« ブログのトップページに戻る

海外ECサイト運営を成功に導くための5つのポイント

   投稿者 : 2013年9月24日 By

日本国内でECサイトを立ち上げて、一気に成長して伸び幅が少なくなってきた人もいれば、なかなか芽が出てこない人もいるでしょう。そんなときに、「海外に進出しよう!」という考えが浮かんでくるのも不思議ではありません。ECサイトはオンラインビジネスですので、開業にかかるコストがあまりかからず、海外進出するにはうってつけのプラットフォームとなります。

そこで、今回はECサイトの運営をグローバル市場で成功させるために気をつけたいことを、5つに絞ってご紹介します。

1. 目的とターゲットを明確化

EC事業をやみくもに海外へ展開しようとするのはあまりオススメできません。多くの場合、他の企業がその市場を押さえている可能性は高いと言えます。ビジネスの基盤がほとんどない状態でいきなり海外ECを成功させるのは非常に難しいので、まずしっかりと目的と顧客ターゲットを定め成功の勝算を得てから進出するようにしましょう。

2. 入念な現地リサーチ

顧客ターゲットを定めるためには、現地のことを知らなくてはなりません。地理、経済、政治、法律、テクノロジーなど、海外ECを成功に導くために把握すべきことがたくさんあります。これらの基本的な情報を身につけることで、初めて人口統計やインターネット普及率、市場規模や見込み客のリサーチが活きてきます。隅々まで自力で調べるのが難しいという場合は、現地で生まれ育ったマーケターに尋ねて助けてもらうのも良いでしょう

3. ウェブサイトのローカライズ

海外ECではウェブサイトを現地の言語で表示すること(ローカライズ)もとても大切です。せっかくウェブサイトを訪れても、何が書いてあるか分からなければそのままUターンしてしまいます。ローカライズすることで、なんとコンバージョンが70%も伸びるというのですから、ぜひとも取り入れましょう。

4. ローカル貨幣・ローカル価格

現地貨幣で支払いできるようにすることで、さらに売上や利益を伸ばすことができます。例えば日本からドル圏に進出するとき、米ドル1つにまとめてしまいがちです。ドル圏は他にもカナダやオーストラリアなどありますので、現地のドルに対応させないと多くの消費者から不服を招いてしまいます。

支払い貨幣以外にも、製品の価格や価格の表示方法も柔軟に適応させましょう。多くの場合、国によって市場規模や適正価格は大きく違ってきますので、それぞれに適した価格をリサーチした上で決定させましょう。また、価格表示が税込なのか税抜きなのか、キリがいい方($12)が喜ばれるのか少しでも安い方($11.81)が喜ばれるのかなどの国民性にも気をかけましょう。

5. 地元文化の力

日本とアメリカ、アメリカとカナダ、カナダと中国……、文化というのは国によって実に大きく異なります。これは海外ECにも大きく関係することで、これから進出していく地域の習俗や伝統文化を軽んじてはなりません。特に日本から進出していく場合、宗教観の違いが大きなギャップになることは認識しておく必要があります。宗教はその地域の人たちが共有している、生きる上での柱となる価値観ですので、それを深く理解してきちんとビジネスに反映させることが重要です。

まとめ

グローバルに成功するために、ローカルに力を入れるべきだというのは一見妙かもしれませんが、とても大切なことです。仮に日本で功を奏している運営モデルだとしても、あくまで現地の方に対するきめ細やかな配慮を徹底することが求められます。その場合、海外ECを展開するときに、日本人の「おもてなし」の心が強力な武器となります。ローカライズにかかるコストを試算して、注力できそうなところから順次手を入れていきましょう。

Photo: Some Credit reserved by DonkeyHotey, Flickr.
http://www.flickr.com/photos/donkeyhotey/6144146778/

参考:6 Tips For Global eCommerce Success
http://www.translatemedia.com/6-tips-for-global-ecommerce-success.html

関連する記事

EコマースとMコマースの違いとは? 最近のショッピング事情と言えば、従来の店舗に行って実際に商品を手に取ってレジで並んで購入するスタイルではなく、オンラインで好きなものを自由な時間に購入するスタイルにシフトしているようだ。 各個人ののショッピングスタイルの好みによるが、まず、オンラインで購入する場合、一般的に知られているEC...
ユニークなアイデアでアマゾンに勝つ!... 小さなEコマースサイトを運営する企業にとって、アマゾン・楽天といった巨大なサイトにどうしたら対抗できるのか?という悩みは尽きないものです。対策として、ここでしか買えないものを売るといった、「商品そのものを差別化」するアプローチと、購入過程で何か顧客の印象に残るものを残すという「顧客体験の差別化」...
スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由... スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。 昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました...
海外販売とGoogleの関係 こんにちは、今日は私(板橋)がブログを書いております。 Adwordsについてです。   Googleは普段は検索エンジンとして使っていると思いますが、ネットで海外販売をしようと思ったら、Googleはあなたのビジネスパートナーになるという点です。 世界中の検索エンジンに自社商品...
ウェブ担当者よ、あなたはアクセスを失っているかもしれない... あなたがウェブサイトの管理者として10年選手のベテランなら、ウェブマスターツールやGoogle Analyticsは日常茶飯事として日々チェックしている事だろう。 もちろんネットメディアも毎日仕事前にはチェックしているし、facebookでは最新情報をフィードしているに違いない。 しかし、...
「ショールーミング」に象徴されるAmazonの強み、それに打ち勝つEC戦略とは?... ネットで商品を購入する前に、実店舗で商品や価格を確認する行動を「ショールーミング」といいます。この「ショールーミング」、実際に私たちも行っていますよね?この行動が、アメリカで流行っていて、小売店がAmazonに脅威を抱いているといいます。(http://jbpress.ismedia.jp/arti...

タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。