« ブログのトップページに戻る

‘Discovery Japan’ タグのついている投稿

Amazon中国の越境EC「Amazon海外購」が拡大中

2017年2月16日 木曜日

イメージ画像

2016年上半期、中国EC市場規模は約2兆3142億元(約30兆円)に到達、前年度比43.4%増と発表している。また、越境EC市場に関しては、2016年上半期の市場規模は5125億元、全期予想では1兆1000億元(約15兆円)の見込みと示されている。
中国のEC市場規模はまさに、巨大化しており、米国を抜き世界第1位のEC市場である。
中国の越境ECでは越境ECどうしの競争も激化しており、Amazonさえも苦戦を強いられいた。ところが、2016年、越境ECアマゾンの「Amazon海外購」は大きなユーザーメリットを武器に新規ユーザーを獲得し、拡大が加速した。
今回はこのAmazon中国の越境EC「Amazon海外購」について見ていこう。

(さらに…)

 

第22回 越境ECセミナー 3/1

2017年1月26日 木曜日

イメージ画像

日本郵便株式会社 九州支社では3月1日、JR博多シティ会議室にて「越境ECセミナー」を開催する。
セミナーではデジタルスタジオの板橋憲生氏(Discovery japan事業統括長)、関口朋宏氏とペンシルの板倉美佳氏(代表取締役社長)を講師に招き「Discovery japanモールの実績」「Live commerceで構築する越境EC」「台湾展開と越境EC成功の秘訣」について、具体的な事例を交えて紹介する。
参加は無料で定員は40人、参加希望者はFaxにて2月24日までに越境EC事務局まで申し込む。詳細は次の通り。 (さらに…)

 

越境ECモールDiscovery Japanモール開設にあたってのセミナー

2016年4月19日 火曜日

 

Live Commerce では利用者様の商品を総合的に集めた新サービス「越境ECモール」を 5月初旬に開店いたします。
http://www.live-commerce.com/mall/

越境ECモール(Discovery Japanモール)では、無料で出店できるプランから、本格的なブランド構築プランまで用意しております。
Youtuberによる商品レビューと連動させて商品販売、マーケティングリサーチが可能であり、お問い合わせ対応や翻訳も当社が代行するため、メーカー企業様にとっては商品の提供が可能であればほとんど新たな人材コストを投資することなく、最小コストで越境ECのテストマーケティングが可能となっているため、今まで海外販売をためらっていた企業様でも積極的にチャレンジしやすくなっています。

越境ECモール開店に伴い、ペイジェント様と本モール出店を兼ねた越境EC最新 セミナーを開催します。主な参加対象者はLive Commerce利用者様、及び海外販売を検討されている 企業様になります。

■セミナー概要
http://www.paygent.co.jp/seminar_event/2016_0513/index.html

日時 : 5/13(金) 14:00~16:00 ※開場:13:30
会場 : 株式会社ディー・エヌ・エー 21Fヒカリエ セミナールーム
住所 : 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ(アクセス)
参加費用 : 無料 ※お気軽にお越し下さい。
定員 : 50名 ※定員になり次第〆切とさせていただきます。
申込み期限 : 5月12日(木) 24:00

皆様からのお申込みをお待ちしております。
 

 

Discovery Japanの紹介をYoutuberにやっていただきました

2016年3月22日 火曜日

Discovery Japanのウェブサイト紹介をYoutuberにしていただきました。商品のレビューもだいたいこんな感じになるのではないかと思います。

Discovery Japan紹介ビデオ (さらに…)

 

商品を1つ、無償で送っていただける企業様、Youtuberによる商品レビューを英語で紹介

2016年3月9日 水曜日

こちらのオファーは3月20日にて終了しました。

お願いがあります。
当社では、全顧客の商品をこれから外国人が動画で紹介するYoutuber(ユーチューバー)による動画プロジェクトをDiscovery Japanの元に始めます。
外国人が御社の商品を使ってみたりして、おもしろおかしく英語でレビューし、それをYoutubeの動画で全世界に共有するということです。

目的は1つです。
御社の商品が今よりも海外に売れることです。Discovery Japan経由で売れた場合のみ15%の売上手数料をいただきますが、まずは当社としても動画で売れるかどうかやってみないと、さすがにわかりません。売上はその次でいいと思っています。 (さらに…)