お客様はここで離脱してるかもしれない:クレジットカード入力を最適化する8項目

カードイメージ写真

ECサイトでは通常、お客様情報を入力した後に、決済(支払い)方法に遷移する。
その時、クレジットカード決済を選択した場合には、お客様は、カード番号や有効期限などのカード情報を入力する必要がある。説明が不十分なために、ここで離脱する割合が多い。
今回は、クレジットカード情報の入力内容で気をつけたい、EFO改善ポイント8つを説明する。

1.クレジットカード決済の場合はまず、アナウンスする

フォームの上部でテキストで入力内容をアナウンスする。
カード決済は初めてというのが一般的で、お客様はカードを手元に置いていないことが多い。最初に「お手元にクレジットカードをご用意ください。カード裏面の内容をご確認ください。」などの説明アナウンスがあると、カード準備し、無理なく入力に集中できる。

2.項目の順番をカードに合わせる

クレジットカード情報を入力するとき、多くのお客様が実物のカードと照らし合わせながら入力している。その際、実際に書かれているカード上の情報とフォームの入力項目を可能な限り合わせると入力がスムーズに行える。

(1)カード番号
(2)有効期限月
(3)有効期限年
(4)名義人

3.フォーマットもカードに合わせる

順番だけでなく、フォーマットもカードに合わせる。
具体的には、有効期限の月/年は、「3月」「2018」のようにせず、いずれもカードと同様に2桁の数字で表すようにする。

4.記入例を表示する

クレジットカード情報には、必ず入力例を表示する。
また、半角数字や半角大文字アルファベットなど、入力形式の縛りが多いのもクレジットカードの特徴。必ず入力形式に対するエクスキューズを用意しておく。
どんな文字種で入力するのかなど、記入例を記載する。

5.対応するカード会社のロゴを掲載

どの会社のカードが対応しているかどうかは、テキストではなくカード会社のロゴ画像で表示すると、直感的に理解できる。

6.セキュリティコード欄は親切に説明する

カードの裏に書かれた数字の語尾3桁は「セキュリティコード」といい、カードを実施に所持しているかどうかの確認に使用される。
だが、「セキュリティコード」と言われて、すぐにその内容を連想できる人ばかりではない。画像などで説明する。

7.送信の安全性をアピール

その他、セキュリティの安全性を視覚的に伝えることが、お客様に安心感を与える。
具体的には、他のエリアとデザインを差別化したり、近くにセキュリティバッジを表示するなどの方法が有効である。

8.リアルタイムアラート

エラー画面が表示されてしまうことで、お客様のストレスになり、離脱率は高くなる。未然に防ぐためにもリアルタイムアラートを設置する。

クレジットカードの最適化

まとめ

今回はクレジットカードの入力内容で気をつけたい、カードフォーム最適化のポイントを8つ紹介した。クレジットカードの離脱率の低減やコンバージョン率アップの施策の1つとしてぜひ試し、ECサイトの改善に活用いただければと思う。

関連する記事

2015年に国内で伸びたEC商品は何ですか?... インターネットは2004年の時点では利用者数7,948万人、普及率で言えば66%であった。そして10年後の2014年の利用者数を見ると1億18万人、普及率は82.8%となっており、当然ながらインターネットは生活に欠かせない存在となった。利用端末を調べると、2014年のデータだが自宅のパソコンが5...
色弱者に優しいWebサイトをデザインしよう... Webデザインにおいては、色は重要なデザイン要素でありメッセージ要素である。しかし、この色を認識するのが苦手という人、一般の人と色の認識が異なる人がいることをご存じだろうか?いわゆる色弱者と呼ばれる人である。色弱者は日本人では男性では20人に1人、女性では50人に1人いると呼ばれ、日本全体では3...
顧客が購入していない31の理由:あなたのショッピングカートを最適化する方法... ECサイト構築にはショッピングカートが欠かせない。 ネットショップに必ずあるのが、「ショッピングカート」機能である。ショッピングカートとはオンラインショップが備える機能の一つで、簡単に言うと、商品を購入するまで、商品を一時的に保存しておく機能である。 オンラインショップでも、実店舗の買い...
ECサイト運営で欠かせない「チャージバック対策」... ECサイトの決済で主流となっているものにクレジットカード決済がある。 ECサイトのクレジットカードの利用が増えるに連れ、増えてきているのがクレジットカードの不正使用である。 日本クレジット協会によると、平成28年のクレジット不正使用の被害は約140億9000万円(前年比117%)、その中で...
インバウンドECサイトから越境ECサイトへ... 4月27日、電通は2018年1~2月に実施した「ジャパンブランド調査2018」の結果を発表した。 この調査は世界20か国・地域を対象に、日本に対する好感度や訪日旅行意向などをアンケート調査したものだ。 それによると、「日本のことが好きな国・地域」のとトップは同率で台湾、タイ、フィリピン、...
ECの巨人AmazonとZOZOTOWN 2018年も後半に入った。国内では、西日本を襲った記録的な豪雨による災害が相次いでいる。被害に遭われた方、避難を余儀なくされている方に心より、お見舞い申しあげる。 今回は昨年2017年のEコマースについてランキング資料をベースに振り返りつつ、昨年も他を大きく引き離し成長したECモール、「Am...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ