訪日外国人向け ネットを活用したインバウンド型マーケティング

訪日外国人向けにビジネスを仕掛ける場合、色々なアイディアが出てきそうだが、実際には店舗へ来てもらわないことには何も始めることはできない。
店舗に来てもらうためには免税店になる必要があるわけだが、店舗の立地に制限があるものの、それ以外は大して難しい要件はない。

いわゆるインバウンド型ビジネスでは、いかにして店舗に来てもらうための仕掛けを旅行代理店や旅行メディアサイトと連携して宣伝をしていくことに尽きる。

店舗に来てもらうことにすでに成功しているドンキホーテなどは、インバウンド型の次の戦略として事前予約サイトを立ち上げている。
今回は、訪日外国人者数が増えた現状に対してネットを活用してどのようにインバウンド型ビジネスに発展していくべきなのかを考察してみたい。

インバウンドをECサイトで受け止めるドン・キホーテ

ドンキホーテが立ち上げたwelcome doki を見てみると訪日外国人に対するヒントが見えてくる。
ドンキホーテは今や観光ツアーの中に組み込まれているほど訪日外国人、特にアジア圏からの観光客は多い。そこで店舗で当日に在庫切れにならないように訪問予定客に事前ネット予約サイトを提案している。ここで現地で買いたいものなどを事前予約しておくことができる。

この予約サイトがある為に、当日になって在庫がないという状況を回避することが目的だ。
多言語サイト対応となっており、サイトの使い勝手としては通常のECサイトと同じである。

 

 

店舗紹介が基本、一部商品は楽天グローバルで販売 LAOX

LAOXのサイトを拝見すると、訪日外国人を対象に全国店舗のアクセス情報を中心に掲載がされている。
多言語サイト対応となっており、アジア圏を意識した印象が伺える。
サイトを徘徊したところ、一部の商品掲載もされており、楽天グローバルにリンクが掲載されていてオンラインでそのまま注文ができるような仕様になっている。

 

多慶屋 土日は外国人だらけ

このサイトでは実店舗の紹介にどまっており、ネットの活用という意味ではECなどは行われていない。しかし、訪日観光外国人を上手に店舗へ誘導している。
私も多慶屋はよく行くユーザーでもあるが、土日にブランド館に行ったことが過去にあるのだが、ほとんどが訪日外国人、特に中国人の数がすごい。
高級時計やジュエリーなどまさに日本に来て多慶屋で買い物をしまくっている。会計も3桁に行くケースもある。時計で40万、家電で10万、食料品で5万、消耗品と化粧品で20万、、、こんな感じで爆買いが日常茶飯事である。

ネットでは現在店舗へのアクセス情報が中心となっている。実店舗には充実した多言語版のカタログなどがあり、観光客に対して丁寧に対応している。

 

インバウンドECを上手に活用している Blooms

BloomsはLive Commerceを利用してインバウンドECを上手に活用している例である。
まずはweiboやfacebookなどのソーシャルメディアを活用して訪日外国人向けに実店舗への誘引を行い、実店舗へ来ることへの特典をつけている。例えば着物の試着ができるなどの日本ならでわの特典がある。外国人にしてみればどれも初体験になるわけで、こうした特典をうまく活用して実店舗へ呼び込んでいる。
実店舗へきてもらうことで、観光客は帰国後もECサイトを通じて越境ECを基本に顧客をつなぎとめておく戦略だ。

もちろん、多言語サイトがあると、実店舗に来る前にどんな商品があるのかを事前把握することができるため、観光客にとっては事前にチェックしておくことができる。

 

参考情報

政府公式情報から取得した訪日外国人が日本で何をしたのか、、という調査結果です。
出所 :http://www.mlit.go.jp/common/001088584.pdf

下図:何を買ったのか

下図:どこで買ったのか

 

下図:訪日外国人の決済方法

 

 

まとめ

まずは実店舗への誘引をするためにも、免税店へのロゴマーク取得がはじめの一歩だろう。
実店舗へ来ることのメリット、訪問前に事前にネットでチェックができる多言語ECサイトの提供が多くの事業者でのスタンダートとなっている。

訪日外国人を対象にしたビジネス、ネットの活用方法

  • 実店舗に来てもらうための宣伝はfacebookやweiboを活用する。その際に訪問するメリットを必ず打ち出すこと。
  • 実店舗に来てもらった時は、免税にすること。(大前提)
  • 観光前に事前チェックができる多言語ECサイトをを用意しておくこと。(決済・配送機能がない事前予約サイトが好ましい) 
    こちらはLive CommerceでインバウンドECは対応可能です。
  • 帰国後に再度購入してもらえるようにECサイトのURLを観光客に告知する。

関連する記事

インバウンド事業の稼ぎ方 インバウンド(訪日外国人)をビジネスとして考えた場合、 店舗(ホテル・レストラン)に来てもらい、サービスや商品を購入してもらう。 観光地に来てもらい、ローカルサービスや商品を購入してもらう。 滞在中にネット通販サイト知ってもらい、帰国後は越境ECで商品を購入してもらう。 だ...
令和元年に行うべきインバウンド対策(2019年観光白書から)... 6月21日、令和元年の観光白書が政府より閣議決定された。この観光白書は毎年この時期に閣議決定され一般公開されている。 今年の観光白書では、インバウンドが大都市のみならず、地方にも波及しており、日本の観光立国として広がりを示しているとまとめられている。 特に、モノ消費から「コト消費」へ変化...
販路拡大を支援する最新補助金・助成金(2021年5月)... 5月に入った。今年のGWは昨年同様、コロナ禍で外出自粛を求められたが、観光地では昨年より、多くの賑わいを見せたようだ。 日本政府の緊急自体宣言を発令したり解除したりする、現状コロナ対策では、到底コロナ収束は早まることは無く、このまま行くとオリ・パラも危うい状況が見える。 5月の補助金...
日本で買った商品の6割以上が帰国後、再購入されている... 今週10月1日から8日まで、中国の国慶節(日本の建国記念日)、祝日による大型連休があり、日本へ多くの中国人観光客が訪れ、その動向はメディアなどでも紹介されている。 中国人観光客は2015年のような爆買いは見られないものの、多くの中国人が日本各地を観光し、お土産を買い、祝日を満喫しているよう...
今後のインバウンドの需要拡大には何が必要?... JNTO(日本政府観光局)は昨年12月、訪日外国人累計者数が3,001万人を越えたと発表した。この数字は、2016年の2,000万人から僅か2年で3,000万人と推移したこととなり、東京オリンピック開催年の2020年の4,000万人の目標はクリアできそうな勢いで伸びている。 だが、ここから...
数年先のインバウンドが分かる「ジャパンブランド調査・2019」... 先週、5月28日に東京オリンピック2020の観戦チケット購入の抽選申込み受付が終了した。 世界から注目されている2020年東京オリンピック・パラリンピックは、日本が世界にその魅力をアピールする絶好の機会である。 そして、2020年まではインバウンドは着実に増加するだろう。そのことを裏付け...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ