2017年の訪日外国人客数と図表で見るインバウンド対策の現況

イメージ画像

日本政府観光局(JNTO)が2017年の外国人観光客数の発表した。2017年の訪日外国人数は前年比19.3%増の2,869万人と好調をキープしているという結果であった。
結果を見ると、ここ数年は韓国から観光客数が急激に増加しており、前年比40%増の714万人と、韓国人観光客が訪日観光客数の増加を牽引している状況となっている。
そして今後、増え続ける外国人観光客に対して、企業のインバウンド対策はどこまで進んでいるのだろうか?
3月22日(木)に「訪日ラボ」では「インバウンド対策意識調査」にアンケート調査を掲載しており、その内容をベースに、今後、行うべきインバウンド対策は何かについて見ていこう。

 

●2017年訪日外国人数、国・地域別割合

2017 年の1月から12月までの訪日客は、前年比 19.3%増の約2,869 万人(+465 万人)(推計値)となった。これは、日本政府観光局(JNTO)が統計を取り始めた1964年以降、累計で過去最高を更新し、これで6年連続の増加である。
国・地域別で見ると、訪日客が多い上位3つの地域は、昨年と同様、1 位は中国735万人(前年比98万人増、15.4%増)、2位は韓国714万人(前年比205万人増、40.3%増),3位は台湾456万人(前年比40 万人増、9.5%増)となった。
下の図表にはないが、伸び率が高い国・地域は、訪日客が多い地域 2 位である韓国 の714 万人(前年比205万人増、40.3%増)を始め、ロシア7.7 万人(前年比2.2 万人増、40.8%増)、ベトナム30万人(前年比 7.5 万人増、32.1%増)となっている。

訪日外国人総数

●国・地域別の訪日個人消費額

日本滞在時の消費額を見ると、中国が全体の38.4%を占め1兆6946億円でトップである。2位は、台湾が全体の13.0%の5744億円である。3位は韓国で、5126億円(同11.6%)、4位は香港の3415億円(同7.7%)、5位は米国が2503億円(同5.7%)と続き、 これら5カ国で全体の76.4%となっている。
一人当たりの旅行支出については、最も支出が多いのは中国で一人平均23万円、ついでオーストラリアで22万6000円、次にイギリスの21万5000円となっている。
日本百貨店協会が発表した、2017年の全国百貨店売上高は前年比で0.1%増で3年ぶりに前年を上回っている爆買いの時期に多く売れた電化製品は売上は落ちているが、化粧品などは、引き続き売上を伸ばしている。

訪日外国人の消費額

●インバウンド対策はどこまで進んでいる?

株式会社movが運営する「訪日ラボ」が「インバウンド対策意識調査」に関するアンケート調査を実施した。
今回はその内容から一部を抜粋し、インバウンド対策はどこまで行われているのかを見てみよう。レポートは2018年3月5日から3月14日の期間に158名を対象に行われたものだ。以下一部を抜粋し、その内容を見ていこう。

▶︎社内全体的に、インバウンド推進ムードですか?それとも消極的なムードですか?

  • 非常に積極的なムード  41.77%
  • まあまあ積極的なムード  48.73%
  • 消極的なムード  8.86%
  • 撤退を考えている  0.63%

zu01

▶︎今まで、インバウンド対策をやったことがありますか?

  • はい、あります  75.32%
  • いいえ、ありません  24.68%

zu02

 

▶︎実施したインバウンド対策の種類を選択して下さい(複数選択) ※上位20位のみ

  • WEB・ホームページの多言語化  68.07%
  • SNS運用  52.10%
  • メニュー・案内等多言語化  51.26%
  • 外国人向けウェブメディア活用  40.34%
  • 外国人採用  36.13%
  • 無料Wi-Fi設置  31.09%
  • 海外展示会出展  28.57%
  • インバウンド動画制作  25.21%
  • 広告配信  23.53%
  • 外国人向けフリーペーパー活用  21.85%
  • 決済対応(クレジット・QRコード決済) 21.85%
  • 海外の予約サイトの登録・活用  21.01%
  • 有償のデータ・調査・リサーチ活用 15.97%
  • 越境EC 8.4%
  • Googleストリートビューの撮影・製作 1.68%
  • インバウンド向け「街歩き」ツアー試行。会議所のWebに掲出 1.68%
  • インバウンド主任者認定試験 1.68%
  • インバウンド対応セミナー 1.68%
  • インバウンド対応のための研修 1.68%
  • バス、宿泊手配 1.68%

図03

▶︎2016年から2017年にかけてインバウンド対策関連予算は増えましたか?

  • 倍以上に増えた  6.33%
  • 増えた  27.78%
  • 変わらなかった  13.29%
  • ない  56.33%

zu04

 

▶︎インバウンド売上や訪日外国人の客足が伸びてきていることを感じますか?

  • とても感じる  54.43%
  • まあまあ感じる  36.71%
  • あまり感じない  6.33%
  • 全く感じない  2.53%

zu05

 

▶︎インバウンド対策・受け入れ体制構築について点数をつけるならば、
理想の体制が100点だとすると現状はどれくらいですか?

  • 0〜20点  13.92%
  • 21〜40点  32.28%
  • 41〜60点  29.75%
  • 61〜80点  20.25%
  • 81〜100点  3.80%

zu06

 

●インバウンド対策は今後はどうあるべき?

今回のこの「インバウンド対策意識調査」を見ると、75%以上がインバウンド対策を何らかの形で実施しているようだ。WEBサイトの多言語化も進んでおり、実に7割近くが外国語に対応したサイトをもっているようだ。
しかし、「実施したインバウンド対策」の項目の「越境EC」対策については、実施率は8.4%と低い。つまり、ホームページは多言語で対応しているが、取り扱う商品の販売まで行っているところは少ないという結果である。
訪日前の外国人観光客との接点はあるが、滞在時に接点を持ったお店の商品を帰国後、購入するチャンスが少ないということが推察できる。
外国人との接点を増やすには、外国語に対応したホームページだけではなく、Facebook、Instagram、Twitter、Youtubeなどを利用し、多くのメディアに露出することである。そして、来店してもらうことができれば、お店の中で商品の価値をリアルに実感し購入していただけるのである。
そして、帰国後も、その商品を継続して購入いただけるように、越境ECサイトなどの商品購入ツールを用意することが重要である。
今や、訪日した外国人は日本製品を気に入り、帰国後再度、その商品を購入する流れがつきつつある。インバウンド需要には越境ECサイトの構築は必須であると言える。

 

●まとめ

政府は東京オリンピック開催の2020年には訪日外国人客数は4,000万人、外国人観光客の消費額8兆円を目標にしいる。この数字は過去を振り返ると、2011年の外国人観光客数は622万人から、その後6年で2,869万人まで増えているのを見ると、2020年の4,000万人は達成可能な数字と言えるだろう。
今後、増え続けるインバウンド需要に対しては、官民あげて行うことは、外国語に対応した環境をしっかり構築すること。そして、多くの決済手段が日本で行えること。さらに越境ECでも日本の商品を購入できることである。

 

図表出典: 2017年4Qインバウンドデータレポート

記事出典:

関連する記事

ヨーロッパのクラウドベース物流サービス... ヨーロッパのEコマースは日々発展している。ヨーロッパはEU圏内といっても他国になるため、距離とは関係なく物流や決済が複雑である。 商品の販売規定もそれぞれの国で異なるため、販売を開始する前に、ヨーロッパの法律を統括する機関European Commissionで内容を調査をしなければならな...
越境ECで海外発送する際のポイント 海外に商品を発送するには日本郵便のEMSや、ヤマト国際宅急便、FedEx、DHL、UPSなどを利用するのが一般的である。その他にも、海外に商品発送する代行サービスを利用すれば、配送に関する不安を軽減されるだろう。 今回はこの海外に商品を発送する際のポイントについて見ていこう。  ...
越境ECサイト・国内ECサイトのCMSを比べてみた... 経済産業省が発表した2017年の日本の国内BtoC市場は、16兆5,054億円と前年より9.1%上昇し、さらにEC化率も5.79%(物販分野)と伸長している。 しかし、EC化率(ECの売上が小売全体の売上に占める割合)は世界に比べるとまだまだ低いという現況がある。 ちなみに、EC化率の高...
今年も始まる「春節」、越境ECへの影響は?... ここ最近、インバウント(訪日外国人旅行)といった話題を聞かない日はない。 ここ数年、訪日外国人の数は右肩上がりで増加しており、特に中国人観光客の訪日が大きい。爆買いブームは終わり、買い物から観光する・日本を体験することに目的がシフトしてきたと言われるが、中国では今月、1月27日(金)から2...
日本のインバウンド市場 世界の中ではどのくらい?... 10月1日から10月8日まで、中国では建国記念日にあたる国慶節と中秋節を祝う超大型8連休となっており、中国メディアによると、最初の2日間で旅行に出かけた中国人は2億人を超えたと報じている。さらに一人当たりの商品購入額も1人平均5000元(約8万5000円)を突破したとも報じている。 中国は...
グローバルにみた各国の貿易・物流ネットワーク... DHLが先日発表した「GCI」 "グローバルコネクションズインデックス”では、製品サービス、資本、情報、人に関して各国が世界とどれだけ広くネットワークがあるかを分析している。 さらにそのネットワークの深さについても比較している。GCIによると、グローバリゼーションは前年...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ