欲に支えられて著しく成長していることは、周知の事実だ。 数年前に日本を賑わせた爆買いから2016年は、越境ECに市場は移行し、まさに、越境EC元年とも言える年であった。その内容を裏付ける報告書が富士経済より発表された。報告書は「中国向け越境EC市場の実態と今後...
35歳までの生き方で決定的に違う未来が確定してしまう?... このブログを読んでいる人はおそらく20代から40代だと思われる。特に多いのが30代だ。 30代と言えば、圧倒的に実力の差がつく年代で、特に35歳を境に決定的に違う未来が確定してしまうとされる年齢である。 ここで、信じるかどうかはあなた次第だが、世界のロックスターがピークに到達する平均年齢も...
越境EC 日本郵便、日通の新たなサービス... 重い荷物や海外、離島など離れた遠く地域にも荷物を届けてくれる運送・宅配便などは今や、生活に定着し企業や店舗、そして暮らしにはなくてはならない分野の1つである。 近年は、Amazon、楽天といった、ネットショッピングやネット通販が普及したことで、配送業のニーズは高まり、需要は大幅に伸びている...
Live Commerce 対訳エンジンベータ版 開発のお知らせ... 海外向けECサイトを構築する上で、コストとなるのが翻訳です。 そこで、何とか翻訳費用を圧縮できないかと、さまざまな翻訳クラウドサービスをこの数年使ってみたものの、機械翻訳と人力翻訳の両輪でやっても、なんとなく違和感が残ります、、、。 どんなやり方にせよ、人を介する間は翻訳費用がゼロになること...
甘くみてはいけない、ラグビーW杯のインバウンド効果... 8月21日、Googleトレンドワードで27%の高い上場率を見せたワードがある。 そのワードは「インバウンド」という当ブログではおなじみの言葉だ。 「インバウンド(Inbound)」とは、内向きに入ってくるという意味合いがあり、主に旅行関連では外国人が訪日することを指す。 なぜ、「イン...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ