« ブログのトップページに戻る

Amazon中国の越境EC「Amazon海外購」が拡大中

   投稿者 : 2017年2月16日 By

イメージ画像

2016年上半期、中国EC市場規模は約2兆3142億元(約30兆円)に到達、前年度比43.4%増と発表している。また、越境EC市場に関しては、2016年上半期の市場規模は5125億元、全期予想では1兆1000億元(約15兆円)の見込みと示されている。
中国のEC市場規模はまさに、巨大化しており、米国を抜き世界第1位のEC市場である。
中国の越境ECでは越境ECどうしの競争も激化しており、Amazonさえも苦戦を強いられいた。ところが、2016年、越境ECアマゾンの「Amazon海外購」は大きなユーザーメリットを武器に新規ユーザーを獲得し、拡大が加速した。
今回はこのAmazon中国の越境EC「Amazon海外購」について見ていこう。

 

●Amazon中国の越境EC「Amazon海外購」とは

Amazonが中国で展開している越境ECサイト「Amazon海外購」はアクティブユーザー数は、ここにきて大幅に増加している。
Amazon中国の「海外購」がスタートした、2014年から2016年12月度のアクティブユーザーを比較すると23倍に増えている。
2016年からは、越境ECにAmazonUKの商品を追加し、Amazonはアメリカからの単一商品の販売から、イギリスを含め、多国商品販売へと転換した。
さらにプライム会員サービスとして、越境ECに特化した、国際配送を無料にするサービスを開始した頃から、「Amazon海外購」を利用するユーザーは急増加している。

アマゾン中国のサイト

越境EC「Amazon海外購

 

●越境ECでの中国消費者の購入メリット

中国消費者の越境EC利用の動機を調べると、まず、上がっているのが「商品価格が安い」、「商品の品質保証がなされている」というのがある。
中国の場合、海外の商品を小売店で買うより、越境ECで買ったほうが、「商品価格が安い」という実情がある。
これは、中国の場合、流通経路が複雑で、地方の小売店で販売されるまで、中間代理店が多く存在し、その度に手数料が加算され、例えば、日本で1000円の商品が中国の小売店で販売されるまでに、価格は4500円と高騰する。
一方、越境ECの場合は中間代理店は存在しないため、関税と配送料で、日本で1000円の商品は2400円程度で購入することができるという価格差がある。
また、商品によっては課税されずにすむ商品もあるので、さらに安く買える商品もあるだろう。
「良い商品をできるだけ安く買いたい」というユーザーニーズは、どの国でも同じである。商品価格がここまで違ってくると、中国では、海外の良い商品は越境ECで買ったほうが良いというのが、当然の心理である。

 

●Amazon越境EC「Amazon海外購」の拡大理由

2016年12月、「Amazon海外購」のアクティブユーザ数は、2014年のスタート時点と比べ23倍まで増えた。
Amazon中国のアンケートでは2年以内に利用した越境EC利用者は50%を越えており、その中で「Amazon海外購」は、越境ECで多くの新規ユーザーを獲得している。
その大きな要因となっているのが、「Amazon海外購」プライム会員を対象とした、1注文あたり合計200元(約3,000円)以上であれば、配送料が無料となるサービスだ。
また、プライム会員は中国国内の商品に限れば、注文金額に関わらず、どこでも配送料無料なのである。
さらに、このプライム会員サービスには30日間のお試し期間があり、そして、2017年2月28日までにプライム会員に加入すれば、通常年会費が388元(約5,820円)のところを188元(約2,820円)になる、という大きな特典付きなのである。
Amazonプライム会員サービスに、越境EC配送料無料といったアドバンテージをもたせた、このサービスは大きな魅力に映るだろう。実際には昨年の「ブラックフライデー」での取扱高は、2015年実績の2倍となり、「シングルデー」(独身の日)イベントでは前年度の6倍の売り上げだったようだ。

 

●中国の越境ECの利用者の特徴は?

今回、Amazon中国は2016年の越境ECに関するレポートを発表した。レポートによると、Amazon中国で越境ECを利用者する人の特徴は「若者化」「高学歴」「高収入」の3つだとしている。
越境ECユーザーの8割近くが35歳以下。さらに、9割以上のユーザーが大学卒業または、大学以上の学歴を持っている。月収は5000元(約8万3千円)以上で越境ECユーザーはモバイル端末を使うことが多く、子どもがいる世帯の家庭が越境EC利用の中心になっているという特徴もある。
また、利用者が多いのは、北京、上海、広州、深セン、成都などの大都市が中心で、これらは輸入品の実店舗の展開先と重複している。

 

●越境ECで中国で売れる商品、ブランドは?

Amazon中国の越境ECに関するレポートによると、中国国内の製品不信から、越境ECで海外の安心・安全な製品を購入するケースが大幅に増加している。
越境EC「Amazon海外購」で、最も人気があった商品カテゴリーは、ファッション関連が1位となっており、2位が靴。2015年に8位だったマタニティ関連商品は3位に上昇したとしている。さらに、2015年は9位だった化粧品は、2016年には4位に躍進している。

売れている商品

 

また、人気ブランドを見ると1位のカルバン・クラインを筆頭に4位のノーティカ、5位のティンバーランド、8位のLEEなどのファッションブランドが人気である。2位のComotomoは哺乳瓶などの製品、3位のサーモスは水筒、ボトル、マグカップを扱うメーカーだ。

中国で人気のアメリカのブランド

 

●これからの中国越境EC市場はどうなる?

このほど、富士経済は「中国向け越境EC市場の実態と今後 2016」を発表した。報告書によると、日本から中国に向けた越境EC市場は急拡大を続けており、2016年は613億元(1兆158億円)が見込まれるとし、さらに、2019年には1,270億元(2兆1,044億円)まで日本から中国に向けた越境EC市場は拡大するだろうと予測している。
中国で人気のある日本商品は、化粧品や雑貨、衣類、食料品、家電などである。 商品カテゴリー別では生活雑貨、ビューティ関連などの割合が高い。 生活雑貨ではベビー用品のおむつが人気で、ビューティ関連ではスキンケアを中心とした化粧品やシャンプー、ヘアケア商品などの需要が多い。
また、衣類などファッション系ではベビー・子供服、インナーウェア、マタニティウェアなどの販売が増えている。
家電は炊飯器や空気清浄機などインバウンド消費で人気の商品が売れており、食品では菓子類や飲料(リキッド、茶葉類)が中心で、「フルグラ」「じゃがポックル」(共にカルビー)などの家電同様、インバウンド消費での人気商品が売れ筋としている。
日本から中国に向けた越境EC市場の人気商品は、ベビー用品のおむつとスキンケア化粧品に需要が集中しており、日本の商品を越境ECで購入する利用者は、Amazon中国の利用者と同様、子どもがいる家庭の35歳以下の女性が中心のようだ。
今後、さらに中国で需要を獲得するためには、越境ECサイトの知名度向上とそれに向けた新商品発売イベントの開催や、セールイベントへの投資が必要である。

 

●まとめ

中国を中心とした、越境EC市場は今後も購買力を増し、伸びてゆくだろう。
Amazon中国は、大きなプライム会員メリットを提案することで、進出は難しいだろうと言われていた、中国EC市場に進出しつつあるようだ。
また、中国の消費者は日本の製品に対して安全・安心・高品質といったブランドイメージをもっており、特に雑貨・日用品、美容品、ファッション等などに購買意欲が高い。
Amazon中国のように、中国の越境EC利用者対し大きな活用メリットを提案することで、中国EC市場の新規開拓、展開に大きな成果をもたらすことが期待できるだろう。

参考サイト:

関連する記事

越境ECの落とし穴 人口減少社会に突入した今、新たな見込み消費者の開拓に企業・個人が「越境EC」という日本の商品を海外に販売するネットビジネスが今賑わっています。 よく目につくニュースといえば、海外向けの配送に関する利便性などのニュースリリースや、海外モールへの出店に関する業者のサービスリリースや企業間の提携など...
市場規模20兆円へ。中国の「越境EC」 ウソかホントか !?... 市場規模20兆円へ。中国の「越境EC」は爆買を超えるか? リンク先はNewsPickの有料記事ですが、このエントリーがアップされた前後でちょうど当社の越境ECモール Discovery Japan がまさにそうした動きがありました。 よって、上記ニュースネタは数字の根拠はともかく、現実的な話だ...
中国向け越境EC市場の今とこれから(富士経済調査などより)... 中国のEC市場は、旺盛な購買意欲に支えられて著しく成長していることは、周知の事実だ。 数年前に日本を賑わせた爆買いから2016年は、越境ECに市場は移行し、まさに、越境EC元年とも言える年であった。その内容を裏付ける報告書が富士経済より発表された。報告書は「中国向け越境EC市場の実態と今後...
海外向けの日本の製品紹介サイト Discovery Japan Facebookページ開設... 先日公開しました Discovery Japan ですが、facebookページを公開いたしました。 開設直後からたくさんのファンの方を獲得でき、日本商品のレベルの高さ、日本商品に対する世界レベルで信頼を獲得していることを改めて感じられます。 Live Commerce でどんな商品が海外に販...
今年も始まる「春節」、越境ECへの影響は?... ここ最近、インバウント(訪日外国人旅行)といった話題を聞かない日はない。 ここ数年、訪日外国人の数は右肩上がりで増加しており、特に中国人観光客の訪日が大きい。爆買いブームは終わり、買い物から観光する・日本を体験することに目的がシフトしてきたと言われるが、中国では今月、1月27日(金)から2...
世界第2位、アメリカの越境ECの現況は?... 2016年の世界EC市場規模は2.0兆ドル(約230兆円)に達すると言われ、2015年より25%増となるようだ。 さらに2017年のEC市場はさらに拡大し、2.5兆ドル(約290兆円)と予想されてる。2020年には4兆ドル(約460兆円)になると見込まれている。 変わって越境EC市場をみ...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。