« ブログのトップページに戻る

年間の売上1兆5000億…斬新なアイデアで勝負するAmazonの新たな試みとは?

   投稿者 : 2013年10月1日 By

書籍などのオンライン販売で、国内でも人気があるAmazonですが、今や世界7カ国で事業を展開しています。年間の売上が1兆5000億円に昇るとも言われるAmazonが成功している理由は一体何なのでしょうか?
今回はAmazonが新たに実施した幾つかのサービスをご紹介しながら、その成功の秘密に迫ってみたいと思います。

インターネットで有名人のサインが入った記念品がゲットできる!


出典:Amazon.com: Prize Authentics: Collectibles & Fine Art

オンライン小売業において常にトップを誇るAmazonは、クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー(以下、CAA http://www.caa.com/) と共同で、有名人のサイン入りの記念品のオンラインショップを立ち上げています。
例えば、有名野球選手がサインしたボールを189.99ドルで販売しているほか、テレビや映画スター、ミュージシャンなどのサインが入った商品なども販売しています。CAA の事業開発部門のトップであるマイケル・ヤノーバ氏は、Amazonの最高レベルの顧客サービスとスポーツやエンターテイメント業界に特化したCAA との融合によって、こうした有名人達に新しいビジネスチャンスを提供しながら、ファンにも記念品を贈ることができると期待しています。

何かとお得なオンラインフラワーショップ


出典:Amazon.com: Fresh Flowers & Live Indoor Plants: Grocery & Gourmet Food

今年の8月初旬、Amazonはアメリカにある48の州の買い物客に向けた切り花のオンライン販売ショップをオープンしました。現在、Amazonのフラワーコレクションでは、15本から25本のバラやユリなどが、六種類ほど取り揃えられ販売されています。
Amazonプライムという配送プログラムとスーパーセイバー配送プログラムの双方で、送料が無料になるプランを提供していて、花の鮮度を確保する為に迅速に配送されています。また、注文した花にメッセージを添えることも依頼できます。 Amazonのフラワーコレクションのレビューには、水曜日に注文した1ダースのバラが、きちんとラッピングされて金曜日に配達されたという、好印象の投稿も見られます。

Amazonの無料配送システムの背景

国内でも、Amazonが実施している全品無料配送キャンペーンは、確かに相当な収益の圧迫につながると考えられます。しかし、配送料が無料であるのは消費者にとって大きな魅力です。そうしたメリットを継続して提供することで、Amazonで買い物をする固定客を増やし、売上増につなげています。

Amazonが送料無料にできる理由の一つに、配送会社との契約が挙げられます。また、宅配便以外にも、荷物を受け取った際のサインや捺印が要らないメール便も利用することで、配送料を抑えられるのです。さらに、Amazonは一日に大量の荷物を出荷するので、通常の配送料に比べると、より低コストでの法人契約が可能になると言われています。

まとめ

Amazonがエンターテイメントやフラワー産業でも成功を目指せるのは、一見、送料を含めた価格競争力にその理由があるように思えます。しかし、実は消費者ニーズを敏感に嗅ぎ取りながら消費者の購買プロセス上のユーザー体験をより豊かなものにするよう、不断に細かな配慮がなされているからということも見逃してはならないでしょう。Amazonを参考に、こうしたビジネスセンスを、是非身につけたいものですね。

関連する記事

eBay・amazon.com で販路拡大 Live Commerceで受注一元管理 出店トライアル... eBayとAmazonで販売した受注データをLive Commerceの管理画面で一元管理することができるようになりました。 現在、私が管理している大手2社のアカウントにて運用をしておりますが、受注後は各モールの管理画面に一切ログインする必要がなく、Lvie Commerce の慣れた管理画面から...
「ショールーミング」に象徴されるAmazonの強み、それに打ち勝つEC戦略とは?... ネットで商品を購入する前に、実店舗で商品や価格を確認する行動を「ショールーミング」といいます。この「ショールーミング」、実際に私たちも行っていますよね?この行動が、アメリカで流行っていて、小売店がAmazonに脅威を抱いているといいます。(http://jbpress.ismedia.jp/arti...
中国版クレイグズリスト:58.comの大躍進... クレイグズリストをご存じでしょうか?元々、アメリカが発祥ですが、世界中でおよそ50か国、570都市向けのウェブサイトを持ち、毎月20億ページレビューを超えるアクセスがある、世界最大のクラシファイド・コミュニティサイトです。 クラシファイドとは、目的や地域によって分類された募集広告や告知を、一覧形...
「世界最大のセレクション」を目指すAmazonの最近の動向 〜 Amazon Art、Amazon ... 先日、米Amazonのジェフ・ベゾス氏が個人資産でワシントン・ポスト紙を買収するというニュースが世間を賑わせました。Amazonのスローガンは 「biggest selection in the earth(世界最大のセレクション)」だそうですが、どこまでも勢いが止まらない、最近の日米双方のAmaz...
海外向けEコマースでまずは売上1億を実現する... Amazon, Facebook , Google , eBay のプラットフォームを利用するば世界中のターゲットとしたユーザーに情報を届ける事が出来る様になりました。これからは世界を相手にネットビジネスをする時代の幕開けです。 そこで、世界を相手に年間1億レベルのネットビジネスを短期間で立ち上げ...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。