« ブログのトップページに戻る

3C分析で自社WEBサイトを強化するには

   投稿者 : 2016年10月27日 By

イメージ画像

3C分析という言葉はマーケティングの世界では良く使われるキーワードではあるが、意外とその意味や実際に3C分析をどう行えば良いのかわからない方も多い。
今回は、3C分析を使って自社WEBサイトを改善またはリニューアルするときの留意点などをまとめてみた。

 

●そもそも3C分析とは

3C分析とは「Customer」、「Competitor」、「Company」、それぞれの頭文字をとったもの。つまり「顧客、市場」、「競合」、「自社」、この3つの視点軸をもって調査・分析を行う手法である。WEBサイトを改善、リニューアルする目的は、集客を高めることと競合との差別化が大きな理由である。
そのためには、いろいろな視点でWEBサイトやサービスを調査・分析することが重要である。その際の視点の軸となるのが「3Cの分析」なのである。この「3C分析」は新規事業を検討する時や、新製品やサービスの開発など、いろいろな場面で応用することができ、最近ではWEBサイト構築やリニューアルの際にも良く使われるフレームワークとなった。

3C分析図

 

●3C分析の目的

この3C分析で用いる視点軸は「顧客」、「競合」、「自社」の3つである。3Cにより市場を分析し、その中から最も重要成功要因を導き出すことが目的となる。つまり、3C分析の目的はWEBサイトのを使うユーザーの真のニーズを把握し、競合正しく理解し、さらに集客できる、競合に勝てるWEBサイト、WEBサービスにするには何を優先すべきかを明確にすることである。
これまで、感覚的に捉えていた内容を「3C分析」を使って明確化することで、どのようなコンテンツを伸ばしてゆけばよいか、何を減らして何を強化しなければならないのか分析し実施することである。

3C分析の主な分析内容は下記の内容である。

  • Customer(顧客、市場):現状の市場規模、将来性。市場ニーズに対応しているか? 顧客ニーズは何か?
  • Competitor(競合):他社の強み、弱み。他社と比較して優位的戦略は何か?
  • Company(自社):自社独自の強み、弱み。自社サービスの範囲。

 

●3C分析で自社WEBサイトやサービスをチェックする

「3C分析」は企業レベル、事業部レベル、製品単位など、さまざまな場面で使われている。WEBサイトの改善する場合でもこの「Customer(顧客、市場)」、「Competitor(競合)」「Company(自社)」の視点は有効である。ここでは具体的にどのようなところにポイントを絞って、調査。分析すべきかを各々の視点で整理してみた。

 

1.Customer:顧客、市場を分析する

Customerでは市場規模の把握、市場の成長度、顧客層の真のニーズをつかむことがポイントである。市場規模は公開されているデータなどから数値として内容をまとめること。また、顧客分析ではアンケート、ヒアリング、Q&A内容や相談事例など、あらゆるソースからニーズを導き出すことである。

具体的には下記、内容が考えられる。

  • 顧客ターゲット層をより具体化する
  • 顧客ターゲットの購買特性を整理する
  • 商品、サービスの市場規模を数値化する
  • 市場の成熟段階や変化を調査する
  • 顧客ターゲットの悩みを精査する
  • サイト内で問題となるところを洗い出す
  • ターゲットニーズを把握する
  • ターゲットはどのようなサイトをよく見ているか?など調査する
  • ターゲットはどのような情報を求めているか?など調査する

 

2.Competitor:競合他社を分析する

現状の競合他社の状況分析し、競合他社とどのような点が差別化できているのかを分析する。1社だけではなく、平均5〜8サイトの複数の競合サイトを比較する。また、店舗などある場合は店舗内容も調査する。

具体的な分析内容は下記、内容が考えられる。

  • 競合他社企業の状況(年商・シェア・社員数・生産能力など)
  • 競合他社の商品・サービス優位点
  • 競合他社の商品・サービスの劣勢点
  • 他社サイトの特徴、ユーザビリティ
  • 他社サイトの特徴的なコンテンツ
  • 他社サイトの商品の見せ方
  • 他社サイトの独自のサポートやサービスは?
  • 競合他社のソーシャルメディアの活用状況は?
  • 競合他社の行っている集客方法は?

 

3.Company:自社を分析する

自社の分析は甘くなりがちだが、現状の自社サイトのサービスや状況について把握する。ここでの分析は他社ライバルサイトと同じ視点でアクセス解析などの数値を元に、人気コンテンツ、滞在率の高いコンテンツ、キーワード分析など、自社に求められている内容を中心に、自社サイトの強み、弱みを整理する。

自社WEBサイトの調査、分析では下記、内容が考えられる。

  • 自社サイト、サービスの強みを整理する
  • 自社サイト、サービスのカバーすべき弱みを整理する
  • 他社には無い自社サイト、サービスの最大の特徴を整理する
  • サイトのアクセス状況をまとめる
  • コンテンツに活かせる独自のリソースをまとめる
  • 自社サイトのサービス市場規模をまとめる
  • 自社サイト、サービスの充実度を数値化する

 

●まとめ

3C分析は古くから使われる汎用性の高いフレームワークでベーシックな手法ではあるが、基本は「ユーザーを知り」、「競合他社を知り」、「自社を知る」ということである。
3C分析の目的はあくまで、自社が事業を行うビジネス環境での成功要因は何かを導き出し、他社との差別化を図ることである。自社WEBサイト強化のために、是非、この3C分析を利用し改善することをお勧めする。

関連する記事

ECの巨人AmazonとZOZOTOWN 2018年も後半に入った。国内では、西日本を襲った記録的な豪雨による災害が相次いでいる。被害に遭われた方、避難を余儀なくされている方に心より、お見舞い申しあげる。 今回は昨年2017年のEコマースについてランキング資料をベースに振り返りつつ、昨年も他を大きく引き離し成長したECモール、「Am...
これはやってはいけない! ECサイトデザイン... Web技術は日々進化してる。それを支えているのはブラウザである。 現在はブラウザシェアで最大ユーザーを誇っていた、Internet Explorerは過去のものとなり、国内、海外でのシェアナンバーワンはGoogle Chromeである。Chromeは6週間ごとに安定版がリリースされ、アップ...
ECサイトのユーザビリティ10の心得 ECサイトのユーザビリティは週単位、月単位で見直してみる必要がある。かっこいいビジュアルデザイン、おしゃれなデザイン、それも大事ではあるが、ECサイトでは一番ベースになくてはならないのはユーザビリティである。 "デザインとは機能である"と言ったのはスティーブ・ジョブスだが...
加速する越境EC! 今、越境EC市場を捉える... 日本の総人口は、出生率の低下から、大きく減少することは明らかである。(図-1)を参考いただきたい。2010年に1億2806万人だった人口は徐々に減少し、50年後の2060年には8674万人とも予測されている。 さらに総人口の39.9%が65歳の高齢者となる。超少子高齢化社会となるのは周知の事...
2016年、日本のEC市場はどうだった? 今回も前回に引き続き経済産業省から2016年の「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、15兆1,358億円。前年より9.9%増加したとしている。 各分野では物販系分野で8兆43...
顧客が購入していない31の理由:あなたのショッピングカートを最適化する方法... ECサイト構築にはショッピングカートが欠かせない。 ネットショップに必ずあるのが、「ショッピングカート」機能である。ショッピングカートとはオンラインショップが備える機能の一つで、簡単に言うと、商品を購入するまで、商品を一時的に保存しておく機能である。 オンラインショップでも、実店舗の買い...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。