なぜトレードカービューは自社で輸出をやっていないのか?

なぜ、トレードカービューは自社で輸出業はやらないのか?
なぜ、ヤフーは自社でネットショップ業をやらないのか?
なぜ、楽天は自社でネットショップ業をやらないのか?

答えを知っている方には、何でもないことですが、上記の企業はいずれも上場企業で巨大なデータを保持しているインターネット企業です。データを保持している彼らにしてみれば、自分達がその市場に当事者となって参入した方が最も成功すると思いがちですが、そうしないのはなぜでしょうか?

この答えは、意外とあっけないのですが、彼らはシステムを提供している情報処理企業なので、全く持って「輸出」のノウハウは持っていません。むしろ、ユーザーの方がノウハウを知っています。つまり、なぜ車の情報を一番持っている企業がリアルの輸出から撤退したのか、それをよくよく考えてみれば、 答えははっきりします。

彼らのUSPは巨大なデータを処理するシステムとデータを持っているだけです。それを提供するビジネスの方が当事者となって輸出をするビジネス以上のメリットがあるからです。だから、トレードカービューの社員が独立して自分で輸出をやらない理由が、、、、分かりますよね。

システムを提供する企業のメリットの一部と言えば、

  1. 在庫がないので、リスクが少ない
  2. 利益率が高い
  3. 毎月、半年先、一年先の収入が確保されている(定期的に収入が入る)
  4. 小資本、場合によっては資本不要で始められる

こうしたメリットを最も体感できるビジネスと言えば、IT企業な訳です。IT企業は、基本的にツールを作りインターネットのルールを作ります。
IT企業はツールを毎月○○円で提供するタイプのモデルになってくるのです。SKYPEもGoogleもクラウドなんちゃらとかいうサービスは全部この仕組みです。

トレードカービューは輸出・輸入という目的を達成する為に、システムを作り、そのシステムをユーザーは毎月○○円という形で利用料を払い、事業を行います。これを、一般的にはSaaSとかPaaSとか呼ばれています。

これをネットショップの業界に当てはめて、新たなビジネスモデルを考察してみましょう。

 

ネットショップは、小売業です。モノを仕入れて、ネットまたはリアルの店舗で売ります。この状態は完全なる小売業としか言えません。

しかし、Amazonやzozo townのように、自社のサイト上に他店舗の商品も掲載して、売れた分から手数料を貰える様になると、モノを売る小売業と自社のインフラの一部の他店舗に提供し手数料をチャージするIT企業的な一面を持つことになります。ITと小売の中間業みたいな、今までにないタイプの産業になります。

彼らに共通すること、それは巨大なトラフィック(アクセス数)をお金に変えているということです。トラフィックは単に自社の商品を売るスペース以上に、それを第3者に提供することによって新たな収入の機会を作り出したと言えます。

ここで、勉強できることは、amazonやzozoや楽天までとはいなくとも、あなたの分野で圧倒的なトラフィックを作り出すことができれば、あなたは小売業から一歩抜け出し、逆にライバルに自社の販売スペースを提供し、プラットフォーマーにもなれる可能性があるということです。小売業だけの常識だけにとらわれていると、全くそこから抜け出せなくなります。自分の業種以外でやっているところにたくさんヒントがある訳ですね。

これが、どれだけスゴいことなのか。よく考えてみてください。世の中の生き残っている企業はほとんどがプラッフォフォーマーです。

もしあなたが今ネットビジネスを始めたばっかりなら、単に目的の商品を売ること以外に、その業界のプラットフォーマーになるぐらいの目標を立ててやってみてはいかがだろうか。

PS
4週間で学ぶ海外販売講座、とても売れています!

関連する記事

海外向けネットショップ開業にあたって知っておくべきこと... 海外向けネットショップを開業する際に、多くの方から質問をいただきますが、ほとんどの質問は以下に集約されます。 もし、知らないことがあったら、資料請求して解決しておきましょう。初めての海外販売、よくある質問集にすべて記載されている質問になります。 まず何から始めればいいですか? 海外で売...
10月1日から免税対象品目が全品目に拡大、訪日外国人向けのネットを活用した新ビジネスモデル... 政府発表の資料によれば、2013年は過去最高の外国人訪問者数を記録したそうです。 そしてこの訪問者数を2020年までに2,000万人まで増やす目標は既に発表されている通りです。 特に、アジア圏からのビザ規制緩和によって訪問者数を増やす戦略のようです。 この数字が順調に伸びていくと、外国人観...
EMSの損害賠償保険が適用された、改めて海外販売ビジネスの安全性を確認できた瞬間... 海外販売でEMSを配送として使っている方は多いと思います。 EMSの損害賠償保険には2万円までの標準で含まれる保険のほかに、わずかな費用を支払うことによって最大200万円まで保険を掛けることができます。 実際に本当に保険金って支払われるの? 今日は、この質問について該当するケースがありま...
冷凍や冷蔵が必要な商品を海外に配送するには?... 日本郵便が提供しているEMSにはクールEMSという商品があります。 これは保冷が必要な日本の食料品を台湾・香港・シンガポール・マレーシア・ベトナムへお届けしたい場合に有効なEMSのオプション的な配送サービスです。冷蔵タイプなら0~10度、冷凍タイプならマイナス15度以下の温度帯で引き受けか...
年間9億ドルを売り上げるEtsyに続け!「共感」を出発点とするマーケットプレイス型Eコマース3選... 世界中からハンドメイド好きの人が集まり、年間9億ドルを超える商品が売買されている人気のマーケットプレイス「Etsy」をご存知でしょうか?「Etsy」は、創業者の「オンラインで物を販売できるEコマースはeBayくらいしかないが、アーティストの作品を販売するには適切ではない」という思いからローンチしたハ...
コンテンツマーケティングを診断!5つの指標... コンテンツマーケティングは、Eコマースサイトでの売上アップを目標に、長期的な視点から行うものです。そのため、取り組んでいるコンテンツが売上につながるまでには、どうしてもタイムラグが生じてしまいます。 そこで、今やっているコンテンツマーケリングの方向性が正しいのかどうか、すぐに判断できる5つの...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント / トラックバック1件

  1. […] 以前、トレードカービューはなぜ自社で輸出をやっていないのか?でも書いたのですが、インターネット上で提供されるビジネス、特にネットショップの立場を究極的に言ってしまうと、メーカーと消費者にビジネスの場を提供するeBayと同じ役割なわけです。 […]

コメントをどうぞ