« ブログのトップページに戻る

越境ECの関税はどうなってるの?

   投稿者 : 2015年10月6日 By

イメージ

10月5日(月)TPP「環太平洋パートナーシップ協定」の交渉が大筋で合意に至った。この協定締結後には関税率が大きく変わることが予想される。
近い将来、特に参加12カ国のなかでもアメリカ、オーストラリアなどでは扱う物品、商品により現時点より関税率が低く統一されることになるので、海外販売を行っている企業では目が離せない状況といっても過言ではない。
そこで、今回は越境ECを開設するにあたって覚えておかなければならない、関税について見ていこう。

 

1.そもそも関税って何のため?

関税とは、その国のさまざまな産業、農業などの自国の物品、商品を保護、守るするために海外から輸入する品目に対して課せられた租税で、宝石や高級車には多くの関税が課せらている。
国内に向けて商品をECサイトを通じて販売する場合は、商品以外に消費者が支払う料金は消費税と送料だ。
しかし、越境ECで商品を海外の消費者に販売する場合は、関税がプラスされることになる。この「関税」は一般的には輸入者である消費者が支払うため、しっかり明記しないと、関税支払拒否からの受取拒否や返品に繋がる場合ある。
そのため、消費者には各商品の関税見込み額の表示することが重要なポイントとなる。関税は国・品目によっては高額になってしまうことも多い。

 

2.中国の関税はどうなってる?

中国の越境ECでは規定数量以内の個人使用目的の輸入品に関しては関税徴収免除規定というものがあり、越境ECでは関税を免れていることが多いが関税の他に増値税が課せられるのが特徴だ。関税と増値税を明示する必要がある。
例えば、100円の商品で関税率が10%、増値税が17%の場合だと、(100円+10円)×17%となり総額で128.7円が価格となる。日本は今、円安で商品は中国製より安いと思っても、商品に対して30%近く、価格が上がってしまうということである。
また、中国では2015年6月1日から日用品の一部の輸入関税を大幅に引き下げられた。引き下げられた関税の中には、中国消費者に人気の紙おむつ、スキンケア商品、靴・衣類などが含まれている。
今後、中国では関税引き下げの対象品目がさらに拡大される可能性もあり、関税引き下げの動きが中国向け越境ECを手掛ける海外通販にどんな影響を及ぼすか注目されるところだ。

 

中国の商品別の関税率を調べる:
中国の関税

 

詳しい中国の関税制度についてはこちら

 

 

3.アメリカの場合の関税はどのくらいかかるのか?

アメリカの場合は$2500以下の場合、簡易税率が適用される。関税率は物品の種類により異なり、アメリカの場合は物品のHTSコードで8桁の番号から構成されている。
このコードを入力することで関税率を調べることができる。また、$100未満の場合は関税などは免除される。

 

アメリカの関税率分類:
アメリカの品目別関税率
各章ごとに分類が一覧表になっており、各項目別にPDFファイルで関税率と、HTSkコードが閲覧可能。

 

米国際貿易委員会による関税率検索データベース:
アメリカの品目別関税率を調べる
HISコードを途中まで入力することで、品目ごとの具体的な関税率を調べることができる。

 

詳しくアメリカの関税制度について知りたいかたはこちら

 

4.まとめ-Live Commerceの関税計算プラグイン

「関税」は海外販売する国や商品によって税率が違ってくる。越境ECで海外販売する場合は、商品本体価格の他に、消費者が支払はなければならない金額をしっかり算出し、明示する必要がある。
Live Commerceではサイトを構築する際に、この関税を自動計算するプラグインが用意されている。
商品登録する際に関税カテゴリも一緒に登録することで、各国の関税率を商品単位で計算するものである。これにより、消費者は商品購入時に関税率による価格を知ることができる。越境ECサイト構築の際は導入することをお薦めする。

Live Commerceの関税計算プラグインはこちら

 

写真出典:photoAc / ぱくたそ-フリー写真素材より

関連する記事

活況する中国越境ECの今 先週、中国のECサイトが一斉にセールを行う11月11日「独身の日」は中国のショッピングサイトでは最大の商戦日だった。 中国最大手のアリババグループはこの11月11日、1日だけで、昨年は約2兆500億円の取引額(売り上げ)をあげている。今年はどのくらいの取引額があったのだろう? また、中国の...
今年も始まる「春節」、越境ECへの影響は?... ここ最近、インバウント(訪日外国人旅行)といった話題を聞かない日はない。 ここ数年、訪日外国人の数は右肩上がりで増加しており、特に中国人観光客の訪日が大きい。爆買いブームは終わり、買い物から観光する・日本を体験することに目的がシフトしてきたと言われるが、中国では今月、1月27日(金)から2...
海外展開を支援する補助金・助成金制度を知ってますか?... 海外展開や販売を行うときに利用できる「補助金・助成金」についてご存知だろうか? 最近、よく耳にする言葉だ。しかし、その仕組みや内容については、意外と知られていないようだ。簡単に言うと「補助金、助成金」とは国や地方公共団体から支払われるお金のことで、返済の必要が無いものが多く、中小企業経営者に...
Googleショピング広告で新規ユーザーを獲得しよう... 8月3日、消費者調査を手がける、マイボイスコムはスマホ広告に関する調査結果を公表した。 調査結果によると、過去1年以内に広告を意図的にクリックした経験がある人は13.8%と低い。また、スマホ広告が表示されないようにブロック対策をしている人は、15.6%。スマホ広告を閉じたとする人は、37....
中国人旅行者の4割は訪日後、越境ECを利用している... 昨年12月12日、日本貿易振興機構(ジェトロ)が「中国の消費者の日本製品等意識調査」公表した。 報告書よると、中国の越境ECで日本の商品をを購入した経験が「ある」と回答した割合は67.7%と前回調査と比べて1.1ポイント上昇しており、越境EC利用者数は高い値で推移していることがわかった。 ...
日・EUの経済連携協定 発効! ドイツのEコマース最新事情... 2月1日、日本とEU(欧州連合)の経済連携協定(EPA)が発効された。 これにより、欧州産のチーズや豚肉、ワインは値下がり、日本車は関税が8年後に撤廃される。 今後は全品目ベースで、EU側が約99%、日本側は約94%の関税が撤廃される。 日本からは、自動車の他に、日本酒や肉類、果物のEU輸...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。