« ブログのトップページに戻る

3C分析で自社WEBサイトを強化するには

   投稿者 : 2016年10月27日 By

イメージ画像

3C分析という言葉はマーケティングの世界では良く使われるキーワードではあるが、意外とその意味や実際に3C分析をどう行えば良いのかわからない方も多い。
今回は、3C分析を使って自社WEBサイトを改善またはリニューアルするときの留意点などをまとめてみた。

 

●そもそも3C分析とは

3C分析とは「Customer」、「Competitor」、「Company」、それぞれの頭文字をとったもの。つまり「顧客、市場」、「競合」、「自社」、この3つの視点軸をもって調査・分析を行う手法である。WEBサイトを改善、リニューアルする目的は、集客を高めることと競合との差別化が大きな理由である。
そのためには、いろいろな視点でWEBサイトやサービスを調査・分析することが重要である。その際の視点の軸となるのが「3Cの分析」なのである。この「3C分析」は新規事業を検討する時や、新製品やサービスの開発など、いろいろな場面で応用することができ、最近ではWEBサイト構築やリニューアルの際にも良く使われるフレームワークとなった。

3C分析図

 

●3C分析の目的

この3C分析で用いる視点軸は「顧客」、「競合」、「自社」の3つである。3Cにより市場を分析し、その中から最も重要成功要因を導き出すことが目的となる。つまり、3C分析の目的はWEBサイトのを使うユーザーの真のニーズを把握し、競合正しく理解し、さらに集客できる、競合に勝てるWEBサイト、WEBサービスにするには何を優先すべきかを明確にすることである。
これまで、感覚的に捉えていた内容を「3C分析」を使って明確化することで、どのようなコンテンツを伸ばしてゆけばよいか、何を減らして何を強化しなければならないのか分析し実施することである。

3C分析の主な分析内容は下記の内容である。

  • Customer(顧客、市場):現状の市場規模、将来性。市場ニーズに対応しているか? 顧客ニーズは何か?
  • Competitor(競合):他社の強み、弱み。他社と比較して優位的戦略は何か?
  • Company(自社):自社独自の強み、弱み。自社サービスの範囲。

 

●3C分析で自社WEBサイトやサービスをチェックする

「3C分析」は企業レベル、事業部レベル、製品単位など、さまざまな場面で使われている。WEBサイトの改善する場合でもこの「Customer(顧客、市場)」、「Competitor(競合)」「Company(自社)」の視点は有効である。ここでは具体的にどのようなところにポイントを絞って、調査。分析すべきかを各々の視点で整理してみた。

 

1.Customer:顧客、市場を分析する

Customerでは市場規模の把握、市場の成長度、顧客層の真のニーズをつかむことがポイントである。市場規模は公開されているデータなどから数値として内容をまとめること。また、顧客分析ではアンケート、ヒアリング、Q&A内容や相談事例など、あらゆるソースからニーズを導き出すことである。

具体的には下記、内容が考えられる。

  • 顧客ターゲット層をより具体化する
  • 顧客ターゲットの購買特性を整理する
  • 商品、サービスの市場規模を数値化する
  • 市場の成熟段階や変化を調査する
  • 顧客ターゲットの悩みを精査する
  • サイト内で問題となるところを洗い出す
  • ターゲットニーズを把握する
  • ターゲットはどのようなサイトをよく見ているか?など調査する
  • ターゲットはどのような情報を求めているか?など調査する

 

2.Competitor:競合他社を分析する

現状の競合他社の状況分析し、競合他社とどのような点が差別化できているのかを分析する。1社だけではなく、平均5〜8サイトの複数の競合サイトを比較する。また、店舗などある場合は店舗内容も調査する。

具体的な分析内容は下記、内容が考えられる。

  • 競合他社企業の状況(年商・シェア・社員数・生産能力など)
  • 競合他社の商品・サービス優位点
  • 競合他社の商品・サービスの劣勢点
  • 他社サイトの特徴、ユーザビリティ
  • 他社サイトの特徴的なコンテンツ
  • 他社サイトの商品の見せ方
  • 他社サイトの独自のサポートやサービスは?
  • 競合他社のソーシャルメディアの活用状況は?
  • 競合他社の行っている集客方法は?

 

3.Company:自社を分析する

自社の分析は甘くなりがちだが、現状の自社サイトのサービスや状況について把握する。ここでの分析は他社ライバルサイトと同じ視点でアクセス解析などの数値を元に、人気コンテンツ、滞在率の高いコンテンツ、キーワード分析など、自社に求められている内容を中心に、自社サイトの強み、弱みを整理する。

自社WEBサイトの調査、分析では下記、内容が考えられる。

  • 自社サイト、サービスの強みを整理する
  • 自社サイト、サービスのカバーすべき弱みを整理する
  • 他社には無い自社サイト、サービスの最大の特徴を整理する
  • サイトのアクセス状況をまとめる
  • コンテンツに活かせる独自のリソースをまとめる
  • 自社サイトのサービス市場規模をまとめる
  • 自社サイト、サービスの充実度を数値化する

 

●まとめ

3C分析は古くから使われる汎用性の高いフレームワークでベーシックな手法ではあるが、基本は「ユーザーを知り」、「競合他社を知り」、「自社を知る」ということである。
3C分析の目的はあくまで、自社が事業を行うビジネス環境での成功要因は何かを導き出し、他社との差別化を図ることである。自社WEBサイト強化のために、是非、この3C分析を利用し改善することをお勧めする。

関連する記事

新しく立ち上げたEコマースサイトに人を集めるには?その1... 新しくEコマースサイトを立ち上げる場合、できることなら初めからたくさんの人を集めて、手ごたえのあるオープンにしたいものです。そこで、2回にわたって、さまざまなメディアを使ってトラフィックを増やす方法をいくつかご紹介したいと思います。 ユーザーへのアクセスを増やそう トラフィックを増やすには、...
インバウンドECサイトから越境ECサイトへ... 4月27日、電通は2018年1~2月に実施した「ジャパンブランド調査2018」の結果を発表した。 この調査は世界20か国・地域を対象に、日本に対する好感度や訪日旅行意向などをアンケート調査したものだ。 それによると、「日本のことが好きな国・地域」のとトップは同率で台湾、タイ、フィリピン、...
押さえておきたい!スマホサイトのフォーム最適化のポイント... パソコンECサイトではコンバージョン率があるのに、スマホECサイトでは成約に至らないケースが多いのはフォームに問題があるケースが多い。せっかくスマホECサイトを作ったのに売上が伸びない、効果が発揮されないなど悩みがある方も多い。パソコンに比べ、入力にストレスを感じることの多い、スマホサイトのフォ...
多様化するECサイトの決済サービス ECサイトにおいて、決済サービスの選択肢をたくさん揃えておくことは、お客様を逃さない、コンバージョン率向上の重要な要因である。 実際の調査データでも、ECサイトで商品を購入しようとした際、希望する決済手段がないため、別サイトで購入した。または、買い物自体をやめたという割合は、49.8%(マ...
今、ECサイトに効果的な「カード型デザイン」がトレンド... Webデザインは時代ごとに変化してきている。今やWebデザインはパソコンやタブレット、スマホなどたくさんのディバイスに対応するため、従来のサイドバーを活用したWebデザインよりシングルカラムのデザインが主流になりつつある。そして、2015年は特にレスポンシブに対応した「カード型デザイン」が注目さ...
越境ECサイト・国内ECサイトのCMSを比べてみた... 経済産業省が発表した2017年の日本の国内BtoC市場は、16兆5,054億円と前年より9.1%上昇し、さらにEC化率も5.79%(物販分野)と伸長している。 しかし、EC化率(ECの売上が小売全体の売上に占める割合)は世界に比べるとまだまだ低いという現況がある。 ちなみに、EC化率の高...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。