« ブログのトップページに戻る

越境ECの関税はどうなってるの?

   投稿者 : 2015年10月6日 By

イメージ

10月5日(月)TPP「環太平洋パートナーシップ協定」の交渉が大筋で合意に至った。この協定締結後には関税率が大きく変わることが予想される。
近い将来、特に参加12カ国のなかでもアメリカ、オーストラリアなどでは扱う物品、商品により現時点より関税率が低く統一されることになるので、海外販売を行っている企業では目が離せない状況といっても過言ではない。
そこで、今回は越境ECを開設するにあたって覚えておかなければならない、関税について見ていこう。

 

1.そもそも関税って何のため?

関税とは、その国のさまざまな産業、農業などの自国の物品、商品を保護、守るするために海外から輸入する品目に対して課せられた租税で、宝石や高級車には多くの関税が課せらている。
国内に向けて商品をECサイトを通じて販売する場合は、商品以外に消費者が支払う料金は消費税と送料だ。
しかし、越境ECで商品を海外の消費者に販売する場合は、関税がプラスされることになる。この「関税」は一般的には輸入者である消費者が支払うため、しっかり明記しないと、関税支払拒否からの受取拒否や返品に繋がる場合ある。
そのため、消費者には各商品の関税見込み額の表示することが重要なポイントとなる。関税は国・品目によっては高額になってしまうことも多い。

 

2.中国の関税はどうなってる?

中国の越境ECでは規定数量以内の個人使用目的の輸入品に関しては関税徴収免除規定というものがあり、越境ECでは関税を免れていることが多いが関税の他に増値税が課せられるのが特徴だ。関税と増値税を明示する必要がある。
例えば、100円の商品で関税率が10%、増値税が17%の場合だと、(100円+10円)×17%となり総額で128.7円が価格となる。日本は今、円安で商品は中国製より安いと思っても、商品に対して30%近く、価格が上がってしまうということである。
また、中国では2015年6月1日から日用品の一部の輸入関税を大幅に引き下げられた。引き下げられた関税の中には、中国消費者に人気の紙おむつ、スキンケア商品、靴・衣類などが含まれている。
今後、中国では関税引き下げの対象品目がさらに拡大される可能性もあり、関税引き下げの動きが中国向け越境ECを手掛ける海外通販にどんな影響を及ぼすか注目されるところだ。

 

中国の商品別の関税率を調べる:
中国の関税

 

詳しい中国の関税制度についてはこちら

 

 

3.アメリカの場合の関税はどのくらいかかるのか?

アメリカの場合は$2500以下の場合、簡易税率が適用される。関税率は物品の種類により異なり、アメリカの場合は物品のHTSコードで8桁の番号から構成されている。
このコードを入力することで関税率を調べることができる。また、$100未満の場合は関税などは免除される。

 

アメリカの関税率分類:
アメリカの品目別関税率
各章ごとに分類が一覧表になっており、各項目別にPDFファイルで関税率と、HTSkコードが閲覧可能。

 

米国際貿易委員会による関税率検索データベース:
アメリカの品目別関税率を調べる
HISコードを途中まで入力することで、品目ごとの具体的な関税率を調べることができる。

 

詳しくアメリカの関税制度について知りたいかたはこちら

 

4.まとめ-Live Commerceの関税計算プラグイン

「関税」は海外販売する国や商品によって税率が違ってくる。越境ECで海外販売する場合は、商品本体価格の他に、消費者が支払はなければならない金額をしっかり算出し、明示する必要がある。
Live Commerceではサイトを構築する際に、この関税を自動計算するプラグインが用意されている。
商品登録する際に関税カテゴリも一緒に登録することで、各国の関税率を商品単位で計算するものである。これにより、消費者は商品購入時に関税率による価格を知ることができる。越境ECサイト構築の際は導入することをお薦めする。

Live Commerceの関税計算プラグインはこちら

 

写真出典:photoAc / ぱくたそ-フリー写真素材より

関連する記事

越境ECで売り上げ好調なサイトは? 越境ECで海外に販路を拡大しようとする企業が増えている。越境ECとは日本から世界に向けネット販売することだが、言語、物流、決済、クレーム対応などの問題をクリアすれば、世界に向け消費者を開拓することができる。これからは、この市場はさらに拡大し、品質や価格面だけではなく、きめ細やかな顧客対応、商品数...
グローバルにみた各国の貿易・物流ネットワーク... DHLが先日発表した「GCI」 "グローバルコネクションズインデックス”では、製品サービス、資本、情報、人に関して各国が世界とどれだけ広くネットワークがあるかを分析している。 さらにそのネットワークの深さについても比較している。GCIによると、グローバリゼーションは前年...
2016年のEC市場 越境EC市場、まるわかり!!... 経済産業省は4月24日、「平成28年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。 内容は2016年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果をベースに国内のEC市場や越...
Live Commerceで日本の釣り具を世界に販売する 「ASIAN PORTAL」大谷社長にイン... 今回は、今年6月より、スタートアップした「ASIAN PORTAL FISHING」の大谷社長にいろいろとお話を伺った。「ASIAN PORTAL FISHING」では日本の釣り具メーカー約300社を集約し、Fishingに特化した商品を海外に販売している。 オープン間もないが、事業内容や...
ebayが日本再上陸 勝算はどこにあるのか?... 2月27日(現地時間)米ebayはアジア各国で展開するECサイト「Qoo10(キューテン)」を運営するジオシスから、日本事業を買収したと発表し、実質、ebayは日本EC市場に再度参入することとなった。 ebayは1999年にヤフーオークションと同様のネットオークションサイトとして、日本に進...
「製造業の海外展開」 顧客は誰か! 皆さん こんにちは。 今回から新しいチャレンジのスタートです。 海外販売を成功に導きたいとの想いが一杯のスタートです。 海外販売第一歩の反省から「マーケティング」の重要性を認識し、先ず着手したのが「市場の絞り込み」活動です。「顧客は誰か!」とも表現しますね。 取り扱うのは引き続き...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。