« ブログのトップページに戻る

eBayの商品販売方法はどのように変化してきているのか?

   投稿者 : 2014年8月1日 By Comments (0)

eBayが開始したのは1995年。全てはオークションによる販売でした。その頃から時代に添った様々な変化をもたらし続け、今現在Fixed Price(固定価格)が台頭してきていることは、eBayが利用者のニーズに合わせ続けてきた企業努力の結果の一つでしょう。先週の記事では、eBayの最新フィナンシャル発表を確認しましたが、オークション商品よりもFixed Price商品が売れていることは、発表された数字の通りでした。自分の商品には、どういった販売方法がいいだろうと悩む人もいるかもしれません。しかし、売買目的や商品種類によって、それぞれ異なった売り方を選択することが適切なのです。販売方法における様々な長所と短所を見ていきましょう。

オークション式の場合。最初に価格を低く設定することで、沢山の買い手(入札者)がやってきて、値段がどんどん上がっていきます。こういった“オークション”という名前通りの状況は、なんと近年では当然とされておらず、本来の目的である競り売りが行われずに一つの入札で終わる方が多くなっているようです。オークションと銘打っているものの、今後ますます珍しくなっていくという見方もあるようです。

このように廃れてしまったように見える“オークション式”ですが、そんなことはないですよ!有利が全くないわけではありません!オークション式はFixed Priceよりも出品手数料が低く、更には商品が売れた場合のみ出品手数料を払うことになっているので、試験的な商品への反応を見たい時に便利なのではないでしょうか。戦略的有利と言えば、ホリデーシーズンを狙ってオークション期間を1週間くらいの短期間に設定してみることです。クリスマスシーズンにクリスマスグッズを短期間出品することで、どうしても25日までに必要なグッズがある人を急かし、駆け込んで入札してくれる例があります。数が限られている需要より供給の少ない商品(切符、サインが付いた物など)の場合は、競りによって適正価格を市場が設定してくれるので、商品価値を知らないままに出品し、後で価値を知って大損したような気持ちにならずに済みますよね。これこそオークション式の利点です。オークション式は消費者の心理を活かすことで、更なる利益を発生させることが出来るというわけです。

一方で、昨今の流行“Fixed Price式”にも有利が多いです。多いからこそ、今の流行になっているんです。Fixed Priceの商品はオークション商品よりも長い間リスティングされており、Google検索の検索結果にも表示されるようになります。このところ多くの買い手がeBayではなく、Googleの検索結果から商品を見つけるようになってきているようなので、商品ページへの閲覧数が当然の如く増加します。こちらはオークション(ここまで説明したような即決ではなく、競りとしての)と違って待つ時間がないので、沢山の時間が掛かる国際売買にも有利でしょう。そして、Fixed Priceの商品は30日間リスティングされますが、その期間が終われば自動的に更新され、自分で再びリスティングしなくても済みます。特に、大量の商品を販売している売り手には手間が少なくなり、おすすめです。

参考サイト:http://www.examiner.com/article/should-ebay-sellers-use-auction-style-or-fixed-price-listings

関連する記事

Eコマースに利用できるチャットボットって何?... 最近、特にEコマースではチャットボットによるサービスを提供しようという試みが増えている。EC業界では通販サイト「ロハコ」に導入された顧客サポートチャットボット”マナミさん”が有名だ。 また、Appleが提供するiphoneにもある呼びかけ質問に答えてくれたり、会話を楽しむAI機能の一つが、...
越境EC 中国進出はWeiboに従え 越境ECで商品を販売するとき、中国進出は大きな課題である。中国にはインターネット検閲があり、独自ドメインで中国サーバーを使用し販売するか、中国大手のTmallなどに出店するなどの方法で商品販売するのが正攻法となっている。 しかし、その他にも方法はある。中国の人たちが今、もっともよく情報収集...
住所を知らない相手にギフトが贈れる「ソーシャルギフトサービス」が面白い!... FacebookやTwitterなどソーシャルメディアを利用して、住所を知らない友人でも、ギフトが贈れるソーシャルギフトサービスが増えています。ソーシャルメディアの利用者が増えるにつれて、誕生日や結婚、出産、引越といった情報が入手しやすくなり、従来よりもギフトを贈るきっかけが増えていることが背景にあ...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.March)... 日本政府は、国の成長戦略の1つとして2020年までには、中堅・中小企業の輸出総額を2010年度比の2倍にするとの目標を掲げている。 そのため、今年はさらに、国、地方自治体は海外販売、海外進出を行おうとする企業に対してさまざまな支援、サポートを積極的に行おうとしている。その一例が補助金・助成...
米Amazon社による物流サービス効率化の取組み... Eコマースにとって配送は非常に重要である。お客様がオンライン上で購入した商品は確実にお客様の手元に届けなければならない。商品到着の確実さ、速さ、安さがショップの価値を左右する。そして、Eコマースの物流では米Amazon社が世界を牽引していると言っても過言ではない。 米Amazon社では配送ト...
Buyボタンを設置、Twitterが本格的にEコマース参入?... Twitterは9月8日、Eコマース機能のテストを開始したと発表しました。アメリカ在住の少数のモバイルユーザーを対象に実施され、Twitter上で簡単、便利に商品購入ができる新たなサービスの提供を目的として行われています。 いよいよTwitterのEコマース参入は秒読み段階なのでしょうか? ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 



コメントをどうぞ