« ブログのトップページに戻る

スマートフォン広告は効率よく集客できる?

   投稿者 : 2016年11月15日 By

イメージ画像

インターネット広告の主流はパソコン型広告からスマートフォン広告にシフトした。
スマートフォンはパソコンや他のメディアに比べて占用率が高く、常に自分の半径1m以内にあり24時間365日、そばにあるデバイスで、デバイスへのプッシュ通知でユーザーへ情報を通知できる。
今回は今、広告媒体として注目を集めているスマートフォン広告の特徴と可能性について見ていこう。

 

●スマートフォン広告とは? その特徴は?

スマートフォン広告とはモバイル端末(スマートフォン、携帯電話、PDA)向けのインターネット広告である。メールに広告を掲載するメール型広告や検索結果に表示されるテキスト型広告、パソコン同様のディスプレイ型広告、コンテンツに溶け込むように表示されるネイティブ広告など種類も多様だ。
そして、スマートフォン広告には以下のような特徴がある。スマートフォンはPCに比べ10代、20代のユーザーが多く、常に持ち歩き生活に密着した端末で、検索したりメールしたり、ニュースを読んだりとライフスタイルに大きく影響される媒体である。
そして、スマフォ広告はスマフォ自体の画面が小さいので、バナー広告の占める範囲が、パソコンに比べ大きくなり、CTR(クリック率)が高くなる傾向にある。一般的なWebサイト内のバナー広告では、PCの場合のCTRは0.05%~0.1%程度だが、モバイル端末の場合のCTRは0.5~1.0%程度というデータがある。

 

●スマートフォン広告の市場規模はどのくらい?

スマフォ広告の2015年の市場規模は推計で4,979億円と発表された。(表-01参照)
この数字は前年の2014年と比較しても144%と大きく成長しており、さらにインターネット広告媒体費の54%の半数以上を占める結果となっている。スマフォ広告市場は大きく拡大傾向にあることがわかる。
また、スマフォ広告市場を他のマス広告(テレビ、新聞、雑誌広告)と比較すると、もっとも大きい地上波テレビ広告の3割弱となっており、今回は2位の新聞広告には及ばなったもの、雑誌広告の2倍とその市場は今後も伸長することが予想される。(表-02参照)
インターネット広告はパソコン広告からスマートフォン広告に完全にシフトし、スマフォ広告が伸びることで、インターネット広告全体を牽引してると言える。

表01

表02

●スマートフォン広告にはどんな種類があるの?

スマフォ広告は費用対効果が高いと言われるが、その種類も多様化している。
パソコンと基本的な内容は同じだが、スマフォはパーソナルなデバイスであることから、広告を出すタイミングや位置情報により、より個人に特化した広告を出稿することができる。
その種類は大きくは下記のようになる。

 

・リスティング広告 

GoogleやYahoo!など検索エンジンの検索結果ページに掲載されるテキスト広告がリスティング広告である。クリックされると広告費が課金される。

 

・ディスプレイ広告 

ディスプレイ広告はターゲットにマッチしたサイトやブログページに掲載される広告で基本的にはパソコンのバナー広告と同じ考えて良い。

 

・アフィリエイト広告 

広告の形はディスプレイ広告 と同様で、アフィリエイト広告はクリック課金ではなく、何か購入された場合や資料請求された場合に広告費が課金されるもの。

 

・インタースティシャル広告

閉じるボタンを押さないとコンテンツを見ることができないユーザーにとっては邪魔になる広告である。閲覧を妨げる全面型広告である。アプリなどで頻繁に見かけるケースが多く、無料アプリなどは随所に表示させることでクリック率を高めている。

 

・動画広告

You tubeなどの動画が始まる前に表示される広告で印象度が高い。動画広告は静止画に比べ、映像による理解を深めたり、ターゲッティングに適している。

 

・リッチメディア広告

リッチメディア広告配信プラットフォームにスマーフォン向けのリッチメディア広告を表示する形式も増えてきた。HTML5とCSS3を組み合わせて動的に表示させたり、スマートフォンで再生できる動画などリッチな表現が可能となっている。

 

・メール広告

基本的な機能としてはパソコンと同じだが、スマフォの場合メールはユーザーが一つ一つ確認する傾向にあるので、開封率、精読率がパソコンメールに比べ高くなり、人気が高い。

 

・ネイティブ広告 

ネイティブ広告とはコンテンツに溶けこむように設計された広告で、バナー広告などに比べると広告っぽさを感じさせない広告である。ニュースサイトやFacebookやtwitterなどSNSに掲載される広告でユーザーに嫌われにくい、信頼されやすい広告という特徴がある。画面が小さいスマフォではストレスなく見ることができ、スマフォ向きの広告形態と言える。

 

●これからのスマフォ広告はネイティブ広告がメインとなる?

前段のスマフォ広告の中でユーザーが広告を見て、煩しく感じたり、不快と感じたりしている広告はバナー広告の類である。
従来のバナー広告形式はユーザーから嫌われるようになり、なかなか効果が出なくなっていると言われている。そのような中で、救世主と呼ばれているのがネイティブ広告である。ネイティブ広告の中でも注目はインフィード型と呼ばれている広告でFacebookやTwitter、スマートニュースなどで情報が流れて掲載される箇所をタイムラインやフィードと呼び、それらフィードの間に表示される広告である。
これらインフィード型広告はユーザーが情報を閲覧している最中に同じ形式の広告を情報として取得しており、違和感がない。ユーザーは少しの興味で気軽にクリックできるところが特徴である。問題はクリックした後に遷移するサイトの内容である。遷移先がランディングページのような内容ではなく、情報コンテンツであったほうが好感が持たれる。
あくまでインフィード型広告はコンテンツ内容が重要ポイントになる。質の良いコンテンツであれば、ユーザーが満足し、”いいね”や”シェア”で拡散が期待できるのだ。ネイティブ広告はユーザーの情報利用体験を阻害しない、質の良いコンテンツを提供することで、広告らしくない広告として期待される。

 

●まとめ

スマートフォンの20~30代若者層への普及率は80%台後半と非常に高く、スマートフォン広告の有効性、特に若者層へのリーチが実証されている。スマフォ広告は、通常の折り込みチラシの3倍もの集客があるとのデータもあり、短時間でスピーディに、集客ターゲット、集客エリアを絞れるなど、特に若者層への集客おいては、必須のツールとなると言える。

関連する記事

ディバイス毎のWebブラウザシェアは? 2016-6月... デスクトップのブラウザシェア争いは世界的にはGoogle Chromeがシェアを独占してるが、2位争いにも変化が見られた。ひと昔前までは首位独走だったInternet Exploerが徐々に下降し、前回まで3位だったFirefoxが追いつき、ついには追い越されるという事態になっている。 今回...
もう対応してる? モバイルフレンドリー... 最近は電車のなかでスマホを見てる人が多くなった。外出先でもインターネットが当たり前の時代だ。Googleの発表によると、スマホからの検索数がPCからの検索数を超えたようだ。スマホの重要性は今後、ますます高いものとなるだろう。そのようなスマホユーザーに確実に良い情報検索結果が表示されるように、Go...
2015年に国内で伸びたEC商品は何ですか?... インターネットは2004年の時点では利用者数7,948万人、普及率で言えば66%であった。そして10年後の2014年の利用者数を見ると1億18万人、普及率は82.8%となっており、当然ながらインターネットは生活に欠かせない存在となった。利用端末を調べると、2014年のデータだが自宅のパソコンが5...
Instagramをビジネスで利用する 2010年に始まったInstagram(以下インスタグラム)は、スマフォカメラアプリで、撮影した写真を加工し、投稿するSNSアプリである。2015年9月時点でグローバルユーザーは4億人、国内では810万人のユーザーがこのアプリでSNSを楽しんでいる。昨年、2015年にはInstagram広告がリ...
スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由... スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。 昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました...
パソコンかスマホか?インターネットの利用状況はどう変化している?... 昨年の総務省が公表した情報通信機器の普及状況データによると、国内のパソコン世帯普及率は、78.0%なっており、パソコン以外ではスマホ普及率は64.2%、タブレットは18.4%とスマホ普及が、ここ5年で急速に進んでいる状況(下図参照)を明らかにした。そのような中で、今年4月8日にニールセン株式会社...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。